記事検索
 

海外で活動する人にSBIレミットは必携!

〔注意〕 口座開設は、パソコンからのみ申し込めます。
アンドロイド、I-Phone、I-Padからは申し込めません。
〔追加情報〕
同様のサービスを展開するenremitがあります。
この会社では、申込・取引ともに、
パソコン、アンドロイド端末、
I-Phone、I-Padから利用できます。
また、10万円までなら会員登録しなくても
本人確認書類をアップロードして
すぐに利用できます。(ゲスト送金)
 関連情報 enremitの海外送金
 10万円までを日本へ送金したいときに便利なenremit


SBIレミット
海外で活動する人の必携ツールです。❗

というのは、

T.海外滞在中、受取る国に

・銀行口座がなくても

・ネット上の手続きだけ

で、日本からの送金を受取れます。

 関連情報 SBIレミット+マネーグラム(moneygram)

〔実際の利用例〕
1.のむてつさんのサイト 
SBIレミット活用メモをご覧ください。
海外旅行中、ネットでSBIレミットのサイトで送金指示をし
フィリピン(マニラ) 中国(上海)  タイ(バンコク)
マレーシア(KL)のマネーグラムで受取った経験を
まとめています。
 ※銀行窓口より街中の受取指定場所の方が手続きが早いようです。

2.アメリカカナダでは、
現金ではなく小切手で受取ることが多いので
まとまった金額を送金するときには
小切手を換金する方法や手数料に注意してください。
 関連情報 
 アメリカでマネーグラムを利用した海外送金を受取るときの注意


わずか10分後に現地の指定受取場所で、
その国の現金※注1で受取れます。
 ※注1:銀行窓口なら「銀行小切手」での受取りも可能です。
  一部の国では、米ドル現金などの受取も可能です。
 関連情報
 SBIレミットを使いアメリカ以外で米ドル現金を現地でお得・便利に調達する方法

  → SBIレミット 受取拠点の検索


U.海外から日本への 小額 の送金にお得で便利
 関連情報 海外からの小額の送金 3万円まで

世界中のマネーグラム(moeygram)取扱店舗からの送金を
SBIレミットの受取サービス(出金手数料〜258円)で
受取ることができます。
 → SBIレミット 受取サービス  
 ※多くの銀行のネットバンキングで
  マネーグラム(moeygram)が利用できます。


〔注意!〕
1.日本を出る前に、SBIレミットに会員登録が必要です。
(佐川急便が、本人を確認して初めに利用する書類を届けます。)
 ※同様のサービスenremitなら簡易書留で届くので
  親族が受け取ることができます。
  また10万円までなら、会員登録なしで利用できます。
   関連情報 enremit


2.送金する国によっては、同一名義人への送金を
受け付けないことがあります。 例:タイ
 → 参考情報 ヤフー知恵袋より

3.国によっては、ある程度以上の金額を受け取ろうとすると
使途をたずねられたり、厳しい本人確認を求められます。


V緊急時※注1 に、
日本からのお金の受取りができます。

 ※注1:パスポートやカード、
  パソコンorタブレットを失くしたとき


海外の空港などにある日本語に対応しないパソコン
もしくは現地の知人から借りたタブレットからでも
SBIレミットのサイトで送金手続きをし
すぐに現地で現金を受取ることができます。
 ※パスポートの再発行は、大使館や領事部でできますが、
  たいていの日本のカードは現地へ直接郵送してくれません。


という海外で活動する人にとって
大切な3つのサービスが
SBIレミット1社で対応できます。✨

それぞれのメリットについて
以下にさらにくわしく説明します。


 SBIレミットの会員登録は
      
   → SBIレミット からできます。




T.海外滞在中で、

受取る国に銀行口座がなくても
SBIレミットのサイトから海外送金を指示して
現地ですぐに現金を受取ることができます。

 ※銀行窓口なら、銀行小切手での受取りも可能
 関連情報 SBIレミット+マネーグラム(moneygram)
  → SBIレミット 受取拠点の検索、 送金の流れ

SBIレミットに残高があれば、
わずか10分程度でお金が届きます。
 ※受取場所近くで海外送金の手続きをすれば、
  レファレンスナンバーを控え
  パスポートを持って受取場所まで歩けば
  すぐに受取れるくらいです。
💓

そのほか以下のメリットもあります。

 土日・祝日夕方でも受取可能
受取場所が、土日や祝日、夕方まで営業しているなら
その受取金融機関を受取場所に指定して
銀行の営業が終わっていてもすぐにお金を受取れます。
 ※SBIレミット 受取拠点の検索から、
  銀行以外の受取場所を探しましょう。


○ 銀行小切手での受取も可能(銀行窓口)
支払先が決まっているまとまった金額のお金なら、
少々手数料がかかっても銀行窓口で、
受取人名を入れた銀行小切手にして受取りましょう。

〔注意!〕
多額の現金を持ち歩くと、
犯罪に巻き込まれる可能性があります。
 ※日本なら気にしない金額でも、
  多くの国の現地の人にとって大金です。



  SBIレミットの会員登録は
      
          → SBIレミット からできます。




〔参考情報〕
1.銀行口座の開設には、けっこうな手間と
日数がかかります。
多くの国では、銀行口座開設に、就労ビザ、学生ビザ、
ワーホリ・長期滞在ビザを求められます。
またビザがあっても
・何日も前からアポイントを取る
・現地語の難しい金融用語を理解する
必要があります。

さらに最近では、短期留学やワーホリビザでは
銀行口座開設を断られるといったトラブルが起きています。
 例1:MIXIより:
 イギリスでの銀行口座開設がむずかしくなった?
 例2:中国の中国銀行では、口座開設するときに
 居住証明を求める銀行があります。

2.海外で小額の外貨が必要なとき、
クレジットカードを利用した海外キャッシングがお得です。
 関連情報 クレジットカードの海外キャッシング
しかし、
 ・利用限度額が限られている
  (30万円、学生なら10万円程度など)
 ・利用するATMのトラブル
  (お金が出てこない、
   カードがATMに取り込まれるなど) 
に気をつけてください。

さらに、クレジットカードの海外キャッシングは
日本だけのお得なサービスで、
 (数年前の貸金業法改正が関係)
カード会社に大きな負担になっているため
今後は手数料体系が変わっていく可能性があります。
 ※海外の一般的なクレジットカードのキャッシング手数料は
  両替レートの1%程度上乗せ、利用代金の5%です。

また、VISAデビットカードなど
海外で利用できるカードの利用手数料は
けっこう割高です。
 関連情報
 VISAデビットカード
 国際キャッシュカードなど
 
3.類似サービスの、セブン銀行を利用した
ウェスタンユニオンの送金先登録には
2営業日かかります。
 ※2014年3月30日よりネット上での登録が可能になりました。
  → セブン銀行の関連情報


そのほか、トラベレックスや大黒屋などは、
日本在住者が取扱店舗まで出かけて
手続きする必要があります。

また、ブラステルレミットなど
その他の海外送金サービスは
残念ながら受取国は限られます。
 関連情報 セブン銀行の海外送金
 ブラステルレミット


【参考情報】
2017年版 海外旅行保険を180日〜無料にする方法
 〃   一時帰国したときのレンタルWiFiルータとsimカード
スマホで読む人のための案内



U.小額の海外から日本への送金に便利でお得

海外で活動していると、
どうしても日本の銀行へ送金したいときがあります。
 例:現地通貨で給与を受取る人の日本の家族への仕送り
  日本で税金や公共料金支払、奨学金返済など 
   

ところが小額を送金しようとすると
驚くほど手数料が差し引かれます。

(例:銀行窓口で別途海外手数料を払って1万円を送金しても、
  日本でさらに4,000円を差し引かれ、受取額は5千円程度など)
 しかし、ビットコインなど新しい通貨の利用は
 まだまだ難しいでしょう。


ところが、
SBIレミットと海外のマネーグラムを利用すると

1.3万円程度までなら、
・アメリカから千円程度
  (10万円相当額でも2,500円程度)

・その他の国からなら2千円前後
で、日本の銀行口座へ送金できます。
  ※送金手数料は→ マネーグラム(moneygram)のサイト
   で確認できます。


2.SBIレミットの会員は、
258円までの手数料差し引かれるだけで
SBIレミットに登録した日本の銀行口座へ入金できます。
 (住信SBIネット銀行なら51円)

と、大変お得です。😃

つまり、

1.SBIレミットの会員は、
海外で活動しているとき
世界中のマネーグラムの取扱店舗から
  ※現地に銀行口座がなくても
    パスポートさえあれば、他の国へ海外送金できます。

・マネーグラムを利用できる銀行の
  ネットバンキングでマネーグラムを利用して
日本へ海外送金できます。

そのほかの利用法として

2.SBIレミットの会員は
世界中のマネーグラムを利用した海外からの送金を、
 258円までの手数料だけで
  日本の銀行口座で円で受取る

ことができるのです。😃
 関連情報 海外からの小額の送金 3万円まで
 海外滞在中の税金、公共料金などの支払いに「ちょこむ」と「ペイジー(Pay-easy)」


  SBIレミットの会員登録は
      
        → SBIレミット からできます。




〔参考情報〕
1.海外から銀行送金すると、
窓口でかかる海外送金手数料(千円程度〜数千円)
だけでなく、中継銀行手数料、
さらに日本の受取銀行で
4,000円の手数料が差し引かれます。
  ※新生銀行やシティバンクは2,500円
 関連情報
 海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、中継銀行手数料

2.マネーグラムで外貨を円に両替する上乗せレートは、
主要国通貨の場合、一般銀行より少し割高です。
その他の国の通貨への両替コストは
4%程度となっています。

しかし小額の送金なら、金額にかかわらず
かかる海外送金手数料の節約が大切です。
 ・現地での海外送金手数料
 ・日本でかかる受取銀行手数料
を含めると、小額なら
SBIレミットで受取るほうがお得になるるでしょう。
(一般銀行での両替と比較して3%割高でも、
 3万円ならその差は900円)

3.海外からの小額の日本の税金や
公共料金などの支払などには、
ちょこむ(Pay-Easy)が便利です。
 関連情報
 海外滞在中の税金、公共料金などの支払いに「ちょこむ」と「ペイジー(Pay-easy)」

4.家族などへの送金なら、現地金融機関で
海外で使えるカードを作り、
日本のセブンイレブンなどで
キャッシングしてもらうことも可能でしょう。
 海外からの送金
 現地国金融機関で円に両替して送金、デビットカードの利用

【参考情報】
2017年版 海外旅行保険を180日〜無料にする方法
 〃   一時帰国したときのレンタルWiFiルータとsimカード
スマホで読む人のための案内



V緊急時 でも、日本からの送金を受取れる。
SBIレミットの会員なら、パスポートやカード類を紛失しても
日本からの送金を受取ることができます。

〔参考情報〕
緊急事態に日本からのお金を受取る方法として
パスポート送金があります。
しかし、この方法は日本在住親族などに負担をかけます。
 関連情報 パスポート送金 

さらにSBIレミットなら、
ローマ字入力ができる端末(日本語非対応)からでも
送金手続きができます。😃
〔注意1〕
パスポートは、
現地の日本大使館や領事部で再発行
できます。
しかし、たいていの再発行カードは
現地への郵送はしてくれません。
 (郵送できても届くまでに日数がかかり、
  また確実に届くとは言えない国もあります。)
 ※カード会社の海外での緊急時の対応例
  ・三井住友カード 海外でのカード紛失・盗難の際は
  ・JCBカード 海外専用緊急再発行カード

〔緊急時の参考情報〕
1.SBIレミットのサイトは、日本語に対応しない端末でも
英語名「SBIremit」で検索すれば
すぐ見つかります。
2.SBIレミットのIDとパスワードを忘れても、
登録したメールアドレスを覚えていれば、
SBIからの返信メールでIDとパスワードを確認できます。
→ SBIレミット
   ユーザーネーム・ログインパスワードのお問い合わせ
  ※名前入力はローマ字なので、
   日本語に対応しないパソコンでも対応可能


〔注意2〕
SBIレミットは、本人からの入金のみを受付けます。
 → SBIレミット 4つの送金サービス
ですから、日本在住親族などに入金してもらうには
 ・ゆうちょ振替払込カード
  → SBIレミット ゆうちょ振替払込カード
 ・銀行ATMで利用できる送金カード
を前もって渡しておくとよいでしょう。
そのほか
 ・コンビニ送金を利用する。
 →SBIレミット コンビニ送金
こともできます。

海外から日本のネットバンクを利用して
日本のSBIレミットの指定受取口座へ送金したい人は
利用する銀行が
・日本語に対応しないパソコンでも
  利用できるかかどうかを確認
・前もって自分を受取人として
  SBIレミットに登録しておく
ことをすすめます。
 例:SMBC信託銀行は、SBIレミットを送金先登録しておけば、
  その後は日本語非対応の端末からでもログインと
  送金指示ができます。
  (トークンがなくても、登録がすんでいる口座への
   振込・送金ができます。)
  SBIレミットの申込時に、
  「インターネット送金用銀行口座」
  としてSMBC信託銀行以外を選んでください。
  SMBC信託銀行からSBIレミットの
  SMBC信託銀行の受取口座へは送金できないので、
  もしSMBC信託銀行が指定されてるなら変更すると良いでしょう。 
  (「どの銀行でも良い」を選んでも、
    まずSMBC信託銀行があたることはないでしょう。)

SBInetsokin1.jpg

SBInetsokin2.jpg


〔緊急時にネットバンクから
 SBIレミットへ送金するときの注意!〕

1.日本語に対応しないパソコンやタブレットでは、
合言葉を全角文字入力する
銀行サイトを利用できません。 例:ソニー銀行、楽天銀行
2.ウェブメールでワンタイムパスワードを受取れない銀行は、
新規送金先の登録ができないでしょう。 例:楽天銀行 
 関連情報
 楽天銀行の海外送金 IP制限解除とプロバイダーメールアドレスの必要

  
以上、
・受取国に銀行口座がなくても
  日本からの海外送金を受取れる。

   (海外から自分で送金指示することもできる。)
・日本への小額送金にお得
・緊急時の対応

という点から、
『海外で活動する人にSBIレミットは必携!』
といえる理由を説明しました。😃


  SBIレミットの会員登録は
      
    → SBIレミット からできます。







この記事へのコメント
山田様

お世話になっております。

今SBIレミットの公式サイトに行って新規申込をしてきましたが、SBIレミット入金用口座について「(* シティバンク オンラインからSBIレミットの口座に入金できません。)」と赤字の注意書きがありました。

(↑新規会員登録ページの、「その他」の項目の中のヘルプ「インターネット送金用銀行口座とは?」を踏むと、その記述があります。)

山田様の記事中には「シティバンクは、SBIレミットを送金先登録しておけば、その後は日本語非対応の端末からでもログインと送金指示ができます。」とありましたが、その操作は「シティバンク オンライン」とはまた別のものなのでしょうか?
Posted by chihiro at 2014年04月23日 23:56
chihiroさんへ、
わたしが気づいていなかった点を指摘してくださり、ありがとうございます。

私の場合『どこの銀行でも良い」を選んでおいたので、SBIレミットの受取口座はみずほ銀行の口座になっています。ですからシティバンクから送金できると判断していました。
正確な情報を確認したいのでSBIレミットに確認します。
回答が来るまで少しお待ちください。
Posted by 山田 譲 at 2014年04月24日 00:10
山田様

ご返信ありがとうございます。

ちなみに、その赤字の注意書きは4銀行の選択肢(みずほ、シティ、三井住友、りそな)の内、シティバンクの後ろに付いていたので、

“シティバンクの口座を持っている人がシティバンク オンラインを使って、SBIレミットのシティバンクの入金用口座に振り込む事はできないよ”という意味かと思います。

もしかしたら、シティバンク オンラインで他の3銀行の口座には振り込めるのかもしれません。

(その事の理由はどんなに考えても謎ですが…。)


私も「どこの銀行でも良い」を選びました。国内外でネット/テレホンバンキングが確実に使えるUFJダイレクトで振り込み入金の指示をする考えです。

いずれにしてもこの送金方法では円だけでしか入金できない(=「予めFXでお得に両替してから外貨で送る」という例の段取りが使えない)ので、細かい手数料を気にしても仕方無いというか、どちらかというとあくまで緊急的な手段ですよね。
例えば「クレジットカードの海外キャッシング+繰り上げ返済」の代わりになるような。

そのように理解しています。
Posted by Chihiro at 2014年04月24日 10:25
Chihiroさんへ、

回答が届きました。
シティバンクのシステムの関係で、シティバンクオンラインからSBIレミットのシティバンク受取口座への送金はできず、シティバンクの改善はまだできていないとのことです。

ということで、シティバンク以外の銀行を選び(シティバンクをすでに選んでいても変更可能)、シティバンクからその銀行口座へ送金することができます。

海外で活動していて大変困ることのひとつは、お金を受取れないことです。
(カード、パスポート、ネットバンクのログインIDやパスワードが利用不能になる、送金受取に予想以上の日数がかかることもあります。)
そんなときの備えとしてSBIレミットは便利なサービスだと思います。
Posted by 山田 譲 at 2014年04月24日 18:57
山田様

そうだったのですか。シティ→シティが駄目、って、不思議なシステムですね。
わざわざお調べいただき、ありがとうございました!
Posted by chihiro at 2014年04月27日 09:48
こんにちわ!当ブログが「SBIレミット」のキーワード検索で上の方に表示されていましたので、私の経験談(というか失敗談)をシェアするために投稿させていただきます。
本年(2016)初めに、USのある(大都会でない)町にいる日本人の知人にSBIレミットを利用して20万円送金しました。SBIレミットでの送金手続き自体はすんなりいったのですが、知人が現地での現金入手にとても苦労しました。具体的にはいざ提携先の店舗に行って20万円相当のドルを受け取ろうとしたところ、「今は現金が無い&提携先には現金渡しの上限がある。5万円分は現金で渡すが、あとは銀行小切手で」と言われてしまったそうです。(ちなみに銀行小切手はその銀行に口座がないと換金時に高い手数料をとられますので、高額の場合に小切手が必須となるのであれば、わざわざ手数料節約のためにSBIレミットを使う意味がありません)
そんなこんなでSBIレミットやMoneygram社のコールセンターに電話で色々と聞いて、今回分かったことは下記です。
1) SBIレミットの提携先であるMoneygram社の提携先は数が多いですが、提携先ごとに現金で受け取れる上限金額が設定されています。(しかしMoneygram社のHPには店舗毎の上限の記載がないので実際にいくらまでなら現金で受け取れるのか、知るすべがなさそうです) 
2) 大都市のWallMartなどは上限額も大きいようですが、普通の街のスーパーやコンビニ的なところでは数万円以上は現金で受け取れないようです。ゆえに大都市でない街に旅行でしばらく滞在しているような場合には、手数料節約の目的でSBIレミットを使って高額の送金をしても実際には現金の入手に苦労しそうです。
3) SBIレミットは結局は「Moneygram社に取り次いでいるだけなので現地での換金トラブルには関与しない」とのスタンスのようです。当方はSBIレミットを使って送金したと思っていましたのでSBIレミットのコールセンターの方に上記の事情を相談したのですが、「当社の送金処理は完了しているのでそれ以降は関与しない。Moneygram社のコールセンターの電話番号を教えるから自分で交渉してほしい」の一点張りでした。
私がたまたま例外的なケースに該当したのであって皆様はスムースにお取引できているもかもしれませんが、とにかく「高額を送って現地で受け取る」のであれば事前に確実に現金化できる提携先の店舗を(コールセンターに電話するなどして)確認することをお勧めします。(ちなみに両社ともコールセンターは一応日本語を話す外国の方でしたが、細かい話になると通じないことも多く、最後は「もし英語を話せるならUSのMoneygramに直接電話してほしい」とのことで、サポート品質には不満が残りました。)
Posted by いしだ at 2016年03月18日 23:08
いしださん、ようこそ。

アメリカでのマネーグラムの取扱いについての情報に感謝します。SBIレミットを利用して日本からアメリカへ送金する場合は
『アメリカやカナダでマネーグラムを利用した海外送金を受取るときの注意』
http://kaigaisokin.seesaa.net/article/415513496.html
に説明していましたが、この記事にも情報を追加しておきました。

海外送金では思いもかけないトラブルがよく起こります。たとえばSBIレミットと同様に銀行から海外送金してトラブルが起きても、送金銀行は最初の中継銀行までしか責任を取りません。残念ながら何度か利用して実際に使い慣れた方法が一番というのが現状かもしれません。
すっきりした方法で安い手数料で海外送金できるようになってほしいと思います。
 参考情報 ビットコインの利用
 http://kaigaisokin.seesaa.net/category/24295310-1.html
Posted by 山田 譲 at 2016年03月19日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394050580
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
0120 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM