記事検索
 

法人での海外送金の節約

多くの法人は、海外送金するときに
銀行に支払う高い手数料に悩んでいます。
 掲示板への質問例
 FXを利用した場合の海外への送金について
 中国への送金

このカテゴリーでは個人と同様に
企業経営者や経理担当者が、
 ・毎回の海外送金する手間や
  手数料を大幅に節約する方法

だけでなく
 ・機動的な外貨管理方法
 ・海外から送金する顧客のため、
   送金の手間や手数料を減らす工夫
についてまとめます。😃

おすすめする金融機関については
 ・楽天銀行(法人)
 ・住信SBIネット銀行
 ・新生銀行 Goレミット
 ・transferwise
をご覧ください。
また、法人でのFXの利用
その他情報があります。

中国 との取引を拡大する企業(+SOHO)が増えています。
〔中国関連の参考情報〕
1アリババ 中国とのBtoB(企業対企業の取引)の仲介
2タオバオ(淘宝)(中国語) 米国の ebay と
    世界一、二を争う世界最大級の中国のネットオークション
  ※詳しくは解説サイト
   タオバオ(淘宝)大解剖!!(日本語) をご覧ください。
3⃣.法人の中国向海外送金については、
法人企業向け海外送金サービス比較(汗)
が参考になります。

まず、現在の銀行を利用した海外送金には
2つのおおきな問題があります。💥

1⃣.『銀行窓口まで出かけて手続きする時間、
     毎回の高い海外送金手数料』

〔解決方法〕
1.楽天銀行なら
  ・ネットを利用した海外送金
  ・割安な手数料体系

を利用して、海外送金手続きにかかる時間と
費用の無駄を省けます。💓
詳しい情報は
 → 楽天銀行の海外送金法人向け海外送金
をご覧ください。

2.実際の送金手続きは2営業日後になりますが、
住信SBIネット銀行でも
サイトから情報を入力して海外送金できます。
詳しい情報は
 → 住信SBIネット銀行の海外送金(法人)
をご覧ください。


2⃣.『円⇔外貨の両替にかかるバカにならない費用』
銀行にとって
外貨両替はおいしいビジネスです。
あなたの会社は海外取引高の
1%程度(米ドル)から3%以上(ポンド)を
銀行にプレゼントしています。💦
 参考情報 外国為替(外貨両替)手数料の比較

〔解決方法1〕
住信SBIネット銀行
米ドルはわずか0.09円など
大変お得な外貨両替手数料が魅力です。
ただし、実際の送金は
手続してから2営業日後になります。
詳しい情報は
 → 住信SBIネット銀行の海外送金(法人) を
ご覧ください。

〔解決方法2〕
日本のFXを利用すると
円をお得に外貨へ両替できます。
しかし法人の場合、
お得に両替した外貨を海外送金するときに
 ・銀行で受取る手数料
 ・外貨のまま送金する手数料

がかかってきます。
また、法人が一般的な銀行で海外送金を
ネットバンキングを利用するには
 ・有料サービス
となります。
  ※楽天銀行は無料でネット海外送金ができます。

ということで、以下のサービスは
少なくとも100万円程度以上
海外送金をするときにすすめます。
詳しい情報は
 → FXの利用 をご覧ください。

【外貨現受(デリバリー)】
YJFX! 口座開設(法人)
少し手間がかかりますが、
柔軟な外貨管理ができます。
〔注意点!〕
小額の証拠金で外貨を手当てできますが、
相場変動で強制決済されることがありますので、
取引には注意が必要です。
〔参考情報〕
小額の証拠金しか積まない法人がFXを利用すると、
強制ロスカットされることが
問題と考えるかもしれません。
 ※「強制ロスカット」を避けるには
  高額の証拠金を積む必要があります。
しかし、ロスカット直後に再度、同じポジションを建てれば、
円高によって円換算コストが低減する
ため、
強制ロスカットによる損失額をカバーでき、
実質的な損失にはなりません。
かえって「逆指値」やその他の取引方法を利用して
積極的な外貨管理ができます。


【両替〔コンバージョン〕】
セントラル短資FX
1.通貨両替(コンバージョン)の両替コストは
0.1円💓です。
2.みずほ銀行と三井住友銀行への出金は無料、
  三菱東京UFJ銀行本店への出金は無料、
  同行他支店1,000円、
  その他金融機関一律1,500円
〔参考情報〕
マネーパートナーズの両替手数料は
 (基準レートへの上乗せ)は0.2円(20銭)です。
ただし、2万通貨未満の外貨出金には
2,500円の手数料がかかります。


その他法人の海外送金に役立ちそうな情報
 → その他情報


以上、法人がお得で便利に海外送金する方法の
基本についてまとめてみました。
くわしくはそれぞれのリンク先をご覧ください。




法人が海外送金に利用する銀行の情報 その1

個人と同様に
FXで外貨両替した外貨を入金する銀行について
海外送金業務大手の
 ・シティバンク
 ・三菱東京UFJ銀行
 ・三井住友銀行
の法人の海外送金業務について
調べてみました。

気づいたことは
 1.法人でもネットバンキングが可能
   (たいていは有料
 2.シティバンクのサイトに
法人関係の情報が少ない。
ということです。

シティバンクは
法人のリフティングチャージも他行より安い
(シティ2,500円、その他銀行は送金額の0.05%〔最低2,500円〕)
というメリットがありますが、
情報の少なさを意外に感じます。どんっ(衝撃)


【シティバンク 法人のお客様
法人部門のページには
簡単な部門の説明があるだけです。
(シティバンクは個人部門と法人部門が
  完全に分離しています。)
グローバル・トランザクション・サービス本部
 の最初に名前があがっている
「トレジャリー・アンド・トレード・ソリューションズ部」
を利用して海外送金するのでしょうか。
そして、ネットバンキングは
 「CitiDirect」 を利用するのかもしれません。
しかしサービス内容や料金の説明はありません。失恋
口座開設、ネットで海外送金する方法について
何らかの説明が欲しいと感じます。
〔2009/5/30追加情報〕
経営者の友人にシティバンクに
法人での口座開設を依頼したところ
「法人口座の新規開設申込は受けていない。」
と返事がありました。


【三菱東京UFJ銀行 国際業務・外為業務
  (「企業のお客様へ」、「中小企業のお客様へ」どちらも内容は同じ)
外為業務効率化・グローバルCMS
       ↓
法人向けインターネットバンキング(外為サービス)
       ↓
BizSTATION(外為サービス)の基本的説明
       ↓
BizSTATION専用ホームページ

と、法人の海外送金に関する説明があり、
ネット上で海外送金をできることが説明されています。
ただし有料サービスですので、
  ( ご利用料金中ほどに
   外為サービスの料金表があります。)
  ・頻繁に海外送金しない
  ・近くに本支店がある
なら窓口まで出かけるのが簡単かもしれません。わーい(嬉しい顔)

【三井住友銀行 法人のお客様
外国業務
    ↓
貿易取引
    ↓
Global e-Tradeサービス (→ 利用料金
       ↓
Global e-Tradeサービス<デビュー>タイプ
  ※利用料金 月間2,100円(→ 利用料金
   気軽に利用できるのが良いと思います。

その他の都市銀行、地方銀行でも
海外送金業務ののある銀行なら
法人での取引はできると思います。わーい(嬉しい顔)
ネットバンキングの利用については
それぞれの銀行におたずねください。
(みずほ銀行の法人向け海外送金システムは
 安価のようです。)




法人の海外送金 実際例

最近さまざまな法人担当者からも
お得で便利な海外送金について質問を受けることがあります。
それでサイトオーナーは法人としての海外送金を経験できませんが、
わかる範囲でアドバイスしています。

今回Kさんが、くださった質問とサイトオーナーの回答を
ブログ記事として載せること諒承してくださいました。
それほどまとまた金額でなく月数回程度の海外送金をする
法人経営者、資金管理担当者に役立つならうれしく思います。
  ※若干の編集をし、サイトオーナーのコメントを追加しました。

個人的メールの公開を諒承してくださったKさん
アメリカの一般的な受取銀行手数料について教えてくださった楽天銀行のMさんに
心から感謝します。
〔質問の概要〕
目     的 : 海外送金にかかる費用をできるだけ節約したい。
業     種 : アメリカに数人のバイヤーを持つ輸入商品販売業  
送金件数と金額 : 月3回〜5回程度  1件あたり30万円〜50万円程度、
          月間合計送金額は100万円〜150万円


〔Kさんより最初の質問〕

山田様

突然すいません。Kと申します。

現在小さな会社を設立し
輸入商品を販売する予定となっております。

アメリカに数人のバイヤーさんを雇っており

日本の法人口座からアメリカの個人口座に振り込むにあたっての

最良の手段を模索しております。

山田様のウェブサイトのお力で様々な情報を知ることができ、

試行錯誤問い合わせてみたのですが

どの手段が一番いいのかわからなくなり、ご連絡させていただきました。

重視する点としてはとにかく送金のコストを減らすことです。

お忙しいとは思いますがご相談に乗っていただけるとありがたいです。

突然失礼しました。


〔サイトオーナー 最初の回答〕

Kさんへ
手数料を節約して便利に海外送金する方法の山田です。

お得に海外送金する方法は、送金金額や回数
利用できる金融機関によってお得な方法が違ってきます。

おたずねしたいことは
1、1回、1件の送金金額、月間送金件数と合計金額はどのくらいですか。

2、受取人が利用できる金融機関はどこですか。
小額ならPayPalなどの電子マネーなども可能でしょうか。
 参考情報 PayPalの利用 
それともアメリカの銀行口座への送金が必要ですか。
もしくはマネーグラムなどを利用して、
現地受取場所で現金を受け取ることも可能ですか。
 参考情報 SBIレミット+マネーグラム

です。
 
また現地在住日本人がバイヤーで
買付金額が少ない場合、日本にある銀行口座へ円で送金し、
現地のATMからキャッシングすることも可能かもしれません。

そのほか月間送金回数が多く合計金額がまとまるなら
カレンシーオンラインを利用するという方法もあります。
 参考情報 カレンシーオンラインの利用  
 カレンシーオンラインで一時的に資金をプールして外貨管理する方法

一度、わたしのブログで法人向けのカテゴリーを一読されることをすすめます。
 参考情報
 法人での利用、 楽天銀行、 カレンシーオンライン、 ロイズ銀行、 FXの利用
 

〔Kさん 2回目の回答〕

山田様

ご返信ありがとうございます。

1のご質問に関しましては
月2、3回
1回の送金につき、30〜50万ほど
合計で月100〜150万の送金となります。

2に関しましては

買い付けを依頼しているバイヤーさんは全員シティーバンクをもっているので
そこの口座に振り込めたらと考えております。
電子マネーでの取引も必要ならお願いできるかと思います。

自分では目を通したつもりではいたのですが
見落としていた個所がかなりあるように感じます。
引き続きブログを拝見させていただいてます。

カレンシーオンライン、楽天銀行、payforexなど

電話で問い合わせてみたものの
別途で様々な手数料が発生するなどの返答をいただき

恥ずかしながら、結局どの方法がいいのか混乱してます。

K
〔サイトオーナーのコメント〕
1.海外送金にはさまざまな手数料がかかり、単純に送金手数料だけで
判断できないのが実情です。
2.シティバンクは国ごとに別法人となりますが、ほとんどの国のシティバンクは
一般銀行のように受取銀行手数料(アメリカなら10〜30ドル)を取りません。
 ※バイヤーは全員アメリカのシティバンクに口座があることがわかりました。

〔サイトオーナー 2回目の回答〕

Kさんへ
手数料を節約して便利に海外送金する方法の山田です。

結論は、一度楽天銀行、PayForexの2社を利用して実際に送金し、
どのくらいの中継銀行手数料、
受取銀行手数料がかかるかを調べて
ふさわしい利用方法を選ぶ、使い分けることだと思います。
(とういうかまずは楽天銀行を使いこなすことだと思います。)
 参考情報 楽天銀行、 PayForex

おたずねしたいことは、
バイヤーの口座があるシティバンクとは
アメリカのシティバンクでしょうか、
それとも日本のシティバンクでしょうか。
(日本とアメリカのシティバンクは別会社です。)

世界にあるシティバンクのメリットは
受取銀行手数料を取らないことです。

バイヤーがアメリカのシティバンクに口座を持っておられるなら
あとはかかるかもしれない中継銀行手数料を考えることになります。
※一般銀行に送金すると、10〜30ドル程度の受取銀行手数料が
  差し引かれることがあります。

アメリカのシティバンクに送金する場合まず余分な手数料はかからないと思いますが、
こればかりは実際に送金してみないとわかりません。
(楽天銀行からアメリカのシティバンクへの送金ならかからないと思いますが、
  同じ銀行間でも送金経路が違うことがあり手数料がかかったりかからなかったりします。)

一度それぞれの金融機関から送金して実際に差し引かれる金額を確認し
中継銀行手数料、受取銀行手数料の取扱いについて
バイヤーと取り決める必要があると思います。
〔参考まで〕
楽天銀行は、千円を払うとかかるかもしれない中継銀行手数料は
楽天銀行が負担してくれます。しかし受取銀行手数料は顧客負担になります。
 参考情報 → 楽天銀行
   ※「手数料に革命」に『海外中継銀行手数料は1,000円です。』と書かれています。
  
PayForexは、2,500円を払うと関係銀行手数料(中継銀行・受取銀行手数料)
の支払いはまず発生しません。
(受取る銀行によってはどうしても何らかの手数料がかかることがあります。)
 参考URL PayForexのサイト よくある質問トップ5 ※1.手数料 の中 2.を参照

もしバイヤーが持っているのが日本のシティバンクとすると、
バイヤーはアメリカで日本のシティバンクカードを使ってキャッシングするのでしょうか。
両替コストは5%程度、1回(の最高引出し限度額で引き出しても)210円の利用手数料、
さらにアメリカのシティバンク以外のATMでは1回2〜5ドル程度の利用手数料がかかります。
すると50万円では下手をすると1日では引き出しできず、相当のコストがかかります。
ですから送金金額から考えると実際的ではありません。
 参考情報 国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない!

ただし、バイヤーが持つ日本のシティバンク米ドル普通預金口座への米ドル送金し、
バイヤーがアメリカで外貨キャシュカード使うことができます。 ※利用手数料2ドル
(しかし国内外貨送金は海外送金と同様の手数料がかかります。)
 参考情報 シティバンク外貨キャシュカード

次に、実際の送金方法について考えました。

>1のご質問に関しましては
>  月2、3回
> 1回の送金につき、30〜50万ほど
> 合計で月100〜150万の送金となります。

ということですから、結論は1ドル80円とすると
40万円程度以下は楽天銀行、
それ以上の送金金額ならPayForexからするのがよいでしょう。

というのは、Payforexは、5千ドル以上は送金手数料が無料ですが、
それ未満は19ドルの手数料がかかります。
これならば楽天銀行から千円の海外送金手数料で送金するほうがお得です。
 参考情報 PayForexのサイトより 送金手数料 
 ※米ドル5,000ドルまでの送金手数料は一律19ドルです。

現在の取引状況ならカレンシーオンラインまで手を広げず
まずは楽天銀行とPayForexの利用に慣れることをすすめます。
というのはカレンシーオンラインは外貨の両替コストは節約できます。
(楽天銀行やPayForexの約半分ですから、30万円なら千円あまり、
 50万円なら2,500円程度の両替コストの節約になります。)
しかし一度円建て送金する費用も別途かかり、ある程度の余裕資金が必要です。
もう少し送金件数が増えてから資金管理と合わせて利用すると良いかもしれません。
 参考情報 カレンシーオンラインFXとの比較

>2に関しましては

> 買い付けを依頼しているバイヤーさんは全員シティーバンクをもっているので
> そこの口座に振り込めたらと考えております。

これについては、先ほど説明しています。
送金する金額からすると日本のシティバンクは実際的ではありません。


> 電子マネーでの取引も必要ならお願いできるかと思います。

30万円〜50万円という金額からすると、両替コストが高くつくので
実際的ではありません。
やはり銀行送金するのがよいでしょう。
(バイヤーが受取場所まで出かけられるならSBIレミットという方法もあります。)
 参考情報 PayPalの利用
 その他 マネーブッカーズ(moneybookers)はお得か?、 
       ネッテラー(Neteller)は使えるか?
       SBIレミットセブン銀行は送金先登録に日数がかかり実際的ではありません。
 
それぞれの利用方法は、ブログの右コラムに見出しがあり、
ふさわしい金融機関を選ぶと説明があります。


> 自分では目を通したつもりではいたのですが
> 見落としていた個所がかなりあるように感じます。
> 引き続きブログを拝見させていただいてます。

> カレンシーオンライン、楽天銀行、payforexなど

> 電話で問い合わせてみたものの
別途で様々な手数料が発生するなどの返答をいただき

> 恥ずかしながら、結局どの方法がいいのか混乱してます。

> K


〔Kさん 3回目の回答〕

山田様
かなり詳しく説明していただき本当にありがとうございました!
使用するのはアメリカのシティバンクなので
まずは楽天とpayforexをしっかり調べたうえで利用していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

K


〔サイトオーナー 3回目の回答〕

残念ながらサイトオーナーは個人での取引は実際にしていますが、
法人での海外送金の経験がありません。
ですからある意味わたしもKさんと同じ状況です。あせあせ(飛び散る汗)

ということで、まずは楽天銀行とPayForexを利用してみることをすすめます。
 参考URL 楽天銀行、 PayForex
以上、わかりにくい説明ですが参考になればうれしく思います。

山田


≪その後のやり取り≫

〔Kさんより〕
山田様
かなり詳しく説明していただき本当にありがとうございました!
使用するのはアメリカのシティバンクなので
まずは楽天とpayforexをしっかり調べたうえで利用していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

K

〔サイトオーナーより〕

Kさんへ
手数料を節約して便利に海外送金する方法の山田です。

お願いがあります。
Kさんとのメールでのやり取りをまとめて私のブログにアップしてもよろしいでしょうか。
最近、法人での利用について尋ねられることが多くなりました。
当然、○○さんの名前はkさんなどとします。

ブログ読者の参考になりますので、了解いただけるならうれしく思います。
よろしくお願いします。

山田

〔Kさんより〕

山田様

先日はお世話になりました。
もちろんです。
これからブログ読ませていただきます。

K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は少し長い追伸です。

サイトオーナーは海外送金サービスを展開する金融機関に
面談を申し込むことがあります。
すると楽天銀行のようにお会いできるだけでなく
(中には経営トップとお会いできた会社もあります。)
その後も多くの会社がわたしが必要とする情報を提供してくださいます。
担当者には本当に感謝し、これからも良い関係を続けていきたいと思います。

しかし、面談を申し込んでも
・断りの返事に担当者名がないどんっ(衝撃)
  例:FXなどを利用してお得に両替した外貨を受取って海外送金するのに便利な2行
どう対応してよいかわからないので会えないと返事あり。あせあせ(飛び散る汗)
  例:ケイタイを利用した海外送金サービスを展開している会社
といった会社もあります。
確かにネット上にあるサイトは玉石混交で内容のないサイトも驚くほどありますが、
このブログはそんなに怪しいものではないと思います。

企業文化もそれぞれ異なりますが
そんな金融機関は最近のインターネット社会で起こっている変化に
気づいていない、もしくは付いて行けないかもしれません。
(アメリカのコカコーラ社 ニュー・コカコーラの失敗は有名な話です。)
以下の書籍を一読することをすすめます。
    『カオス・シナリオ』ダイレクト出版
        ※前書きより「目次、章立て」をご覧ください。
            日本語への翻訳はあまり上手ではないことをお断りします。


どういう対応をするかは各社の判断ですが、
これからも読者の側に立った情報をアップするつもりですし、
協力してくださる便利でお得な金融機関はどんどん応援したいと思います。わーい(嬉しい顔)

                   サイトオーナー 山田 譲
タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM