記事検索
 

ネット、まとまった金額の海外送金に便利なSMBC信託銀行(旧シティバンク)

〔耳より情報〕
SMBC信託銀行の手数料優遇を利用できないなら
(残高100万円〜海外送金手数料2,000円
 残高1000万円〜海外送金手数料無料など)
そして送金額が50万円程度までなら
 ・外貨両替手数料ゼロ
 ・送金手数料送金額の1%
   (最低額は500円〜)
 ・受取銀行手数料なし
  (一般的な海外送金でかかる
   10ドル…などを節約できます。)
の、TransferWiseを利用する方がお得です。
詳しくは
 関連情報
 TransferWiseの利用
をご覧ください。

〔重要な情報〕
シティバンクは、SMBC信託銀行と
事業統合しました。
このブログでも取引を確認しながら
内容を更新していきます。
海外・国内からの送金受取り、
キャッシュカードの切り替えなどについては
Brics11投資情報のブログ
詳しく説明されています。

これからも海外で活動する人は、
 ・SMBC信託銀行
もしくは、
 ・三菱東京UFJダイレクト
   (ネット100万円、電話200万円まで)
     関連情報 三菱東京UFJダイレクト
 ・新生銀行(電話取引での送金限度額は3千万円)
   出発前、一時帰国したときなどに
   一度窓口から送金して送金先を登録するなら、
   今後は1口座に限られますが、
   電話取引で海外送金することができます。
    関連情報 新生銀行の利用
     ※留学などで現地に着いてから銀行口座を
     作る方は、送金先情報を親族に伝え、
     日本在住親族のYJFX!→日本在住親族の新生銀行
     →海外の受取人口座 という流れで
     お得に海外送金することもできるでしょう。 
       関連情報 YJFX!の現受

を利用することをすすめます。


SMBC信託銀行(旧シティバンク)は、
海外で活動する人にとって
 ・ネットバンキングで
   海外送金先を登録し、送金指示ができる。
 ・300万円以上の海外送金でも
    窓口まで出かけずに
    書類郵送と電話確認で海外送金できる
 ・トラブルへの対応が速い
 ・送金国と送金通貨などに融通が利く

という点で役立つ銀行です。🎶

SMBC信託なら、
夜間や休日、海外に滞在中でも
パソコンで海外送金手続きができるのは
たいへん便利です。😃

ところが最近は邦銀でも
ネット上で
 ・送金先登録
 ・海外送金の指示
ができる銀行が出てきました。
 例:三菱東京UFJ銀行:ダイレクトの外国送金
     三井住友銀行:SMBCダイレクト

では、SMBC信託銀行(旧シティバンク)は
他の銀行の海外送金サービスと比較して
どんな点が有利なのでしょう。

SMBC信託銀行(旧シティバンク)の海外送金を、
最近出てきたこれらのサービスと比較します。

しかしその前に
SMBC信託の口座を維持するための条件
について説明します。

SMBC信託銀行(旧シティバンク)では
 ・残高の外貨部分が20万円相当額以上
  ・総残高50万円相当額以上
その他の条件が求められます。
詳しくは 手数料 をご覧ください。

ですから、自分でネットバンキングを利用して
海外送金したいけれど
 ・口座を維持するための条件が負担に感じる人
 ・送金額は100〜200万円程度まで
 ・主要通貨国にいる知人、留学生や学校へ
   その国の通貨での送金する程度
なら、口座維持のために
預金残高などを求めるの条件がない
三菱東京UFHダイレクトをすすめます。
 関連情報 三菱東京UFJダイレクトの利用

〔三菱東京UFJダイレクトを利用するときの注意〕
  ・お得な三菱東京UFJダイレクトを使って両替した外貨
  ・FXでお得に両替してから受け取った外貨
を送金するときには、
海外送金手数料(ネット3,500円)以外に
外貨取扱手数料(2,500円)が別途かかり、
合計6,000円とシティバンクより割り高です。
 (参考情報:三井住友銀行のSMBCダイレクトは、
   三菱東京UFJダイレクトより割高な両替になり
   国内外からの外貨受取りに
   リフティングチャージがかかります。
    関連情報 三井住友銀行の海外送金


ですからこの後の説明を読んで、
自分の海外送金が
 ・銀行窓口まででかけず
   300万円以上の海外送金をする
 ・海外投資のため
 ・発展途上国などトラブルが
   起こりやすい国へ海外送金をする

なら、SMBC信託銀行をすすめます。😃

これから、SMBC信託銀行のメリット、
デメリットについて説明します。


【SMBC信託銀行のメリット】

1.海外送金で起こるトラブルへの対応が速い
(と感じます)。

海外送金は国内送金とは違い、
複雑な経路を通じて送金されます。
そしてシティやHSBCなど
国際業務に強い金融機関が
自らコルレス銀行になって
海外送金を中継します。
 ※円送金を除く

ですからこれらの銀行から海外送金すると
トラブルも少なく、
仮に起こっても解決が早いでしょう。
 参考情報 ウィキペディア コルレス銀行

2.送金通貨や送金国について柔軟な対応が可能。
SMBC信託銀行の優れた面です。

邦銀では、送金国と送金する通貨が違うなど
複雑な取引の場合、海外送金を
受け付けないことがあります。😞
 例:海外投資のため香港の銀行へカナダドルで送金

また、ゆうちょ銀行は送金する国によって送金通貨が決まり
他の通貨で送金することができません。


≪1.2.に関するサイトオーナーの経験≫
以前に日本のシティバンクからニュージーランド
米ドル送金したとき、6営業日たっても
お金が届きませんでした。💦
シティバンクに電話で送金手続きに問題がないか
確認を依頼したところ、どこかの中継銀行の
取次ぎミスがわかったのでしょうか、
電話して2,3時間後には
受取金融機関にお金が届きました。
他の銀行ならもっと時間と手間がかかったでしょう。


海外投資、海外不動産の購入資金など
まとまった金額の海外送金には
SMBC信託銀行をすすめます。

〔海外送金で起るトラブル例〕
 関連情報 海外送金したお金が届かない。
 海外送金するとき銀行窓口で起こるトラブルと対応
 その他、インドネシアへの高額送金
  ※海外送金何でも相談コーナーより
   (りそな銀行、三井住友銀行のトラブル)
 最近見つけたブログ
 この銀行員、殴ってやろうか!」
  ※三菱東京UFJ銀行窓口の対応のまずさ

3.海外送金手数料以外に
余分な手数料がかからない。


海外送金手数料(ネット3,500円〜)は
かかりますが、
  ※残高により割引あり
 ・外貨預金口座での外貨受取り
 ・外貨のまま送金する別途手数料
は、手数料がかかりません。😃

たとえば、
(1)日本のFX両替した外貨を入金して
   海外送金する
(2)海外や国内からの外貨を
   マルチマネー口座で受取る

ときに、他の銀行のように余分な手数料が
かかりません。💓

〔参考情報〕 海外送金手数料以外にかかる手数料の例
・三菱東京UFJ銀行 外為手数料
  ※外貨預金口座での外貨の受取には
   手数料がかかりませんが、
   外貨のままの送金には手数料がかかります。
・三井住友銀行 外国関係手数料改定のご案内 
  ※外貨の受取、外貨のままの送金の両方に
  手数料がかかります。


〔さらにお得に外貨へ両替する方法〕
1.YJFX!を利用すると、
外貨両替手数料無料にできます。
 ※外貨出金手数料1,500円
お得に両替した外貨をSMBC信託銀行に入金し、
それから海外送金すればよいわけです。
 関連情報 YJFX!の現受

2.成田、羽田、関空、セントレアから
出発する前に外貨現金が必要な人は
マネーパートナーズを利用することをすすめます。
※取扱通貨 :米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン
 関連情報 お得な空港での外貨両替・受取

3.まとまった外貨現金が必要なときは、
みずほ銀行の外貨預金に入金してから
現金を引き出すとお得です。
 関連情報 
 外貨現金を海外へ持参するときにお得!
 その他みずほ銀行ののお得な利用方法

  ※新生銀行には外貨現金の取扱いはありません。

〔その他参考情報〕
1.SMBC信託銀行は、海外送金に便利ですが、
外貨現金で受取れるのは米ドル・ユーロだけで、
両替レートは一般銀行と変わりません。
2.お得なレートで外貨預金できるネット銀行は
ほかにもありますが、
たいてい海外送金できません。
 関連情報
 海外送金と外貨預金ができる銀行の違いに注意!

3.ネットバンキングの送金限度額
(200〜400万円)を超えるとき、
SMBC信託銀行なら
 ・海外電信送金依頼書兼告知書などの郵送
 ・電話連絡
で海外送金できます。

さらに、電話窓口24時間対応です。
 ※邦銀の例:三菱東京UFJ銀行
  9:00〜21:00(日本時間)

 (下の画像:クリックすれば拡大)

 シティ円建て送金用紙   okyakusamahe.jpg

この方法を利用すると
 ・近くにSMBC信託銀行の支店がない
 ・海外で活動中だが一時帰国できない。
人でも、ネットバンキング取扱額以上の
まとまった金額を海外送金できて便利です。💓
 ※SMBC信託銀行の返信封筒の住所は、
  沖縄のオペレーションセンターですが、
  急ぐときは取扱支店あてに郵送する
  といった方法もあります。


他の銀行では、ネットや電話取引限度額を
超える金額の海外送金には、
本支店の窓口まで出かけて
海外送金の手続きをする必要があります。
😖
 ※三菱東京UFJダイレクト:
   限度額ネット100万円、電話取引200万円
  三井住友銀行:限度額300万円


5.ネット上で海外送金先を登録したら、
3〜5営業日以内に海外送金できる。

 関連情報
 ネットでシティバンクに海外送金先を登録する方法
 (実際は1.2日程度)

三菱東京UFJ銀行では、
1週間程度(実際には9日?)かかります。
 ※三井住友銀行なら翌営業日に登録できますが、
  他のサービスが割高です。


6.英文の残高明細を選べる。
海外で活動するとき、本人の資産状況を示すため
英文の銀行残高明細を求められることがあります。
たいていの銀行は、窓口まで出かけて
申し込みますが、SMBC信託銀行なら
残高明細の言語として英語を選べば
たいていそのまま利用できます。🎶
 (住所が記載された3ヶ月以内の残高明細など)

7.海外送金手数料は、
預け入れ金額が100万円を超えると2,000円
1,000万円を超えると無料になります。

【その他のメリット】

8.アメリカ国内で活動するときに便利な、
米ドル普通預金口座残高から利用できる
 ・外貨キャッシュカード
   関連情報
   SMBC信託銀行の外貨キャッシュカード
のマルチマネー米ドル普通預金口座から
引き落としになる
 ・ドルカード(クレジットカード) 
   関連情報  SMBC信託銀行 ドルカード 
があります。
  ※日本のFXを利用した米ドルを入金すると、
    外国為替(外貨両替)手数料を節約できます。

また、SMBC信託銀行キャッシュカードは
世界のATMで利用できるので
他のカードを紛失したときに助かります。
 関連情報 国際キャッシュカードなど

9.中継・受取銀行手数料がかかりにくい。
海外業務に強い銀行間の海外送金では
中継・受取銀行手数料が
かからないことが多いようです。

10.1000万円以上預けると
SMBC信託銀行ゴールドの扱いとなり、
 ・海外送金手数料が無料
 ・外貨預金残高から、
   外貨両替手数料無料で現金を受取れる

  ※5千米ドル、5千ユーロまで
   → SMBC信託銀行 手数料一覧(PDF)
     ※ゴールドの部分を参照
など、さまざまな優遇があります。

11.日本国内のATM利用手数料サービス
100万円以上の残高があると、
国内ATM利用手数料が
無料になります。
 (一度差し引かれた後、
   キャッシュバックされます。)


SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行 からできます。


【SMBC信託銀行のデメリット】

1.円を外貨に両替する外貨両替手数料が高い。

外貨両替手数料は、
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行の
リアルタイムレートより割高です。

〔SMBC信託銀行〕
為替レート一覧表より計算
米ドル、オーストラリアドル、
ニュージーランドドル、ユーロ
イギリスポンド、カナダドル、
スイスフランは
すべて1円の上乗せ😖
香港ドル0.4円、 タイバーツ0.08円、 
ノルウェークローネ0.3円
南アフリカランド0.4円


〔三菱東京UFJダイレクト〕
リアルタイムレートより計算
米ドル0.25円、 ユーロ0.25円、 ポンド0.5円、 
スイスフラン0.5円、オーストラリアドル0.5円、 
ニュージーランド・ドル0.5円 😃
 ※他の通貨 → 外国為替相場一覧表
  のT.T.S.とT.T.B.の開きの半分


〔SMBCダイレクト〕
リアルタイム為替レートより計算
米ドル0.5円、 ユーロ0.7円、 ポンド2円、 
スイスフラン0.45円、 オーストラリアドル1.25円、
ニュージーランドドル1.25円 
  ※他の通貨→ 店頭・電話での為替レート

≪対応策≫
100万円程度以上なら、FXを利用して外貨に替え
SMBC信託銀行のマルチマネー口座に
入金すればよいのです。💓

SMBC信託銀行で外貨を受取る手数料、
外貨のまま海外送金するときに
他の銀行のような別途手数料はかかりません。
 関連情報 YJFX!の現受

2.シティバンク以外の銀行への円建て送金
書類郵送のみ
書類が届くまで1週間程度かかり、
それからの送金手続きになります。

≪対応策≫

急ぐときは窓口から、そのほか
楽天銀行、ソニー銀行、PayForex、
三菱東京UFJダイレクトなど
ネットで円建て送金できる金融機関を
すすめます。
 関連情報 PayForexの利用
 三菱東京UFJダイレクトの利用
 楽天銀行の海外送金(個人) 円建て送金

ところでサイトオーナーは、
今ままで円送金の手続きに
それほどの負担を感じませんでした。😃

というのは、
急ぐときはFXでお得に外貨に両替してから
SMBC信託銀行から海外送金しました。
(YJFX!からの外貨受取3営業日後)
円建て送金を急がないなら、
SMBC信託銀行なら書類郵送ですみ、
ずっと便利です。
SMBC信託銀行の円建て送金とCIMBでのお得な両替(別ブログ)


ここまで、SMBC信託銀行の
メリットとデメリットについて説明しましたが

 ・SMBC信託銀行にある程度の残高や
   クレジットカードなどを維持できる人
 ・海外で活動中でも
   まとまった金額を送金したい人
 ・海外投資のため、さまざまな送金先へ
   海外送金する必要がある人


には、SMBC信託銀行をすすめます。😃


SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行 からできます。

〔参考情報〕
1.海外で活動していると、
思いもかけないことが起こります。
SMBC信託銀行に加えて緊急時※注1 に役立つ
SBIレミットのメリットを
以下にまとめました。
 ※注1:カード、パソコンorタブレットやスマホの紛失
 関連情報 海外で活動する人にSBIレミットは必携!
パスポートさえあれば
 (※パスポートを紛失しても大使館などで再発行できます。)
  ・SMBC信託銀行のログインIDとパスワード
  ・SBIレミットのログインIDとパスワード
だけで、空港などの日本語に対応しない
無料のパソコンからでも
海外送金の手続きをして、
最寄の指定受取場所で現金を受取れます。😃
〔追加情報〕
10万円までならenremitを利用すると
面倒な会員登録をせずに海外送金できます。
 関連情報 enremit



SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設と便利な利用法

近くにSMBC信託銀行の支店がなくても、
 ・SMBC信託銀行に口座開設
 ・海外で活動中でも、便利に利用

するためのポイントをまとめます。😃

1.口座開設
ネット上で申し込むのが簡単です。
 ※SMBC信託銀行 口座をひらく
  に説明があります。


注意したいのは、
 ・申込手続きをすると
   バンキングカードとサインカードが
   本人限定受取郵便で届きます。
 ・サインカードに署名・捺印して
   返送する必要があります。
という点です。

ですから、本人が海外滞在中など
受取る住所にいない場合
口座開設が完了しません。
〔参考情報〕
日本の住所で口座開設をした後は、
海外の住所に変更することも可能です。
しかし非居住者口座になると、
SMBC信託銀行の便利なサービスの大半が
利用できなくなります。ですから
引き続きSMBC信託銀行のサービスを利用したいなら、
日本の住所のままにしておくことをすすめます。


2.マルチマネー外貨普通預金口座の利用申し込み
口座開設が完了したら、
 ・日本のFXでお得に替えた外貨
 ・海外からの外貨送金を外貨のまま受取る
ために、
「マルチマネー口座 外貨普通預金」
の利用申込みが必要です。

そして外貨預金口座を利用する前に、
SMBC信託銀行 オンラインにログインして
プロファイリングより手続きをしておきましょう。
 (下の画像:クリックすると拡大)
 
 profiling0.jpg

〔プロファイリングで回答をするときの注意〕
金融資産や投資経験について
現在のありのままを回答してください。
しかし、一つだけ注意があります。
というのは円を外貨に両替したときから、
当然円で評価した価値は変動します。

海外送金だけに利用するとしても、
「自分が投資として外貨預金をするなら、
多少の元本の変動を受け入れる。」
と考えて回答してください。

そしてプロファイリングの回答を送信する前に、
投資スタンスについて、少なくとも 
リスクスコア1:安全重視型、
できれば リスクスコア2:安定型 
となるよう心がけましょう。
〔米ドル普通預金口座について〕 
外貨キャッシュカードを利用する場合、
マルチマネー米ドル普通預金口座とは別に
米ドル普通預金口座が必要です。
 関連情報
 SMBC信託銀行の外貨キャッシュカード、代理人カード

3.海外送金先の登録
SMBC信託銀行では、
ワンタイムパスワード(OTP)を受取って、
国内送金先だけでなく、海外送金先も
登録することができます。

送金人と、受取銀行、受取人の情報、さらに
 ・スイフトコード
 ・ABAナンバー(アメリカ向け)
 ・IBANコード(ヨーロッパ向け)
などは、正確に入力しましょう。
 関連情報
 スイフトコード(BICコード)、ABAナンバー、IBANコードについて
〔追加情報〕
2013年8月より
ワンタイムパスワード専用トークンを利用して
取引できるようになりました。

〔その他参考情報〕
1.SMBC信託銀行で、外貨現金を受取れるのは
米ドル・ユーロだけで、
両替レートは一般銀行同じです。
2.ほかにもお得なレートで外貨預金できる
ネット専業銀行がありますが、
たいていの銀行は海外送金できません。
 関連情報
 海外送金と外貨預金ができる銀行の違いに注意!
3.まとまった外貨現金が必要なときは、
みずほ銀行の外貨預金に入金してから
引き出すとお得です。
 関連情報
 外貨現金を海外へ持参するときにお得!その他みずほ銀行のお得な利用方法
  ※両替コストがお得な新生銀行では
   外貨現金の取扱いはありません

4.海外電信送金依頼書兼告知書と付属書類※注1 
の郵送を依頼する。
SMBC信託銀行のメリットとして、
窓口まででかけなくても
書類郵送で海外送金の指示ができます。
 (下の画像:クリックすると拡大)

 シティ円建て送金用紙   okyakusamahe.jpg
 
〔注意〕 
送金金額が大きいと、さらに
電話での確認も必要です。※注2
海外電信送金依頼書兼告知書と付属書類は、
SMBC信託銀行へ届出住所でない海外へも
郵送してくれます。
しかし郵便物が届くのに何日かかかります。
海外で活動中は、日本からの郵便物が届くまで
何日も待つ必要があり、
受取る国の郵便事情によっては
届かないことさえあります。💥

ですから将来、
 ・200-300万円相当額以上の海外送金をする
 ・海外のSMBC信託銀行以外の銀行に
   円建て送金する
可能性がある人は、SMBC信託銀行に電話して
予備の書類も含めて用意することをすすめます。
 (返信封筒も同封されます。)

そうしておくと、
用意した書類に記入して郵送すれば
日本の窓口まで出かけなくても
海外送金の指示ができます。🎶
〔参考情報〕
SMBC信託銀行の返信封筒のあて先は
沖縄県のオペレーションセンターです。
少しでも早く届けたいときは、
支店あて住所にすることもできるでしょう。
注意!〕 受取確認が求められる
EMSや書留は利用できません。


 ※注1 経済制裁が課されている北朝鮮やイランと
  関連がないことを確認・承認する書類
 ※注2 届出番号と異なる(海外の)電話番号であっても、
  SMBC信託銀行から再度電話をかけなおしてもらい
  確認することが可能です。


以上が、窓口まで出かけずに
ネットバンキングやその他の方法で
SMBC信託銀行の海外送金を利用する方法を
紹介しました。

確かにSMBC信託銀行は口座維持のため
ある程度の残高維持などが求められます。
しかし、SMBC信託銀行は他の邦銀に勝った
さまざまな海外送金サービスを展開しています。


SMBC信託銀行の口座開設は

  → SMBC信託銀行 からできます。



SMBC信託銀行 海外の住所へ変更するときの注意!

最近は、海外で活動する人が増えています。
そしてSMBC信託銀行では
日本の住所で口座開設した後、
海外の住所に変更することは可能です。

しかし注意が必要です❗
SMBC信託銀行が海外在住と判断すると、
(日本)非居住者口座となり
便利なさまざまのサービスが
利用できなくなります。💦
 ※詳しい情報は2011年の情報ですが
 →海外赴任/滞在中の後半の説明をご覧ください。
  ※※住所変更の手続き方法を教えてください。
   にも「海外に転居される場合は上記プレスティア
   ホンバンキングにお問合せください。」
   とだけ説明されています。


〔利用停止となるサービス〕
- 登録済国内送金先への定額自動送金
- プレスティア オンラインでの国内の都度振込
- プレスティア マルチマネークレジットの利用
- 投資信託総合口座の開設、特定口座の開設、
  購入取引およびスイッチング取引
- 証券取引口座の開設、債券の購入・売却取引
 (証券取引口座保有者の場合)
- 保険商品の新規申込み
となっています。

ですから、
海外に長期間住むことが確実な場合、

1.海外の住所へ変更する前に、
   必要なSMBC信託銀行のサービスを
   確認してください。


※日本の電話連絡ができ郵便物が届く住所を
シティバンクへ届けるなら上記の問題を避けられます。
※※口座開設の申し込むには、
本人が日本に在住している必要があります。
というのは海外滞在中でもネット上で
シティバンクの口座開設を申し込めます。
しかし、初回に届く郵便物は
本人限定受取郵便で日本の住所に届くので、
本人が海外に居ると受け取れません。
 関連情報
 海外在住(非居住)者はSMBC信託銀行に口座開設できるか?
 海外滞在中に日本の金融機関に口座開設する方法


〔追加情報〕
2016年1月1日よりマイナンバーが始まり、
(1)2016年1月1日以降に口座開設した人は
海外向け送金、海外からの送金受取りに
マイナンバーが必要になりました。
(2)2015年12月31日までに口座開設している人は
2018年末までは、
海外向け送金、海外からの送金受取りに
マイナンバーは必要ありません。
 ※詳しくは、SMBC信託銀行 
  マイナンバー(個人番号)の通知方法を教えてください。
  をご覧ください。
   関連情報 海外送金とマイナンバー


また、海外に住所変更してしばらくすると

2.SMBC信託銀行からお知らせが届き、
対応が必要になります。

(例:平成25年1月にシティバンクから
   届いた案内:クリックすると拡)

 citikaigai1.jpg citikaigai2.jpg
  

ということで、金融機関の取り決めを
あいまいにした言い方ですが
 (預金利息から税金は払っているので)
日本に連絡が取れる住所があるなら、
海外の住所を届ける必要はないかもしれません。

実際的な問題として
日本の住所で
 ・郵便物を受取れる
 ・届出電話番号が利用できる

なら、海外に転居しても
そのまま日本の住所を継続し
SMBC信託銀行のサイトで取引をするのが
賢明かもしれません。

〔参考情報〕
1.何かの事情で、日本の住民票の届出住所を
変更できない人もいます。
しかし、本人確認に利用する運転免許証は、
本人宛、消印のある郵便物を持って
各地免許センターや警察本署へ出向くと、
代理人でも住所変更できます。
そして住所変更した免許証を、本人確認書類として
利用すると良いわけです。
 例:留守中の郵便物などを管理してくれる
  親族宅などを住所として登録する。


2.海外の住所、英文の残高明細を選ぶと
現地でそのまま残高明細、住所を示す書類として
利用できて便利です。
(現地に銀行口座を作れば、
 届く書類を利用することもできます。)




SMBC信託銀行(旧シティバンク):海外送金と円建て海外送金の注意点

 ・シティバンクに口座がなくても店頭から海外送金できるか。
 ・シティバンクからの円建て海外送金ができるか。
について調べたことをまとめておきます。

○シティバンクに口座がなくても
店頭からなら海外送金できるか。
exclamation&question

シティバンクに口座がなくても、
窓口なら1回100万円相当額までは受付けます。

 参考情報 海外送金何でも相談コーナー
  100: 非居住者の海外送金 記事番号6 
  (maigo6さんそのほか情報をくださった方々に感謝します。)


○シティバンクから『円建て海外送金』ができるかexclamation&question
円建て海外送金は、
 ・海外で円から外貨に両替する。
 ・海外で円のまま置おく
  (受取国に円口座が必要)
ことができる便利な取引です。

シティバンクから
 ・海外のシティバンクグループ
   → ネット送金できます。(登録が必要)
 ・海外のシティバンクグループ以外の銀行
   → 「海外電信送金依頼書兼告知書」(下の書類)
         さらに追加書類を郵送して
円建て海外送金ができます。揺れるハートわーい(嬉しい顔)

citiensokin1.jpg  citiensokin2.jpg

シティバンクは他の銀行のように同一通貨で送金するときに
海外送金手数料以外の別途手数料などの手数料
(最低2,500円、送金額の0.05%など)
がかからないのがメリットです。ハートたち(複数ハート)
 ※円建て海外送金についての詳しい情報は、
   円建て送金、円貨建海外送金について をご覧ください。
〔注意事項〕
2013年5月、シティバンク窓口から
海外の自分の口座あてに円建て送金をしたとき
 ・窓口で1,500円の手数料を支払い(円口座から引落し)
さらに
 ・三菱東京UFJ銀行での中継銀行手数料6,000円
が、差し引かれるといわれました。
しかし実際には差し引かれませんでした。
書類郵送で手続きするときには、
前もって手数料を確認してください。


SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行(旧シティバンク) からできます。


【海外送金に関するトラブルについて】
最近は海外渡航者や在留者が増加し、
お金がグローバルに動いていますが、
多くの銀行窓口(電話窓口も含む)、
銀行のHPの海外送金に関する説明には
余り親切ではないところが多く、
返答が間違っているときさえあります。
 参考情報 JPカナダ
 日本のシティバンクから円建て送金された方
  (最近は対応が改善されています。)
おかしいと感じたら、
他の海外送金業務に詳しい人に聞き直すくらいの
しつこさが必要でしょう。



海外在住(非居住)者はSMBC信託銀行(旧シティバンク)に口座開設できるか?

海外在住でも
日本のSMBC信託銀行(旧シティバンク)に口座開設できると、
 ・日本に一時帰国
 ・国内在住者の助けを借りる
ことなく海外送金できるのでたいへん便利です。

非居住者、つまり日本に住所がない人は
日本のシティバンクに
口座開設することはできるのでしょうか。

残念ですが、
 ・一度日本に住民登録
  (外国籍の人は外国人登録)をする。
 ・口座開設後に届く書類を受け取る。
  (届出住所に住む必要があります。)
ことをしないと難しいようです。失恋
〔参考情報〕 
現在海外滞在中でも日本居住者なら、
一時帰国などのタイミングを計ると
SMBC信託銀行に口座開設することも可能です。
 関連情報 海外滞在中に日本の金融機関に口座開設する方法
  ※申込後に届く書類は(転送できない)
   本人限定受取郵便で届きます。


海外在住者が
日本のシティバンクに口座開設するための条件は
どのようなものでしょうか。

海外送金何でも相談コーナーにmaigo6さんが
非居住者の口座開設に挑戦した結果を
投稿してくださいました。
 100: 非居住者の海外送金 のコメント6
〔その内容〕
・口座開設後6ヶ月以上日本に住まない者は、
国籍に関係なく同銀行での新規口座開設できない。
 (固定資産税を払っていても!)
 この3月日本へ行ったときは確かに
 「外人登録証明書(滞在期間に関係なく役所ですぐ取れます)を
  窓口に持ってくれば口座開設できる」
 といっていたのです。

・口座なしでの海外(円?)送金は上限100万円
 (受け取り先がCitibank UKでも!)
  ※〔サイトオーナー追加〕
   当然ですがネットバンキングは利用できません。


・日本に在住しているものは国籍に関係なく
上限なしで口座から海外送金できる。
 ※〔サイトオーナー追加〕 
  ネットからの海外送金 1回300万円の上限


ということで、
海外にすむことが決まっている場合は、
 ・日本在住中に口座開設をする。
口座開設後、海外に移動した後
 ・住所・連絡先を変更
する。
しかないようです。
〔参考情報〕海外に長期間住むことが確実な場合、
SMBC信託銀行(旧シティバンク)への口座開設や
海外への住所変更に注意してください。

SMBC信託銀行(旧シティバンク)で口座開設できないなら、
お住まいの国のFXサービス、カレンシーオンラインKVB
お得になると思います。
詳しくは、
 カレンシーオンライン口座開設の利用
 KVB
をご覧ください。

シティバンクを利用すると
海外送金が便利でお得なことが
魅力に感じる人が多いでしょう。

海外在住者のために、
もう少し親切に説明してほしいと思います。ムード



SMBC信託銀行(旧シティバンク)のオーダーウォッチ(為替指値注文取引)

SMBC信託銀行(旧シティバンク)の
海外送金に関係するサービスとして
オーダーウォッチ(為替指値注文取引)
についてまとめます。
〔参考情報〕 千通貨単位の取引なら、
YJFX!の指値取引を利用しましょう。
外貨の買建て後に「現受」というサービスを利用するほうが
外貨両替手数料がお得になります。😃
 関連情報 YJFX!の現受
      外貨両替手数料の比較など


【オーダーウォッチ(為替指値注文取引)のメリット】
 ・希望するレートで外貨を手に入れる可能性

【オーダーウォッチ(為替指値注文取引)のデメリット】
 ・外国為替手数料は、SMBC信託銀行(旧シティバンク)の
   一般的な外貨取引と同じ失恋
   ※外貨現受(デリバリー)のほうが
    外貨両替手数料はお得になります。
      関連情報 YJFX!の現受


〔オーダーウォッチ(為替指値注文取引)のポイント〕
希望する外国為替レートを指定でき、
そのレートになると外貨取引が成立します。
 ※外貨の「買い」だけでなく「売り」、
  「ストップ注文」も可能です。
〔例〕
円ドルレートが118円のときに115円で1万ドル買い指値を入れる。
為替レートの変動で円ドルレートが115円以下になると
115円で米ドルを購入できる。
 ※1万ドルの払込金額は1円の手数料分を含めた
  116万円になります。

〔取引可能通貨〕
アメリカドル、 ニュージーランドドル、 カナダドル、
スイスフラン、 ノルウェークローネ、 
オーストラリアドル、 ユーロ、 イギリスポンド、
香港ドル

〔取引最低額〕
50万円相当額以上


SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行(旧シティバンク) からできます。




SMBC信託銀行(旧シティバンク)の外貨キャッシュカード、代理人カード

≪外貨キャッシュカード≫
SMBC信託銀行(旧シティバンク)のお得なカードに、
外貨キャッシュカードがあります。
 → SMBC信託銀行(旧シティバンク)  国内・海外で使う ※海外で使う

 gaikacashcard.jpg

【外貨キャッシュカードのポイント】
1.SMBC信託銀行の米ドル普通預金口座
(マルチマネー口座ではありません!)にある
米ドルを、アメリカ本土や
ハワイ、グアム、サイパンにあるATMから
 ・為替手数料がかからずに引き出せる。
 ・クレジットカードのように決済までの金利がかからない。
のが特徴です。わーい(嬉しい顔)
 ※小額でかまわないので新たに
   米ドル普通預金口座を作る必要があります。

2.外貨キャッシュカードで残念なのは、
 ・クレジットやデビット機能がない。
ことです。😖

ですから、基本的にキャッシュレスの支払いに
利用することはできません。
  注※ ごく一部の店舗ではキャッシュカードでの支払いは可能です。
ドル支払いのクレジットカードについては
 関連情報 SMBC信託銀行(旧シティバンク) ドルカード(米ドル支払のクレジットカード)
をご覧ください。

3.サプリメンタルカードが作れます。
 例:親のSMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座で
   もう一枚外貨キャッシュカードを作って
   子供がアメリカでキャッシングする。
    ※利用額は親の米ドルマルチマネー口座から引き落とし

アメリカで現金を利用することが多い人に
外貨キャッシュカードは利用価値があります。
 ※1日の最高引出額は3,000米ドル、
  1回2米ドルの利用手数料がかかります。


【お得情報!】
成田、関空、羽田、セントレア空港から
海外に出かける前に外貨現金が必要な人は
マネーパートナーズを利用することをすすめます。
※取扱通貨 :米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン
 関連情報 マネーパートナーズの空港でのお得な外貨現金受取り


[外貨キャッシュカードのメリット]
両替コストがかからずにキャッシングできることです。
 ※VISAデビットカードなど海外でキャッシングできるカードは
  2.5%〜5%あまりの両替コスト、その他手数料がかかります。


[外貨キャッシュカードのデメリット]
アメリカのATMを利用した米ドル現金のキャッシングに限られる。
(他の国では利用できない。)

SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行(旧シティバンク) からできます。

〔参考情報〕
マルチマネー米ドル普通預金口座と
米ドル普通預金口座の間の資金移動は
SMBC信託銀行(旧シティバンク)のサイト上でできます。
ですから、
 ・海外で運用していた米ドル資産
 ・日本の他の金融機関で運用していた米ドル資産
をSMBC信託銀行のマルチマネー口座に
米ドルのまま海外送金すると
あとはネット上の操作で米ドル普通預金口座に移動でき、
アメリカ滞在中は、外貨キャッシュカードで
キャッシングできます。
ただし、
 ・1日の最高利用限度額 3,000米ドル
 ・現金を持ち歩く危険
を考えると
高額の利用には適していないかもしれません。


≪代理人カード≫
一般的なSMBC信託銀行のキャシュカードには
他の金融機関では家族カードと呼ばれる
代理人カード があります。
  ※サイトリニューアル(2012/5)後
    SMBC信託銀行(旧シティバンク)のサイト内に説明がありませんが、
    電話で申し込むことができます。

 関連情報 国際キャシュカードは便利だかお得ではない

〔代理人カードの利用について〕
代理人カードについては
 ・1口座2枚まで発行
 ・1枚に付き1,050円の発行手数料
 ・代理人の本人確認書類を求められます。
 ・代理人カードの送付先は口座名義人の住所
と、なっています。

しかし、
家族それぞれが
SMBC信託銀行(旧シティバンク)に口座を持てば、
SMBC信託銀行(旧シティバンク)間の送金は、
土日、祝日、夜間でも一瞬で終わります。

ネットバンキングを利用して
家族間でお金を移動してから
キャッシュカードで引き出せばよいわけで
ひとつの口座で管理するより安全でもあります。

ですから、
 ・家族が海外や遠隔地にに住んでいる
 ・口座管理手数料がかからない残高を置けない
場合を除き、
それぞれがSMBC信託銀行(旧シティバンク)に
口座を持つことをすすめます。😃





SMBC信託銀行(旧シティバンク)の海外送金とキャッシュカード利用での注意

SMBC信託銀行(旧シティバンク)の利用カテゴリーでは
SMBC信託銀行を利用した
便利でお得な送金方法(=銀行送金)を紹介しています。

一方SMBC信託銀行(旧シティバンク)カードで
世界各地のATMでその国の現金をキャッシングができます。
 関連情報 国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない!

しかし注意してください。
日本以外の世界各地にあるシティバンクはすべて別会社です。

ですから
日本国内でA支店の残高を
同じ銀行のB支店のATMでキャッシングするように
 ・日本SMBC信託銀行キャッシュカードをつかって
 ・日本のSMBC信託銀行の外貨預金残高から、
   海外のATMで外貨をキャッシングする。
ことはできません
。❗

SMBC信託銀行(旧シティバンク)カードでキャッシングできるのは、
普通預金、もしくは
eセービング普通預金残高からだけです。

たまに
 ・FXでお得に外貨へ両替して
   SMBC信託銀行(旧シティバンク)にそのまま送金
 ・海外のATMでキャッシングする
と、お得と考える人がいます。

しかしこのような取引は
全くできませんので注意してください。😃
 関連情報 YJFX!の現受


〔例外:米ドルだけの外貨キャッシングサービス〕
SMBC信託銀行の米ドル普通預金口座に預けると
外貨キャッシュカードを使って
アメリカ国内(グァム、サイパン)のATMで
キャッシングできます。
 関連情報 SMBC信託銀行(旧シティバンク)の外貨キャッシュカード


SMBC信託銀行(旧シティバンク)の口座開設は

   → SMBC信託銀行(旧シティバンク) からできます。




プレスティア(旧シティ)ゴールドのメリット

海外で活動することが多く
SMBC信託銀行(旧シティバンク)に
1,000万円以上の金額を預ける余裕のある人は、
 ・海外送金手数料がすべて無料
 ・外貨キャシュカード利用手数料が無料
   (アメリカでの利用のみ)
などのメリットがある
シティゴールドがあります。🎶

プレスティアゴールド 優遇手数料一覧(PDF) から
SMBC信託銀行のゴールド会員サービスの
お得なポイントについてまとめます。

〔海外在住(予定)者への参考情報〕
1.SMBC信託銀行(旧シティバンク)への登録住所を
海外に移すときは注意して下さい。
(日本に連絡の取れる住所があれば
 その住所で登録すれば基本的に問題ないでしょう。)
2.海外で滞在するためのビザを得るために、
資産証明として英文残高証明が求められます。
SMBC信託銀行(旧シティバンク)からの残高明細の言語に英文を選ぶと
たいていそのまま残高証明として利用することができます。
3.一部の支店では5,000万円以上を預けると
ゴールドプレミアムというサービスを提供しています。
詳しくは
 関連情報 円建て送金、円貨建海外送金について
のコメント欄をご覧ください。


1⃣.国内送金手数料、海外送金手数料が無料
窓口、ATM(現金、バンキングカード共)、
電話取引、ネット取引すべてに
手数料がかかりません。💓
HSBCプレミアが日本を撤退したため、
送金回数にかかわらず手数料無料で
国内・国外両方の送金手数料が一切無料になるのは
SMBC信託銀行(旧シティバンク)だけです。
(一部のリッチ層向け銀行を除く)
 参考情報 海外送金手数料の比較

2⃣.外貨現金取扱手数料が無料
  ※1日あたり5,000米ドル、5,000ユーロまで
海外に出かけるときに必要な小額現金の手当て、
海外から持ち帰った外貨などの現金を
無手数料で預けることができます。😃
 参考情報 
 日本で外貨現金に両替するのはお得?
 海外生活を終えるときの外貨両替と海外送金

3⃣.外貨間の為替取引「クロスカレンシー取引」の割引
外貨から外貨へ両替するときの手数料が割引になります。
(円への両替は対象になりません。)
SMBC信託銀行(旧シティバンク)では
外貨を一度円にしてから他の通貨へ両替します。
そのさい
 ・外貨を円にするときの手数料が無料
 ・さらに他の外貨に両替するときの手数料が70%割引
になります。
よって外貨間の両替では、
三菱東京UFJ銀行の外貨預金とネットバンキングサービス
「ダイレクト」の利用と同程度になります。
〔参考情報〕
単純な外貨→円への両替なら、
 ・三菱東京UFJ銀行の外貨普通預金口座と
   ネットバンキング(ダイレクト)を利用する。
 ・新生銀行のパワーフレックス口座へ送金して
   円に両替する
のがお得になります。


4⃣.外国小切手の取立手数料が無料
 (通常1,000〜4,000円がかかります。)

5⃣.初回のキャッシュカード発行手数料が無料

6⃣.海外ATM利用手数料が無料
 (バンキングカード、外貨キャシュカードとも)
外貨キャッシュカードを使って、日本の収入をアメリカで
キャッシングして生活する人にとって、
毎回かかる2ドルの手数料が無料になるのはうれしいです。💓
 ※円普通預金残高から引き出すSMBC信託銀行カードは
   両替コストが高く、それほどお得ではありません。

 関連情報
 SMBC信託銀行の外貨キャッシュカード、代理人カード
 国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない

SMBC信託銀行(旧シティバンク)の
『プレスティアゴールド』のメリットをまとめました。




SMBC信託銀行(旧シティバンク)ドルカード:米ドル支払のクレジットカード

SMBC信託銀行(旧シティバンク)に
ドルカードがあります。
〔注意〕 
SMBC信託銀行のドルカードはクレジットカードで、
「SMBC信託銀行外貨キャッシュカード」とは
別のサービスです。
 関連情報 SMBC信託銀行の外貨キャッシュカード、代理人カード


SMBC信託銀行のドルカードは
 ・アメリカを中心に海外に出かけることが多い人
 ・米ドル支払いのサイトでよくショッピングする人

に便利でお得なクレジットカードです。😃
 
というのは   

1⃣.SMBC信託銀行のドル預金残高から
ドルで支払った利用額を引き落とすので、
事務手数料(外貨両替手数料)がかかりません。💓
  ※日系クレジットカードを利用して外貨でショッピングをすると、
    事務手数料は1.6%程度です。


ドルカードで支払うため、
円をお得に米ドルに両替する方法は
次に説明します。


ドルカードで年間2,700ドル以上利用するなら
日本のクレジットカードの事務手数料
(=外貨両替手数料)分で
年会費42ドル分を節約できる計算になります。
 ※家族カードは年会費がかかりません。

次にお得に円を米ドルに両替する方法です。

それは
2⃣.・円高のときに調達した米ドル
  ・日本のFXでお得に両替した米ドル
     参考情報 YJFX!の現受
  ・海外から受取った米ドル
を、SMBC信託銀行のマルチマネー米ドル普通預金口座に
預けておき、そのまま米ドルで支払うことです。😃
〔注意!〕 日本国内のVISA加盟店ではドルカードは利用できません。

〔参考情報〕
1.海外で長期に活動する人にSMBC信託銀行は便利ですが、
口座維持のためにある程度の預金残高を求められます。
 ※総額50万円以上、もしくは外貨建て20万円以上

しかし、SMBC信託銀行でドルカードを持つなら、
 ・SMBC信託銀行の残高にかかわらず
   口座維持手数料は求められません。🎶
  ・長期の旅行者は、現地でドルカードを使って
   旅行費用を支払うと60日カード付帯海外旅行保険
   追加できる。
というメリットがあります。✨

○カード付帯海外旅行保険がつく理由
(1)ドルカード保有者は、残高にかかわらず
口座維持手数料を求められません。

  → SMBC信託銀行 手数料について に
『SMBC信託銀行では月額2,100円を口座維持手数料として 
毎月第1営業日にお支払いいただいております。
ただし、以下のいずれかの条件を満たす場合、
口座維持手数料は無料です。
 ・・・・・〔省略〕・・・・・
前月※125日(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)時点で
SMBC信託銀行の提携クレジットカード会員である場合』
と書かれています。
 ・・・・・・・・・・
(2)SMBC信託銀行のドルカードに付く海外旅行保険は、利用付帯です。
つまり、クレジットカード付帯海外旅行保険の有効期限(90日)が過ぎる直前に
海外でドルカードを利用して交通費などを支払えば、
海外旅行保険をその時点から60日追加できます。💡
(それまでにSMBC信託銀行ドルカードで交通費を支払っていないことが条件)
 参考情報 海外旅行保険研究所 シティカードの裏技発見!

SMBC信託銀行のドルカードのメリット、
デメリットを以下にまとめます。

【メリット】

1⃣.クレジットカードなので、
カード決済日にSMBC信託銀行の
『マルチマネー米ドル普通預金口座』から引き落とされます。


当然ですが、アメリカでの支払に外貨両替手数料はかかりません。
 ・海外から受取った米ドル
 ・円高のときなどに調達した米ドル
  
から、そのまま支払うことができます。

また、カード利用代金の決済日に間に合うなら
ドルカードでショッピングしたあと、
 ・日本のFXでお得に両替した米ドルを
   SMBC信託銀行に入金して支払う。

こともできます。

2⃣.ドル建てカードとして
米ドル以外の通貨でもお得な手数料水準
アメリカ以外の国でドルカードを利用すると
外貨両替手数料として1.63%が加わります。

米ドル以外の通貨へは、提携銀行の対米ドルT.T.S.レート
(基準〔ミッド〕レートから1%程度割高なことが多い)
で計算するので、トータルで約2.6%程度
外貨両替手数料になります。
 ※たいていの国で発行されるクレジットカードと同じ手数料体系です。
  この点では、日系クレジットカードが
  基準レートに1.6%程度の上乗せ(ショッピング)
  もしくは上乗せなし(キャッシング)とお得になります。


3⃣.その他のメリット
というかこれが一番のメリットですが
(1)日本でお得に両替した米ドルから支払える。
また、以前から持っている米ドル預金から支払える。

○ドルカードで米ドル支払いするときのコツ
日本のFXを利用すると、SMBC信託銀行より
お得に円を米ドルに両替でき、
YJFX!なら外貨両替手数料はゼロになります。💓
 ※YJFX!からの出金に1,500円の手数料がかかるようになりました。😖
 ※※SMBC信託銀行なら千ドル当たり千円の外国為替(外貨両替)手数料

 参考情報 YJFX!の現受 外貨両替手数料の比較

当然ですが、
海外から受取った米ドルからそのまま支払う
こともできます。
〔注意!〕 YJFX!を利用してで得た米ドルをSMBC信託銀行に出金するには
3営業日かかります。(SMBC信託銀行の残高に反映されるのはその翌営業日
ですから、支払日の1週間程度前までに、YJFX!で米ドル出金までの手続きを
する必要があります。
 関連情報 YJFX!の現受

(2)利用付帯の海外旅行保険
海外の公共交通機関の料金をカード支払してから60日間、
カード付帯海外旅行保険が適用されます。

長期に海外で活動する人には
高額の海外旅行保険が必要ですが、
一般のカード付帯海外旅行保険(90日)と併用して
海外旅行保険料を節約できます。🎶
 参考情報 海外旅行保険研究所 シティカードの裏技発見!
 関連情報 カード付帯海外旅行保険を利用するときの注意
       カード付帯海外旅行保険はどこまで利用できるか

(3)利用ポイントを、翌年の年会費42ドルに当てることができる。
年間8千ポイント(約100ドルに相当)以上を獲得すると
ポイント残高から年会費42ドルを支払うことができます。
 ※1ドル120円とすると8千ドル=約96万円以上の
  ドルカードの利用が必要です。



【デメリット】

1.アメリカ、その他の国を含めて
ATMでのキャッシングができない

しかSMBC信託銀行(旧シティバンク)には、
アメリカでのキャッシングでお得な
外貨キャッシュカードがあります。
 関連情報 SMBC信託銀行(旧シティバンク)の外貨キャッシュカード、代理人カード

アメリカにたびたび出かける人にとっては
SMBC信託銀行だけで2つの支払方法があるため、
米ドル預金残高から
 ・ドルカードを使ってキャッシュレスで支払う
 ・必要な現金は、外貨キャッシュカードでキャッシングする

と使い分けることができます。😃
〔注意!〕
米ドルカードは「マルチマネー米ドル普通預金口座」から、
外貨キャッシュカードは「米ドル普通預金口座」からの引落になります。
(ちょっとややこしい)


アメリカのダウンタウンにあるATMの引出し限度額は
小額なことが多く、一方で高級店近辺には
キャッシングできるATMがなかったりもします。

しかしドルカードがあるなら
SMBC信託銀行の外貨キャッシュカードだけを利用して
 ・引き出した多額の現金を持ち歩く
 ・毎回ATM利用手数料2ドル、
  +現地ATM手数料を差し引かれる
必要はありません。

また、アメリカ以外の国では
他のクレジットカードを使ってキャッシングをしましょう。
いずれにぜよ海外に出かけるときは
二枚以上のカードを持つことは必須です。
 関連情報 クレジットカードの海外キャッシング

{参考情報} 
・SMBC信託銀行の外貨キャッシュカードについて
SMBC信託銀行の(マルチマネー口座とは異なる)
米ドル普通預金口座残高から
アメリカ国内やグァム、サイパンにあるATMから
キャッシングできる米ドル専用キャッシュカードです。
ドルカード※クレジットカード とは異なり
即時に米ドル普通預金口座残高から引き落とされます。
 関連情報 SMBC信託銀行(旧シティバンク)の外貨キャッシュカード、代理人カード




タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM