記事検索
 

中国銀行の口座開設とネットバンキング、銀聨〔ぎんれん〕カードの利用 その1

中国に住所がなく、
中国語がまったく話せないわたしですが、
 ・中国銀行(Bank of China)の口座開設
 ・銀聨〔ぎんれん〕カードを作る
ことに挑戦しました。

結果は驚くほど簡単でした。わーい(嬉しい顔)
〔追加情報〕
1.(1)田子坊さんが、出張者のためか
ある支店窓口で口座開設を断わられました。
2014年3月29付 『中国工商銀行は1軒目で開設できましたが、
中国銀行は预园横の支店も含め3軒とも上海市の居住証明が
必要との事でした。』

(2)2016年5月C-Studyさんは、北京の中国光大銀行に
口座開設をしています。
 参考サイト 短期旅行者は中国で銀行口座を開設できる?
2.中国銀行(Bank of China)東京支店でも
銀聨デビットカードを提供しています。
3.銀聨カードの日本での利用については
 → このサイトが詳しいと思います。

〔セービング(普通預金)口座通帳〕
bankbook.jpg

〔銀聨(ぎんれん)カード〕
ginren.jpg

〔中国銀行のトークン〕
token.jpg
〔注意!〕 トークンの有効期限は3年です。
その後の利用については、このページの最期に
説明しています。

テキストはのむてつさんの
通訳なしで人民元口座を開設する方法@上海 です。
 ※銀聨カードは、中国で銀聨マークのある店なら
  キャシュレスの買い物ができたり、
  ATMでキャッシングできる機能が付いたデビットカードです。
   関連情報
   中国での日本のクレジットカード、デビットカードの利用 
 
中国の銀行にネットバンキングできる口座を開設する理由は
 ・ネットバンキングを利用して
   中国での支払いをする。
 ・円高のときを狙って
   両替した元をプールしておく。
 ・中国元の定期預金をする。(
つまり中国元投資)
ためです。

中国銀行を選んだのは
 ・中国最大の支店網やATMの設置台数
 ・支店の行員が英語対応でき、
   電話問合せには日本語でも対応(終了)する
    ※スカイプアウトのかけ方 +86 21 95566
  ・英語対応のサイトがあり
    英語でネットバンキングができる
ためです。

また、銀聨〔ぎんれん〕カードを作る目的は
  ・VISAやMasterが利用できない
    中国のお店やATMでも利用できる
  ・中国のウェブサイトでの買い物に
    利用しやすいと考えられる
からです。
 ※中国銀行のネットバンキングの申込と
  銀聨〔ぎんれん〕カードの申込は
  セットになって同じ書類で申込ができました。わーい(嬉しい顔)

以下に、
 ・中国銀行での口座開設と
   ネットバンキングや銀聨カード申込の流れ
 ・中国銀行(Bank of China)に入金するときの注意
をまとめます。

【中国銀行の口座開設】
上海・豫園近くの中国銀行の支店に行くと
英語の話せる行員が何人もいました。決定
通訳なしで人民元口座を開設する方法@上海 に従って
口座開設申込書を探すと、申込書の様式が
さらに変わっていることがわかりました。

それで受付けてくれた銀行員に
印刷した『通訳なしで人民元口座を開設する方法@上海』
を見せると、
 ・口座開設申込書
 ・銀聨デビットカード兼ネットバンキング申込書
を渡してくれ、英語で記入する箇所を教えてくれました。
 ※当然ですが両方の書類とも中国語です。

必要事項を書き込んで
 ・パスポート(コピー)
 ・口座開設のための最低額100元
   (1元14円程度なので1,400円程度)
 ・銀聨デビットカード作成と
   トークンの費用15元(同200円程度)
を渡して
 ・何ヶ所かに署名
 ・6回程度パスワードの6桁の数字を入力
するだけでした。わーい(嬉しい顔)

少し待つと
 ・銀聨デビットカードとトークン
 ・普通預金通帳
 ・初回ログインのためのメモ
を渡してもらい、
初回ログインの方法を教えてくれました。
 ※泊ったホテルの住所とホテルの電話番号で登録し、
  かかった時間は20分余りでした。
 
【中国の銀行への入金】
 ・日本から海外送金する
 ・中国へ現金を持ち込む
のどちらかをしてそのお金を元に両替えし
次に
 ・中国銀行のセービング口座に預入れします。
詳しい方法は以下に説明します。
 ※小額の入金だけならクレジットカードや
  VISAデビットなどを利用すると
  ATMで元をキャッシングして口座に入金できます。
   関連情報 クレジットカードの海外キャッシング
        VISAデビットカード

〔海外送金〕
1.日本から米ドルもしくは円建て送金で送金し、
次に中国にいったときに近くの中国銀行に出向いて
元に両替
して入金する。
2.日本の中国銀行の支店で円を元に両替し、
中国にある口座に送金する。

 → 中国銀行東京支店のホームページと日本の店舗案内
〔注意〕
1.日本で元に両替して送金できるのは、
基本的に中国在住の中国人に限られます。
(ID番号で確認するとのことです。)
しかし、日本人でも中国銀行東京支店から
中国国内の中国銀行支店8万元まで
元建て送金できます。
2.東京支店の円現金からの両替レートは
中国本土とは異なり1日の中でも変化しますが、
中国本土のBuyingレートとほぼ同じです。
 参考情報 中国銀行東京支店 個人向けのお客様
 → 「両替・為替」の最後に「仕向け送金
があります。

〔現金持込〕
 3.円現金など外貨を持ち込んで中国銀行で両替する。

のいずれかです。

以下に
 ・それぞれの方法のメリットデメリット
 ・中国に海外送金するときの注意
をまとめます。
中国に海外送金する前に
一読することをすすめします。ひらめき

〔海外送金〕
中国銀行の日本にある支店からの海外送金
 メリット: 元に両替後海外送金するので
        そのまま中国の自分の元預金に入る。
(送金できる人に制限があります。)
 デメリット:中国銀行の日本支店まで
        出かける必要がある

米ドルでの海外送金
メリット:
 ネットで
  ・FXを利用して米ドルへの両替
  ・シティバンクから海外送金ができる。
  ・円高のときに米ドルに両替するとお得
    (元・米ドルレートは比較的安定しているので
      両替レートはそれほど気を使いません。)
デメリット:
 両替には本人が中国銀行に出向く必要がある。
  ※一部の外資系金融機関では自動的に元に両替されるようです。
    関連情報
    ◎YJFX!トの現受
    マネーパートナーズのコンバージョン
    外貨受渡の利用 シティバンクの利用
    法人での利用

円建て送金
メリット : 円のまま送金できる。
デメリット: たいていの銀行では円建て送金は
        窓口のみでしか対応しない。
       円・元レートは米ドルレートの影響を受けて
        変動が大きいため、両替する日によって
        元の価値が大きく変動する。
       米ドルより円の両替手数料が高い
        関連情報 円建て海外送金
        中国の米ドル外貨両替手数料は日本円の半分! 
     
〔現金持込〕
メリット : 簡単
デメリット: 外貨両替手数料が高い。
        現金を持ち歩く危険がある。


〔中国に海外送金するときの注意と参考〕
1.外貨を元に両替するため、中国にある銀行まで
本人が出向く
必要があります。
中国に行けない場合、日本にある中国銀行(Bank of China)
の支店に出向き、元に両替してから海外送金
できます。

2.日本から中国への海外送金は、基本的に自由にできます。
しかし、中国に持ち込んだお金を中国から持ち出すことは
さまざまな制限があります。

 関連情報 海外送金に制限がある国(例:中国)
中国銀行に預金したお金(両替した元、外貨を問わず)は、
 ・中国で使う
 ・小額なら日本で銀廉カードが使えるATMでキャッシング
 ・日本の銀廉カードが使える店で買い物をする
しかありません。もうやだ〜(悲しい顔)
 関連情報 海外送金に制限がある国(例:中国)

日本でも戦後長い期間、1人当り千ドルしか
海外に持ち出しできませんでした。
中国がさらに経済発展したら
このような制約がなくなるかもしれません。

3.中国籍の人の口座に限りますが、
SBIレミットとマネーグラムを利用すると
 関連情報
 SBIレミットなら、中国への送金がわずか10分で届きます。

以上、気づいた点はこんなところです。わーい(嬉しい顔)

【トークンの再受取について】
 ・トークンの更新は3年
 ・更新は現地の中国銀行窓口でのみ可能
   (口座を開いた都市・地域内の支店ならどこでも可能)
 ・郵送は危険があるので行わない
 ・窓口に出向くときは、パスポートが必要
 ・3年の期限前にSMSで携帯電話に連絡する
   (Eメールのサービスは無し)
 ・新たなEトークンを受け取らなくても、
   口座凍結はありませんが
   ネットバンキングにログインできなくなります。
のむてつさんに教えていただきました
。ありがとうございます。<(_ _)>


中国銀行ネットバンキングの初回ログイン

中国銀行(Bank of China)の
ネットバンキングを利用するための
初回ログインの仕方をまとめます。

〔必要な物〕
中国銀行のネットバンキング申込後に受取ったメモ
bocmemo.jpg

中国銀行のトークン
token.jpg

以上です。
では、さっそく初回ログインに挑戦しましょう。わーい(嬉しい顔)
〔追加情報〕
1.ログイン画面が少し変更され、
従来からのE-Tokenを利用する方法に加え、
画像文字を入力してログインできるようになり、
残高確認などに便利です。
 (下の画像:クリックすると拡大)

 boc1.jpg

2.インタネットエクスプローラーでないと
利用できません。

【初回ログインの手順】
1.中国銀行(Bank of China) にアクセスし、
右上の『ENGLISH』をクリックします。
boc0.jpg

2.『BOCNET Login』をクリックします。       

boc1.jpg

3.『Security Control』をダウンロードして
インストールします。

boc2.jpg

4.・ネット口座開設のときに受取ったメモの8桁の数字、
  ・口座開設時の、桁の暗証番号、
  ・トークンの6桁の数字
それぞれを入力し、login をクリックします。

boc3.jpg

〔注意〕
セキュリティソフトをダウンロード・インストールせずに
初回ログインをしようとすると以下の警告画面になります。

boc4.jpg

5.・希望するIDを入力し、使用可能かチェック
  ・ネット申込で受取ったメモの8桁の数字を入力
  ・希望するパスワードを2回入力
    (英文字と数字の両方が必要)
します。

boc5.jpg

Confirm をクリックすると以下の画面になり
初回ログインが完了します。ひらめき

boc6.jpg

次回から新たなID、パスワードでログインすると
以下の画面になり、送金の確認、
銀聨カードの利用履歴確認などができます。

boc2.jpg

〔参考情報〕
「Foreign curenncy trans」のアイコンをクリックしても、
残念ながら元への両替はできません
ネット上で元へ両替ができるようになると良いのですが、
中国銀行はまだそこまでのサービスをしていません。失恋


世界で存在感を増す銀聯カード

銀聨(ぎんれん)カード
日本でも利用できる場所があることは知っていましたが、
世界でも存在感を増してきています。exclamation
 ※東アジア・東南アジアで存在感を増している CUP
  (China UnionPay)
から情報を得ました。

〔銀聨(ぎんれん)カードのロゴマーク〕

銀聨.jpg

そういえば最近G8が G20 になりましたが、
発展途上国、特に中国の影響力が強まった(!)からでしょう。
元もこれから国際社会に登場してくると思われます。
 関連情報 中国元に関する最近二つの話題

日本や東南アジアの都市部の店舗で、銀聨のロゴ
見る機会が増えてきました。
ATM端末にも銀聨のマークを見かけるよになりましたが、
これからもさらに増えていくでしょう。

最近は円高と言うよりドル安が進んでいるので
おこづかい程度のお金なら中国銀行などに「元」預金をして
 ・銀聨(ぎんれん)カードを使って買い物をする。
   (実店舗、ネット店舗)
 ・海外旅行(中国以外)で銀聨(ぎんれん)カードを利用する
 ・円を含む現地通貨を銀聨(ぎんれん)カードを使ってATMからキャッシングする
そんなことができる時代が近づいているように感じます。
 ※“ドル箱”(古い?)という言葉がありますが、
  中国の台頭につれてどんな言葉が生まれるのでしょうか。ムード


銀聨カードを作ると良い人は

1.日本や海外在住で中国に気軽に行ける
   (銀行窓口まで外貨を円に両替する必要があるため)
     ※一部の銀行はサイト上で元に両替できますが
      中国語対応のPCが必要です。
      また今のところ英語サイトはないようです。
2米ドルの値下がりを気にする
3元預金を始めたい人は、中国銀行に口座を作って
銀聨(ぎんれん)カード使い始めるのもおもしろいかもしれません。わーい(嬉しい顔)
〔注意!〕
1.基本的に中国から他の国へ海外送金できません
まとまった金額の送金には注意してください。
2.日本の三井住友カードなど銀聨との提携カードはありますが、
元ではなく円での引き落としになります。
3.中国銀行の银联カードはICカード化されていないので
スキミングには注意が必要です。
 (下の画像参照 ICチップがありません。)

ginren.jpg


日本での銀聯カードの利用

中国で働く日本人が
日本の家族に中国から海外送金するかわりに
銀聯カードを利用して
ATMからキャッシングするのは
お得なのでしょうか。exclamation&question

 ・中国の外貨管理政策から来る面倒な手続き
 ・高額の海外送金手数料

を考えると、
銀聯カードを利用するほうが簡単でお得なようです。わーい(嬉しい顔)
 ※銀聯カードの正確な外貨両替レート決定方法が
  わからないため、正確に比較できません。


nackmomo50さんの質問に対して、
まるごと上海を運営しておられるのむてつさんが
調べてくださいました。わーい(嬉しい顔)

海外送金何でも相談コーナー
トピック158 中国からの送金に関して
に詳しく説明されています。揺れるハート

のむてつさんいつもお世話になり、
ありがとうございます。

感謝です。(^_^)

中国銀行(Bank of China)東京支店利用のメリット

中国銀行(Bank of China)東京支店 が、
2010年末からサービスを拡大しています。😃  

中国銀行東京支店を利用する
メリットとデメリットをまとめます。
 ※日本人個人が日本国内で利用するときのポイントを
  まとめますが、大半は法人にもあてはまります。
  詳しい情報は中国銀行の日本国内各支店で
  確認してください。
〔参考情報〕
1.中国銀行東京支店は、中国本土の中国銀行
(Bank of China)の関連会社ですが、
中国本土の銀行とは別法人との取引になります。
2.大阪、名古屋、横浜にも支店があります。
 → 日本国内の店舗案内

【中国銀行(Bank of China)日本国内支店のメリット】

1⃣.ネット上で送金先を登録して中国へ送金できる。
 (円、米ドルのみ対応)
銀行窓口まで出かけずに新規送金先を登録して
海外送金できるのはたいへん便利です。
 ※米ドルで送金する場合、TTSは中値に+1円で両替します。

〔送金手数料〕
円建て 6,000円、米ドル建て 4,500円
 → 中国銀行(Bank of Cina)サイト 仕向け送金

〔円⇔元両替手数料〕 
 預金・海外送金の場合  0.15円程度上乗せ(約1,2%)
 現金の場合        2,1円程度上乗せ(約17%)
  ※2011年1月31日のレートから計算

〔参考情報〕
個人の場合、元への両替額は年間(1/1〜12/31)
5万米ドル相当額に制限されます。
2.外国人の場合、パスポート番号で
両替所や銀行などの年間両替総額をチェック
されるので注意が必要です。
 関連情報 中国への海外送金

2⃣.窓口で中国へ8万元までの元建て送金ができる。
 (ネット不可)
ただし、送金できる口座は日本国内支店と同一名義の
中国銀行
(Bank of Cina)口座に限られます。
しかし中国銀行(Bank of Cina)にある自分名義の口座に
元で届けば、あとはネット取引で中国国内の送金が可能です。
 関連情報 中国銀行と銀聯カード

3⃣.中国の支店とは別の銀聯カードを持つことができる。
利用額は、中国銀行(Bank of Cina)日本国内支店の
元預金口座から引き落とすことができます。

4⃣.元預金ができる。(元への両替は窓口のみ)
両替額は、中国で元預金するときの年間両替額の制限
(5万米ドル相当額まで)には関係しません。
当然他の通貨への両替もできます。
中国本土よりは低金利になります。
(普通預金0.3%〜1年定期0.45%)
 ※中国銀行東京支店なら、預金維持額の設定は
  ありません。

【中国銀行日本国内支店を利用するときのデメリット】
中国銀行東京支店でできる取引を
中国銀行の中国本土支店と比較すると

1.定期預金金利が低い
しかし中国本土で高い利息がついても
その元利を日本へ送金できなければ意味がありません。
あとは中国国内の支払いや銀聯カード利用をするだけになります。
〔参考情報〕 所得証明などがないと
1日に海外送金できる限度額は500米ドルです。

2.円→元外貨両替レートが割高
中国での円→元両替手数料は0.4%ですが
日本で両替すると1.5%程度かかります。
しかし、中国本土での両替制限額とは別枠で
8万元を元のまま送金でき、受取人が
窓口まで出かけて元に両替する手間はありません。

ということで中国銀行(Bank of Cina)の日本国内支店は
 ・ネット上で中国への送金や支払いをしたい
   (円米ドルのみ)
 ・元投資(預金)をしたい
 ・日本にいながら
   中国銀行の自分の口座へ元を送金したい

人には便利なサービスです。😃


タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM