記事検索
 

『海外駐在・移住税務ハンドブック』の要約と追加情報

最近は海外駐在だけでなく、
ロングステイなどを含め
海外へ移住する人が増えています。

ところで日本国籍のまま海外在住を続ける限り、
どうしても日本の税金が関係します。
国税庁もさまざまな税金逃れを摘発しています。
 → 国税庁 税の役割と税務署の仕事
   国際的租税回避行為への対応
     ※国税庁WEB-TAX TV

海外で活動する人が、
日本の税金、住む国の税制を知るため
海外駐在・移住税務ハンドブック」を
税金に関する質問に回答してくださる田邊税理士が
紹介してくださいました。
 (→ 海外送金.comスタッフ紹介より)
 


この「海外駐在・移住のための税務ハンドブック」は、
海外在住者に
 ・日本の所得税、相続・贈与税がどのようにかかるか
さらに
 ・アメリカ、イギリス、スペイン、カナダ、
  オーストラリア、ニュージーランド、ドバイ、
  インド、タイ、シンガポール、マレーシア、
  ベトナム、インドネシア、香港各国での
  所得税と相続・贈与税の取扱い

について詳しく説明しています。
各国別の情報は
 海外駐在・移住税務ハンドブックの要約(各国編)
にまとめています。
このページでは、基本的な情報を確認できます。

【納税代理人について】
海外在住になる人の中には
  ・海外にでかけるまでに日本での未処理の税金
  ・日本に住民登録がなくてもかかってくる税金に対応する
ために、納税代理人を立てる必要があります。
特別な資格などは求められませんので、
(親族、税理士など)誰を指名してもかまいません。
所得税だけでなく、固定資産税などの税金についても
同じ人を指名することができます。

〔お断り〕
1.読者にできるだけわかりやすい言葉で説明します。
そしてサイトオーナーは税理士ではありませんので、
法律用語としては正確でないことがあります。
不明な点や詳しい内容については
海外駐在・移住税務ハンドブック」から確認してください。
2.日本国籍を持つ人を対象に説明します。
3.田邊税理士より、海外駐在・移住ガイドブックに
説明のない情報をいただき
〔追加情報〕として説明しています。

まず海外在住者にとっての日本の所得税、
相続・贈与税についてのメリットをまとめます。


T.海外在住者(非居住者)と日本の所得税

1.非居住者の定義
1年以上海外に滞在するため市町村役場で
海外への転出届けを出した人は「非居住者」になります。
その他、海外旅行に出かけた人が1年以上旅行を続けると
1年後以降に「非居住者」になります。

ただし税金面で海外在住者のメリットを受けるには、
単に住民登録を抹消するだけでなく、
実際に海外に住んでいることを示す必要があります。
〔追加情報〕
「生活の本拠(=住所)」が日本国内にない
ことが前提です。

〔参考情報〕 
2006年ハリーポッターの翻訳者松岡佑子さんの
所得税に関して、住所がスイスか日本かが
問題になりました。
→ 参考URL 税理士法人わかば
  国際税務ニュース こみみはふくみみ 

2.海外在住者(非居住者)の
日本の所得税のメリットなど
外在住者(非居住者)は、日本在住時の
税負担と比較すると軽減されることがあります。

そのため住む国の物価水準にもよりますが、
外国人として生活するためにかかるコストを含めても
経済的に余裕が生まれることがあります。

以下にいくつかのポイントをあげます。

(1)日本国内で発生する所得からの
源泉徴収だけになります。
だたし不動産収入は日本で確定申告が必要です。
(当然ですが固定資産税もかかります。)
また居住者のように源泉徴収で払い過ぎた部分を
確定申告して取り戻すことはできません。
〔追加情報〕
<源泉徴収で課税関係が終了する所得(非居住者の場合)>
  所得の種類            課税方法
日本の銀行預金利子      「15%」の源泉分離課税
日本の上場株式の配当金    「7%」の源泉分離課税
                (平成23年12月31日まで)
  (日本の未上場株式の配当金は「20%」の源泉分離課税)
日本の株式の譲渡益       原則、非課税
(事業譲渡類似株式、国内滞在中の株式等の譲渡は
 「15%」の申告分離課税)

日本での給与           原則、非課税
 (国内勤務の対価は「20%」の源泉分離課税 また、
日本法人からの役員報酬も「20%」の源泉分離課税)

 ※租税条約の軽減税率が適用される場合があります。
 ※株式の譲渡益は、原則、非課税となります。

そのほか事業所得など源泉徴収されない所得は
確定申告をして納税する必要があります。
なお、使用料など租税条約で
免税とされている所得については
実質的に非課税となります。
そのほかの源泉徴収されない所得については
実質的に非課税となります。

〔追加情報〕
【非居住者の不動産関係の所得、確定申告とアドバイス】
不動産関係の所得は源泉徴収されたうえ
確定申告が必要となります。
源泉徴収で取られ過ぎた分は、居住者と同様
確定申告により取り戻すことができます。

不動産関係の所得は確定申告が必要となり、
所得計算自体は居住者と同じですが、
住民税がかからないため、
 ・不動産所得は最高で40%
  (居住者の場合50%)、
 ・不動産譲渡所得で長期の場合は15%
  (居住者の場合20%)、
 ・短期の場合は30%
  (居住者の場合39%)
となります。

それ以外の所得は10%〜20%の税率で源泉徴収され
課税関係が終了するものが多いです。
日本株のキャピタル・ゲインや日本国債の利子などは
非課税となるほか、住民税もかかってきません。

<非居住者の確定申告>
・国内源泉所得のみ課税
つまり不動産所得、不動産譲渡所得以外の
ほとんどの所得が源泉徴収で課税関係が終了します。
【アドバイス】
非居住者なってから含み益のある資産を売却すると、
節税になります。

(居住地国の税制を事前にチェックすることが必要です)

【不動産所得の確定申告】
・賃料収入の20%が源泉徴収されます
 (但し、賃借人が個人で居住用の場合は不要)
・確定申告による総合課税
 (住民税が課税されないため、最高40%の累進総合課税)
・所得控除が3つに制限される
(基礎控除、寄附金控除、雑損控除のみ)
【アドバイス】
不動産所得・不動産譲渡所得は総合課税のため、
不動産を法人所有にするなど事前の対策により
節税になります。

 (居住地国の税制を事前にチェックすることが必要です)

(2)租税条約を結んでいる国に住んでいる場合、
日本で支払った源泉徴収額を考慮して納税額を調整します。


3.海外在住(非居住)者の主な所得に関する税金

(1) 日本の給与所得
〔追加情報〕
給与所得については、勤務地国課税が原則と
なりますので、日本で支払われる家族手当などは、
日本で課税されることはありません。
(日本法人の役員である場合を除く)。

(2)日本の公的年金
日本年金機構に海外在住(非居住)になることを
申告する必要があります。
非居住者として源泉徴収され、その後
住んでいる受取った国で所得税を納めます。
ただし、国によっては
 ・住んでいる国での所得だけに税金がかかる
   賦課方式(領土主義)である
 ・年金から税金を取るシステムがない
ため、住んでいる国で日本での収入を受取っても
税金がかからないことがあります。
 (例:シンガポール、マレーシア)

〔海外在住者の厚生年金源泉徴収例〕
2ヶ月ごと40万円(月当たり20万円)の年金を支給される人の場合
(40万円-6万円×2ヶ月)×20%=5.6万円 
が源泉徴収されます。(手取り約34.4万円)
※住んでいる国で日本での年金所得に税金がかからないなら
日本での源泉徴収以外は非課税となります。
〔参考情報〕
日本居住者として公的年金を受取ると、その他の所得と合算して
所得税、国民健康保険税がかかります。
ところでたいていの国の民間医療保険は日本の国民健康保険ほど
高額負担ではありません。


(3)日本株式の配当
・未上場株式:20%の源泉徴収
・上場株式 :7%   〃

(4)預貯金の利息:15%の源泉徴収
※地方税はかかりません。

(5)受取家賃:家賃の支払者がもっぱら
自己または親族が住む場合
家賃から必要経費を差し引いて確定申告します。

(6)日本の株式売却益:原則非課税

(7)日本の不動産売却益:
    居住者と同じ課税、ただし住民税は非課税

(8)ストックオプション:給与所得扱い

海外駐在・移住税務ハンドブックの購入は、
以下の画像をクリックしてください。



海外送金・海外投資の税金対策、
税務署からのお尋ねえの対応と海外口座のトラブルは
 → 『海外送金.com』まで
    ※追加情報をくださった田邊税理士のサイトです。

U.海外在住者と日本の相続税・贈与税
非居住者として海外在住が5年10年を超えると、
制限納税義務者」となります。
5年未満10年未満では、相続・贈与税については
  日本在住者と同じ扱いになります。)
2017年税制大網
→国税庁HP No.4138 相続人が外国に居住しているとき
 ※平成29年4月1日以後適用されます。

【「制限納税義務者」のメリット】

○ 相続税
被相続人(遺産を残す人)、相続人(受取る人)の
両方が海外在住5年10年超の場合
相続税は日本国内の財産のみが対象になり、
海外の遺産に対する課税は
その国の法律に従うことになります。
また5年超海外在住(非居住)者の親が支払った
海外の保険を、同じく5年超海外在住(非居住)者の
制限納税者が受け取っても
日本の相続税の対象には含まれません。

○ 贈与税
贈与する人、受ける人の両方が海外在住5年10年超の場合
財産の贈与については、その国の法律に従って
課税されます。
 参考URL 国税庁HP 
 No.4138 相続人が外国に居住しているとき

ところで国によっては
 ・相続税や贈与税がない国
 ・相続税や贈与税が日本より低い税率

ということがあります。
(例:シンガポール、マレーシアは
 相続税、贈与税はありません。)
〔サイトオーナーの追加情報〕
1.日本⇔アメリカ、イギリスとの間で
相続税の調整ができます。
日本は遺産を受取った人が相続税を納めますが、
アメリカでは遺産を残した人に対して
相続税が課税される仕組です。
親がアメリカで財産を残して死亡すると、
日本の相続税が関係する子供がいる場合
日米双方で相続税を納めることになりますが、
この取り決めで調整することができます。

2.海外在住者は以下の平成24年度税制改正の対象外です。
〔平成24年度税制改正の一例〕
日本の居住者が毎年12月31日時点で5,000万円超の
海外預金口座・不動産・株式などの国外財産を
保有していると所轄の税務署への申告が
義務付けられます。
→ 参考情報 海外送金.com 
  海外資産が5,000万円超は報告・申告が義務付けられる

3.今後さらに相続・贈与税が厳しくなる可能性があります。
 例:外国籍の子どもや孫に対する課税強化など
 参考URL BLOGS
 日本人は相続税から逃れられないのか?


相続・贈与税の関する制限納税者のその他メリットなど

1.相続税については「小規模宅地等の特例」が
海外の不動産にも適用されます。
 ※参考URL 国税庁HP (小規模宅地等の特例)
  No.4124 相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例
この特例は、海外の不動産にも対象になります。
ただし、相続開始3年前以内に日本国内にある
自分または配偶者の所有する家屋に住んでいないことが
条件になります。

〔参考情報〕
贈与税については
@海外の不動産は、夫婦間での居住用不動産の特例には
含まれません。
 (国内の不動産のみに適用)
→ 国税庁HP 
 No.4452 夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除

A親子間で不動産取得の非課税特典には
海外不動産は含まれません。
 (国内の不動産のみに適用)
 → 国税庁HP 
 No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

B65歳以上の親から20歳以上の子へ贈与を
相続時の課税を選択する
相続時精算課税(特別控除2.500万円)は、
海外の不動産購入にも
適用されます。
→ 国税庁HP No.4103 相続時精算課税の選択
  その他の情報  
  国外財産の贈与を受けた場合の相続時精算課税の適用
  受贈者が外国に居住している場合の相続時精算課税の適用


海外在住者にとっての所得税、相続・贈与税は以上です。

各国別の詳しい情報は、
海外駐在・移住税務ハンドブックの要約(各国編) 
をご覧ください。

海外送金・海外投資の税金対策、
税務署のお尋ねへの対応と海外口座のトラブルは

 → 『海外送金.com』まで
    ※追加情報をくださった田邊税理士のサイトです。

海外駐在・移住のための税務ハンドブックは、
以下のリンク先から購入できます。


アマゾンで売り切れのときは、
楽天からも購入できます。

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM