記事検索
 

ビットコイン(bitcoin)を利用した海外送金

ビットコイン(bitcoin)が
 ・日本語サイトで購入でき
 ・日本語対応のウォレット
で利用できるようになっています。

海外でビットコインを受取った人が
現地通貨に換金できるなら
 ※現地の銀行口座への入金、
   ATMでの現金受取など

簡単にわずかの手数料で
海外送金が完了します。💓
 → ビットコインでの送金手数料を比較してみたら驚愕の事実がわかった!!

ビットコイン.jpg

海外のビットコインの利用状況を調べると
ビットコインを利用した海外送金は

海外の受取人が
ビットコインで受取ることを望んでいる。
   (ビットコインに投資している、
    支払い手段にしている、など
     関連情報 ビットコイン(bitcoin)での支払いとATMの利用

・ 現地でのビットコイン取引に慣れている
   (言語が理解でき、取引が理解できるなど) 
に向いていますが、

ビットコインで受取っても
現地通貨に両替したい人にとっては

 ・利用額は20-30万円程度まで

 ・現地に信頼できるビットコイン取引業者がある場合


に限ることをすすめます。

 ※ビットコインの取引を認める国は
  →Bitcoin's Legality Around The World
  で確認できます。(現在調整中)

ビットコインの海外送金コストは
よほど取引が繁忙でない限り安いですので
3つのポイントについて以下に説明します。

そのほか、この記事の中ほどでは
ビットコイン以外のお得な海外送金について
説明します。


1.ビットコインの売買価格の開き
国や販売所によって様々ですが、
1-4%程度の開きがあります。
金額がまとまると、100万円なら
1-4万円の売買損失になります。
 ※取引所で売れる価格は未知数

直接、取引店舗へ
ビットコインで支払えないなら
海外送金手数料を節約しても
かえって割高な売買コストが
かかってしまいます。💨


2.激しい値動きがあったり
送金の承認に時間がかかることがある。

(1)1日で10%の変動が起こることがあります。
2017年のビットコインの値動きは
驚くほどの変化です。
1日たらずの時間でも
1割程度の変動が起こりました。

(2)ビットコインの取引繁忙時は
マイナーによる承認が
翌日にずれ込みます。💦

 〔2015年ギリシャ危機の値動き〕
  (クリックすると拡大)
bitcoinchart2.jpg

ひんぱんに起こることではありませんが、
承認まで時間がかかると、1割の変化は
10万円なら1万円!の違いになります。


3.現地国の取引業者の信頼性
マウントゴックスの事件以来、日本では
たいてい確実な取引が可能です。
しかし、海外ではまだまだが現状です。
 参考情報:ビットコインを語ろう2.0
 運営者の→ツイート

そのほか、海外在住日本人が受取る場合
個人間のビットコイン売買サイトでしか
取引できない国があります。
(過去の取引履歴から判断するのみ)

例1:世界で取引を展開するbitXでは
マレーシアの場合→ https://bitx.my/ は
国が発行するIDを持つローカルのみ取引できます。
(つまり外国人は取引できません。〕
例2:日本からアジア圏(中国、ベトナム、ミャンマーなど)への送金に使用できる仮想通貨は?
(こんな記事が書かれるくらい送金しにくい?)


〔参考情報〕
1.少し古いですが、2015年6月現在
以下の国でビットコインを換金できます。
〔北米〕 アメリカ、カナダ、メキシコ
〔中南米〕 ブラジル、コロンビア
〔ヨーロッパ〕 イギリス、フランス、オランダ
ドイツ、スペイン、ポルトガル、イタリア、
スイス、スウェーデン、ノルウェー、
フィンランド、デンマーク、チェコ、スロバキア、
ハンガリー、ポーランド、リトアニア、
クロアチア、ブルガリア、
〔アジア〕 トルコ、マレーシア、フィリピン、韓国
〔オセアニア〕 オーストラリア、ニュージーランド
2.海外から日本へのビットコインを利用した送金については
 関連情報
 ビットコイン(bitcoin)を利用した海外からの小額の送金
をご覧ください。
〔注意!〕
ビットコイン取引が制限されている国では
(当然ですが禁止されている国でも)
ビットコインを受け取っても
現地通貨に換金できないでしょう。

〔ビットコイン以外のお得な海外送金方法〕

(1)主要通貨国
@50万円程度まで
 ※通貨や送金する銀行によっては100万円まで
TransferWiseなら
 ・両替コストゼロ
 ・送金手数料 送金額の1%
おまけに、
 ・受取銀行手数料がかからない
ので、ずっと簡単でお得です。
 関連情報 TransferWiseの利用

A100万円以上
海外送金手数料4-5千円を払っても
YJFX!で為替コストゼロで両替、
さらに新生銀行やSMBC信託銀行に出金し
外貨のまま海外送金する方がお得です。
 関連情報 YJFX!の現受

(2)その他の通貨国
@TransferWiseが利用できる国なら
2回以上に分けて送金しましょう。
 ※TransferWise送金手数料1%と、
  現地通貨への両替コストは同程度で
  その他余分な手数料もかかりません。

 関連情報 TransferWiseの利用

ATransferWiseを利用できない国なら
米ドルで送金しましょう。
現地金融機関に届いてから
その国の通貨へ両替するなら
両替コストはたいてい1-1.5%程度です。
 ※YJFX!を利用すると、
  米ドルへの両替コストはゼロ
  また、まとまった金額を両替するなら
  現地国の銀行は優遇レートを提示します。

 関連情報 YJFX!の現受
 円建て送金
 ※たいていの銀行は、中継銀行手数料
  6,000円を差し引きます。

 その他関連情報
 主要国以外への海外送金
 最近のお得な中国向け送金


このカテゴリの内容について

1.ビットコインを利用した海外送金(この記事)
ビットコインは、どんな海外送金に適しているか。
現在どんな問題点があるか。

2.ビットコインを買う
   取引所と販売所の違い

3.ウォレットを選ぶ※注1
  ※注1 ウォレットはビットコインを預ける財布

4.ビットコインをウォレットへ移動する

5.ビットコインを利用した海外送金その4
  海外へ送金(支払い)と海外からの受取り


6.ビットコインを換金する

ビットコインの送金 番外編
bitFlyerアカウント間の送金

ビットコイン番外編
ビットコインは世界を変えるか?

ビットコイン番外編
ビットコイン(bitcoin)での支払いとATMの利用

の順に説明しています。😃




ビットコインを利用した海外送金その1 bitcoinを買う

ビットコインはどこで買えるのでしょうか。

買える場所はネット上の
 ・取引所
 ・販売所

の2つです。
〔参考情報〕 ビットコイン取扱大手bitflyer
サイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、
消失等に対する損害賠償
のほか、事故対応に必要となる
各種対策費用(見舞金費用・コンサルティング費用・
原因調査費用・被害拡大防止費用など)まで補償する
保険を開発しました。(取引所・販売所の両方を運営)
ビットコイン取引所へのサイバー攻撃に備える保険を
bitFlyerと三井住友海上火災保険が開発

しかし、パスワードを知られてピットコインが
盗難にあう場合、補償外です。しかし
メールでログインに必要なパスワードを
受け取る2段階認証を選択すれば
このような事態はほぼ防げるでしょう。
 ※仮想通貨取引所の経営者による犯行は
  補償の対象外となります。しかし
  マウント・ゴックスの事件以降、各社とも
  厳しい管理システムとなっているでしょう。
どうしても心配な人は、ハードウェアウォレットを
利用することをすすめます。


ビットコイン取引所と販売所の違い
簡単に言うと以下の通りです。

取引所
 ・売買レートの開きが小さい
 ・希望する値段・数量を買えるかは相場しだい

販売所
 ・売買レートの開きが大きい
 ・現在の提示レートで希望する数量(限度あり)を買える。
 ・便利な付随サービス
   ※bitFlyerの場合、会員間の簡単な送金が可能
   日本の住所+海外ケイタイ番号で申し込める、など


ということです。

ビットコイン取引所・販売所についての詳しい情報は、
ビットコインを語ろう2.0
 →国内のビットコイン取引所・販売所比較決定版 2015年5月版
をご覧ください。


取引所と販売所では、どのくらい値段が違うか?

〔追加情報〕 2016年11月にビットコインが急騰し、
bitflyer販売所の購入・販売価格の開きが
2,000円程度になることがあります。💦
そんな場合は簡易取引所で注文を出すと
販売所よりお得にビットコインを購入できるでしょう。
 →bitflyer販売所 購入・販売価格
 →bitflyer簡易取引所 売買注文の板と取引履歴



〔BTCとbitFlyer比較例〕
 ※2015年6月19日午前0時40分

〔BTC〕            
 (画像をクリックすると拡大)
 btc.jpg

〔bitFlyer〕
 (画像をクリックすると拡大)
  bitFlyer.jpg

たしかにBTCの方が安いですが、
気配値をみると
今買いたいなら31,254円です。
(数量は不明)

一方、bitFlyerは31,595円
(希望する数量※注2ちょうどが買えます。)
  ※注2:数量に限度あり

1ビットコインの差は251円ですから、
わたしは簡単に買えるbitFlyerを選びました。
 ※最初の本人確認は、海外ケイタイで
  SMSを受け取ることでOKでした。


もっとまとまった金額の
ビットコインを買うときや売るときには
取引所を利用すると良いでしょう。


販売所bitFlyerの申込は

  → bitFlyerからできます。

affi_100x60_01.jpg



T.販売所

ここでは、bitFlyerについて説明します。
その他販売所についての詳しい情報は、
ビットコインを語ろう2.0
 →国内のビットコイン取引所・販売所比較決定版 2015年5月版
をご覧ください。

〔アカウント作成と本人確認について〕
海外で活動する人にとってうれしい点として
bitFlyerなら、
ケイタイ(海外ケイタイもOK)で
パスワードを受け取って
アカウントを持つことができます。
 (スタンバイアカウント)

ついでログインしたbitFlyerのサイトで

1.本人情報を入力し、銀行口座を登録します。
(エコノミークラス 1日最高1回5万円、
 1ヶ月25万円までの取引ができます。
 しかし、ビットコインを売却したり
 デポジットとして円を預けておくことができません。)

2.初回のビットコイン購入のため
ふさわしい額をbitFlyerに送金しておきましょう
(これが銀行口座での本人確認になります。
 入金確認後 プレミアエコノミークラス になり
 1日最高1回5万円、1ヶ月25万円までの取引ができます。)

これから1回に5万円以上のビットコインを買う可能性のある人

3.運転免許証(裏表共)に加え
運転免許証を持った自分の写真
 ※一例(下の画像:クリックすると拡大)

images.jpg

をアップロードしておきましょう。
(ビジネスクラス 1日最高1回100万円、
 1ヶ月500万円までの取引ができます。)


U.取引所

まとまった額のビットコインを売買するなら
取引所を利用すると良いでしょう。
 ※取引所・販売所についての詳しい情報は、
ビットコインを語ろう2.0
 →国内のビットコイン取引所・販売所比較決定版 2015年5月版
をご覧ください。


ここでは、最も取引額の大きい BTCbox
そして、2015年7月2日に始まった
bitFlyerの取引所 birFlyer lighting
について簡単に説明します。

1.BTCboxの取引画面
(下の画像:クリックすると拡大)

btcbox3.png

枠の部分を拡大すると
(下の画像:クリックすると拡大)
btcbox4.png

値段とその横の数量を見ると
 ・10ビットコイン程度(30万円程度)を買いたいときは
  100円程度高くなる。
 ・10ビットコイン程度(30万円程度)を売りたいときは
  100円程度安くなる。
ことがわかります。

では、bitFlyer lighting はどうでしょうか。

2.bitFlyer lightingの取引画面
 ※取引所が始まって翌日の朝7時ころのデータですから
  それほど参加者がいないことを割り引いて考えてください。


bitFlyer lightingの取引画面
(下の画像:クリックすると拡大)

bitFlyerlightning1.jpg

枠の部分を拡大すると
(下の画像:クリックすると拡大)

bitFlyerlightning2.jpg

確かに、多額のビットコインを売買するには
BTCboxが有利です。
しかし、これからbitFlyer lightingの取引額も
増えていくことでしょう。

ですから、
急いでビットコインを買付けなくても良い人は
(もしくは、すぐに換金しなくても良い人は)
ビットコイン取引所を利用すると良いでしょう。


取引所 BTCboxの申込は
 
  → 新規登録 からできます。


販売所および取引所があるbitFlyerの申込は

  → bitFlyerからできます。

affi_100x60_01.jpg


〔参考情報〕
1.主要通貨で200万円程度以上の
まとまった金額を海外送金するときは、
ビットコインより、
YJFX+シティバンクor新生銀行
を利用するほうがお得ですし、
換金するまでのビットコイン価格の変動に
影響されません。😃

というのは、
まとまった額のビットコインを
 ・取引所で買付けるには
   買付け価格が上がりがちになります。
 ・取引所で換金するには
   売付け価格が下がりがちになります。

仮に売買価格に100円の開きがあると
その差は約0.3%になります。
 (ビットコイン価格を3万円とした場合)

一方で、YJFX!を利用すると
両替コストはかかりません。
ですから負担する費用は
 ・海外送金手数料 3,500円〜4,000円
 ・中継・受取銀行手数料
   ※アメリカ10ドル、イギリス10ポンドなど
と、合計6千円程度で納まります。

 ※海外から日本への送金なら
  現地銀行窓口の海外送金手数料、中継銀行手数料だけ
   ※YJFX!では、受取銀行手数料はかかりません。


この例から考えると、

1.主要通貨 ※YJFX!の取引通貨
日本→海外への200万円程度以上の海外送金なら
YJFX!を利用したほうがお得です。
(さらに、ビットコインの売買価格の変動に影響されません。)
 関連情報 YJFX!の現受

 ※海外からの送金をお得に円に換金できるYJFX!の利用については
   関連情報 海外からの送金 FX、特にYJFX!の利用
  をご覧ください。


2.両替コストが高い通貨
現地国でビットコインを売買できる国なら
ビットコインを利用して
お得に海外送金できることがあります。
 ※各国のビットコイン売買価格の開きを考慮してください。

ビットコインの取引ができる国についての情報は
 関連情報 ビットコインを利用した海外送金その4 ビットコインを換金する 
をご覧ください。





ビットコインを利用した海外送金その2 ウォレット

買い付けたビットコイン(bitcoin)を
あなた専用の財布に預けましょう。
〔参考情報〕
bitFlyerから直接相手先ビットコインアカウントへ
送金できます。
定期的に決まった受取人へ送金するなら
bitFlyerに登録しておきましょう。
〔登録の手順〕
1.bitFlyerにログインし、入出金を選ぶ。
2.ビットコインアドレスの編集をクリックする。
 (下の画像:クリックすると拡大)
blockchain10.1.jpg

3.わかりやすい名前(ラベル)、
受取人のビットコインアドレスを入力し
登録 をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)
blockchain10.2.jpg
これでbitFlyerで買ったビットコインを
直接受取人に送金できます。


まずは買ったビットコインを預ける
ウォレット(財布)を選びましょう。わーい(嬉しい顔)

ネット上でビットコインのウォレットを調べると
Bitcoin日本語情報サイト
 →ビットコインの保管(ウォレット比較)
が見つかりました。

まず数万円でテストしたい人には
blockchainが良さそうで
利用している人も多いようですから
わたしはこれに決めました。

〔blockchainのサイト〕
blockchain.png
(クリックすると拡大します。)

blockchainの便利なところは
パソコンとスマホの両方
管理できることです。揺れるハート
 →blockchainのサイト 財布
   ※新規ウォレットの作成、
    もしくはビットコイン財布の作成
    をクリックして申し込みます。


blockchainの申込がすんだら
→blockchainの 解説
に従い(少し違う部分のありますが)
アカウント設定をします。
 ※毎回の利用開始時のパスワード送信設定は
  パソコン、スマホそれぞれでできます。



ビットコイン(bitcoin)を利用して
小額の海外送金するウォレットに
blockchainを使いたい人は

  → 財布から申し込んでください。

〔参考情報〕
もっとまとまった金額のビットコインを安全に
管理したい人は、blockchainの解説から
ふさわしい方法を選んでください。



ビットコイン(bitcoin)を利用した海外送金その3 ウォレットに移動する。

ATMなどで引き出したお金を
財布に入れるように
bitFlyerで買い付けたビットコイン(bitcoin)を
blockchainのウォレットに移動しましょう。

初めての人は、
bitFlyerのサイトにある注意書きを読むと
お金がなくならないかと緊張するかもしれません。あせあせ(飛び散る汗)
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain10.0.jpg

でも、しかし心配はありません。
ちゃんと手続きをするなら本当に簡単です。わーい(嬉しい顔)

その流れは以下のとおりです。

T.bitFlyerに、blockchainのウォレットを登録する。

1.birFlyerにログインし、入出金 のタブ
そして、ビットコインご送付 をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain10.jpg

すると、以下の画面になります。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain12.jpg

ここに
 ・受取人のラベル
  (この画像ではblockchain1)
 ・blockchainのビットコインアドレス
を登録します。

では、ウォレットにするblockchainの
ビットコインアドレスは
どこでわかるのでしょうか。


2.ブラウザで新規ページ(or別タブ)を開いて
blockchainにログインし、
財布 そして 受取 を選びます。

そこに アドレス があるので、
一文字ももらさずにコピーします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain11.jpg
 ※画像のもうひとつのアドレスは無視してください。
  (ウォレットにもうひとつの仕切りを作りました。)



3.birFlyerのサイトにもどり
 ・わかりやすい名前(ラベル)
さらに
 ・コピーしたビットコインアドレス
を貼り付け、登録をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain12.jpg


4.すると以下の画面になります。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain13.jpg

登録 をクリックすると
以下の画面になり、
ビットコインを移動するウォレット(blockchain)の
ビットコインアカウントの登録ができました。
 ※さらに別のウォレットを登録することができます。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain12.1.jpg

次に、bitFlyerから登録したblockchainのウォレットに
ビットコインを送金します。


U.bitFlyerからblockchainのウォレットへ送金する。

1.bitFlyerにログインし
入出金 ビットコインご送付 を選びます。

そして送金先として
先ほど登録したビットコインアドレスを選びます。

2.送金するビットコインの額(画像では0.01)を
入力します。(右に円換算額が表示されます。)

送金額を確認して、
ビットコイン外部送付(取り消しできません。)
をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain15.jpg


これでbitFlyerから
blockchainのウォレットへの送金手続きができました。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain16.jpg


bitFlyerでは人の手で出金を確認します。
ですから、下に説明があるように
blockchainのウォレットに届くまで
最低1時間、時には(土日をのぞく)翌営業日
なることがあります。
 ※ビットコインの移動には最低10分かかります。
安全のためにはやむを得ません。
 ※土日にbitFlyerで働く人がいる場合
  その日のうちに届くことがあります。

ふさわしい時間が過ぎたら
blockcaihnのウォレットにログインし
残高を確認しましょう。

〔参考情報〕 受取人もbitFlyerにアカウントがあるなら
即時に受取人のアカウントにビットコインを入金できます。
 関連情報 瞬時にビットコインが届くbitwiere(作成中)


bitwire.jpg


ビットコイン販売所 bitFlyerの申込は

  → bitFlyerからできます。

affi_100x60_01.jpg




ビットコインを利用した海外送金その4 海外へ送金(支払い)と海外からの受取り

さて、これでblockchainのウォレットに
海外送金するための
ビットコインを用意できました。

これからは
 ・海外への送金
そして
 ・海外からの受取り
について説明します。わーい(嬉しい顔)

T.ビットコインの海外送金
 ※国内送金も同じ要領です。

その方法は、
以下のとおりです。
  (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain18.jpg

1.blockchainのウォレットにログインし
財布 そして 送金 を選びます。
(クイック送金が表示されます。)

2.受取人のビットコインアカウントを入力する。
一文字でも欠けると
お金が行方不明になるので
しっかり確認しましょう。
 ※海外の店舗などでの支払うときには
  QRコードのアイコン(オレンジ枠)をクリックすると
  スマホやタブレットのリーダーを利用して
  受取人のビットコインアカウントを読み取れます。


2.送金するビットコインの額を入力する。

そして

3.支払いを送る をクリックする。

これだけです。

10分程度で、受取人のウォレットに届きます。揺れるハート

〔参考情報〕
メール、SMSでもビットコイン(bitcoin)を送金できます。
メールの場合
1.財布 送金 の画面で メール を選びます。
2.あて先のメルアド、送金するビットコイン額 を入力し
支払いを送る をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain19.3.jpg

2.以下の画面になるので、
支払いを送金する をクリックします。

blockchain19.4.jpg

受取人には以下のメール(gmailの例)が届くので
Click Here to claim this payment
をクリックして
ふさわしいウォレットなどで受け取ります。
 (下の画像:クリックすると拡大)

blockchain19.5.jpg

以上です。



U.海外からのビットコインの受取り

海外からの送金を
ビットコインで受け取る方法は
以下のとおりです。
 ※国内からの受取りも同じ要領です。

 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoin2.jpg 

1.blockchainのウォレットにログインし
財布 そして 受け取り を選びます。
 ※アクティブが表示されます。

2.受取るビットコインアカウントを
送金する人に伝えます。
一文字でも欠けると
お金が届かないので
送金する人にしっかり伝えましょう。
 ※action をクリックするとQRコードなど
  送金する人に使いやすい方法を選べます。
 
たったこれだけのことです。

送金する人が手続きをすると
たいていの場合10分くらいで
受取人のビットコインアカウントに届きます。

本当に簡単です。ぴかぴか(新しい)

では、次に受け取ったビットコイン(bitcoin)を
円(現地通貨)に換金する方法について説明します。






ビットコインを利用した海外送金その5 ビットコインを換金する

たいていの先進国では
取引所や販売所で
ビットコイン(bircoin)を換金して
現地通貨で受け取ることができます。
 ※銀行口座への入金、ATMでの受取りなど

つまり、
 ・日本で買いつけたビットコイン
 ・現地でその国の通貨に換金する
ことで、海外送金が完了します。😃


〔ビットコインを自由に取引できる国(緑色)〕

世界でビットコインを取引できる国は
現在以下のとおりです。 
※2015年6月現在
 最新の情報は
 Bitcoin's Legality Around The World
 で確認できます。

bitcoinarea.jpg
 (クリックで画像を拡大)

 ※以下の国名は、『bitcoin+英語の国名』
  google検索結果にリンクしています。


〔北米〕
アメリカカナダメキシコ

〔中南米〕
ブラジルコロンビア

〔ヨーロッパ〕
イギリスフランスドイツオランダ
スペインポルトガルイタリア
スイススウェーデンノルウェー
フィンランドデンマークチェコスロバキア
ハンガリーポーランドリトアニア
クロアチアブルガリア

〔アジア〕
トルコマレーシアフィリピン韓国、日本、

〔オセアニア〕
オーストラリアニュージーランド

各国の詳しいビットコインへの対応や規制については
 ウィキペディア 各国におけるビットコインの法的な扱い
をご覧ください。
 ※2014年3月現在の情報では
  ロシアは現在ビットコインの利用を制限しています。



ここでは、すべての国のおすすめできる
ビットコインを換金できる会社を
紹介することはできません。

もうしわけありませんが、それぞれの国で
ふさわしい取引所・販売所を選んでください。

これからは一例として
bitFlyerで受け取ったあと
円に換金する方法を説明します。
現地で換金するときの参考にしてください。
 ※ビットコインを換金して、現地通貨を
  現金で受取れるATMがあるかもしれません。
  しかしそのようなサービスがない場合
  現地の銀行口座で受取る必要があります。



T.ウォレットにあるビットコインを
bitFlyerに送金しましょう。


1.bitFlyerにログインし
入出金 ビットコインお預入 をクリックします。

2.そこにある
『お客様用ビットコインアドレス(お預入)』
をコピーします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoin3.png

〔注意〕
下の注意書を読むと、ビットコインアドレスは
変わることがあるので、毎回確認が必要です。

3.ウォレットにログインして
   ・送金先のビットコインアドレス
   ・送金するビットコイン額
を入力して、支払いを送る をクリックします。
 (下の画像blockchainの例:クリックすると拡大)

bitcoinsokin1.png
 ※

10分ほどすればbitFlyerに
ビットコインが入金されるので確認しましょう。


U.bitFlyerで円に換金する。
〔注意したいこと〕
bitFlyerのサイトには
1.2.の説明がありません。
早急にに対処を望みます。

1.登録した口座への入金は、
翌営業日になります。
   ※土日、祝日を除く
ただし午後7時以降に換金した場合、
銀行システムが稼動していないので
実際の送金は翌々営業日になります。
本人名義の銀行情報を4つまで追加できます。
(ただし最低1つの銀行が認証されている必要)
そして登録したたどの銀行からでも入出金できます。

2.出金手数料
   ・3万円未満 540円(税込)
   ・3万円以上 756円(税込)
が、差し引かれます。
つまり
1万円を銀行で受け取りたい場合
上記手数料を1万円に含めて
入力する必要があります。

3.出金先口座を変更したい場合
問い合わせフォームから連絡し
bitFlyerから電話による本人様確認を受けた後
変更できます。


1.bitFlyerにログインし
左タブの ビットコインの売買 を
クリックします。

現れた画面で、
換金するビットコインの額を入力し
(右に現在の価格で円表示されます。)
コインを売る をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoin5.jpg

2.あらわれた画面で、ご解約金額を確認してから
デポジットご解約手続き(取り消しできません)
をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoin6.jpg

クリックした後、6秒以内に 
注文を執行してください。

これで入金を待つだけになります。

・・・が、金額が少なかったため
手続きできませんでした。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoin7.jpg

bitFlyerには
早急に取り引き画面に
 ・出金手数料
 ・出金予定日
についての説明を求めます。


ビットコイン換金(売却)のできるbitFlyerの申込は

  → bitFlyerからできます。

affi_100x60_01.jpg




ビットコインの送金番外編 bitFlyerアカウント間の送金

いままで
ビットコイン(bitcoin)で海外送金し
受け取った人が
現地通貨に換金することを説明しました。

しかし、すぐに換金する必要がないビットコインなら
bitFlyerアカウント同士の間
ビットコイン(bitcoin)を受渡できる

 ・bitwire(ベータ版)

を利用することができます。

うれしいのは、送金手数料はまったく無料です。💓

ネット銀行で毎回100円程度以上の手数料をかけて
送金するよりずっとお得です。
(ネット銀行によっては月1〜3回の送金手数料無料です。)
ちょうど、同じ銀行間では
送金手数料がかからないのと同じです。

 ※bitFlyerで換金語後、登録口座へ出金するには
 3万円まで540円、3万円以上756円の手数料がかかります


使い方は以下のとおりです。

〔参考情報〕 ビットコイン取扱大手bitflyerは
サイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、
消失等に対する損害賠償のほか、事故対応に必要となる
各種対策費用(見舞金費用・コンサルティング費用・
原因調査費用・被害拡大防止費用など)まで補償する
保険を開発しました。
(取引所・販売所の両方を運営しています。)
【国内初】ビットコイン事業者向けサイバー保険を共同開発  
〔注意〕 初めて利用するときは
チュートリアルの画面になります。
確認のため 次へ とすすむと、実際の取引画面になります。
 (下の画像:クリックすると拡大)
bitwiretroble.jpg


1.bitFlyerにログインし
bitwire(ベータ版)をクリックします。
以下の画像が現れます。
 ※赤枠は説明のため追加
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitwire.jpg

2.送り先のメールアドレス
さらに、送金額を入力します。
(必要があれば送付コメントを記入し)
メール確認 をクリックします。

受取人がbitFlyerのアカウントがあるなら
以下の画面になります。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitwire1.jpg

3.閉じる をクリックすると
以下の画面になります。
内容を確認し
Bitcoinを送付する をクリックします。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitwire2.jpg

4.すると以下の画面があらわれ
送金は完了します。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitwire3.jpg


非常に簡単な取引なので、
ビットコインで支払っても良い知人間で
利用する
と良いかもしれません。


〔取引のポイント〕

1.相手にbitFlyerのアカウントがあって
メールアドレスがわかっているなら
土日や夜間でも即時に送金できます。

2.送金額は
 ・ビットコイン
 ・円
のどちらでも指定できます。
 ※円で入力すると、ちょうどのビットコイン額が
  左に表示されます。


3.ビットコインの評価額
送金するときのbitFlerの
販売価格と買取価格の中間値

ですから、受け取ってすぐに換金すると
買取価格のとの差(1-1.5%程度)が目減りします。

しかし、当分の間換金しなくてもよいなら
将来、まとまった金額を
 ・換金したいとき
 ・海外送金や支払いに当てたいとき
までそのまま置いておくと良いでしょう。

アカウント間なら手数料無料で送金できるbitwireの申込は

  → bitFlyerからできます。

affi_100x60_01.jpg


ビットコイン番外編 ビットコイン(bitcoin)は世の中を変えるか!

ビットコインって何?
から始まって調べていくと
どうやら世の中を変えることが
想像できるようになりました。

ビットコイン.jpg

小額を海外送金するときにかかる手数料を
(ときには送金額の10%以上!)
劇的に引き下げるでしょう。ムード
 関連情報 ビットコインを利用した海外送金

一方で、
ビットコインの問題点として
 ・主要通貨に対して変動が大きい
   (下の画像を参照)
 ・すべての通貨と置き換えることはできない
   (現在の時価総額で5000億円程度?)
 ・『悪貨は良貨を駆逐する?』
   (大切なお金は溜め込まれて
    世の中に出回らなくなります。)
などが思い浮かびます。もうやだ〜(悲しい顔)

〔一例:ビットコイン価格変動〕
2015年6-7月のギリシャ経済危機の間、
ビットコイン価格は、
1日に1割以上変動したことがあります。
 (下の画像:クリックすると拡大)

bitcoinchart2.jpg

そのほか数年前、
キプロス経済危機のさい
預金者の銀行預金が
一律30%削減されたときにも
大きな変動がありました。


以下にビットコインについて
いくつかの情報を紹介します。


○ビットコイン(bitcoin)って何?

1.bitFlyerのサイト ビットコインとは?
ビットコイン販売所の説明ですが、
他の同業者と比較してわかりやすいと感じました。

2.購入した本

難しい説明なしで
ビットコインのしくみ、
その良い点、問題点について
冷静な意見を知ることができました。

2.ビットコインが世界を変えるか?についてネット上の情報
bitcoin news
・野口悠紀雄氏
  「仮想通貨の本当の革命とは
  「国家とビットコインの未来
・堀江貴文氏
  「ビットコイン 普及の道筋
   ※辛口の意見
ビットコインだけで生活するにはまだ早すぎる?
 2015年1月9日
欧州裁(ECJ)がビットコイン売買に係るVAT免除を要請
 2015年7月17日

日経新聞
仮想通貨ビットコインだけで3カ月暮らした夫妻
 2014年12月14日

NHK
広がる仮想通貨"ビットコイン"
 2013年12月09日
仮想通貨ビットコイン アメリカでは
 2014年01月29日

gigazine
テレビでBitcoinのQRコードを映したら即座に盗まれるという事件が発生
 2013年12月24日
世界初の「保険付き」Bitcoin保管サービスが登場
 2014年02月16日
ついに政府公認Bitcoin取引所が誕生、Bitcoinの本格普及にはずみ
 2015年01月27日

これからも、情報を追加して行きます。




    

ビットコイン番外編 ビットコイン(bitcoin)での支払いとATMの利用

海外送金手数料を節約する方法として
ビットコイン(bitcoin)の利用できますが

世界の多くの土地で
ビットコイン(bitcoin)で
 ・ショッピングの支払いができる
 ・ATMが設置された
というニュースを聞きます。わーい(嬉しい顔)

ビットコイン.jpg


ビットコイン(bitcoin)が
世界の街中でどのくらい利用できるか
ウェブサイト上の情報を中心にまとめます。
 (2015年7月まで)
 ※ビットコイン(bitcoin)を利用できる国については
   関連情報 ビットコインを利用した海外送金その5 ビットコインを換金する
  をごらんください。



T.ビットコイン(bitcoin)を利用した支払い

すでに、アメリカのアマゾン、マイクロソフトは
ビットコインでの支払いを受付けています。

例1:ビットコイン決済企業が
Amazonショッピングカートとリンク

2013年3月8日

例2:Microsoftが
仮想通貨「Bitcoin」での支払いに対応開始

2014年12月12日 

しかし、世界各地の利用状況は
先進地アメリカを含めたいていの国では
 ・ネットショッピング
 ・実店舗
とも、それほど普及していないでしょう。失恋

アメリカの情報(日本語)
 ビットコインニュース2015年1月9日
 ビットコインだけで生活するにはまだ早すぎる?
 2014年12月14日
 仮想通貨ビットコインだけで3カ月暮らした夫妻

いまのところ
コンピュータやインターネットに詳しい人が
利用しているのが現状だと思われます。

〔ブログ管理者のシンガポールでの経験〕
ビットコインで利用できる店舗が限られ、
スマホを持ち歩いて支払いをするチャンスは
あまりありませんでした。
 ※ビットコインで支払いできる
  シンガポールのチェコビールパブHOSPODA
   →Hospoda Microbrewery


hospoda.jpg
 ※クリックして拡大すると、
  bitcoins accepted! が見えます。


その理由として、
ビットコインを利用できる場所を示す
coinmapの情報が
不正確で更新されないなため
 ・ビットコインでの支払いを
   受け付けていない。
 ・店舗がすでに移動している。

ことが多いのです。もうやだ〜(悲しい顔)
 ※ショッピングで有名なオーチャード通りには
  利用できる店舗は見つかりませんでした。


U.ビットコイン(bitcoin)ATM

どこかの国でビットコインATMが設置されたことを
ニュースで聞くことが時々あります。

 例1 → ギリシャ初のビットコインATM

 例2:シンガポールに一台だけ見つかったATM

IMG20150708134638.jpg
 チャイナタウン駅裏の雑居ビル3階の事務所にありました。
  → ATM所有者のウェブサイト


実際のところ
 ・その国、都市で1,2台だけの設置
 ・設置場所が便利な場所ではない
という状況です。あせあせ(飛び散る汗)

おまけに、現在のATMでは
ビットコイン買う取引のみです。
 例:香港のビットコインATM利用方法(動画)

でも、考えてみると
ネット接続したスマホがあれば
たいていビットコインが買えるので
 ※海外でも、日本の取引・販売所で買えます。
遠くのATMまで
ビットコインを買いに出かける必要が
あるのかとも思います。

一方、
(ビットコインATMが更新される予定ですが)
ビットコインを売って
現地通貨を受取れるなら
海外旅行者には
便利なサービスになるでしょう。ムード


ということで、日本でも
一部の大手のネット販売業者では
ビットコインで支払いができるようになるでしょう。
そして
 ・ビットコインを利用した海外送金
 ・値上がりを期待した投資
は広がるでしょう。

しかし、日常の買い物が
ビットコインでできるようになるには
まだまだ時間がかかるようです。



タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM