記事検索
 

海外からの小額の送金 3万円まで

海外で活動していると、
さまざまな支払いのため
日本の銀行口座へ
小額を送金したいときがあります。

しかし、海外から日本の銀行口座へ送金すると
驚くほどの手数料が差し引かれ
何のために送金したのかわからないくらいの
金額しか受取れません。

 一例
  窓口で1万円程度に送金手数料を加えて払ったのに
  日本に届いた額は6千円程度と半分以下、など
😞

少額を海外送金したとき
実際に合計でどんな手数料がかかるか
以下にまとめます。

1.送金する国でかかる海外送金手数料
   ※安い国なら千円程度〜
     高い国なら数千円相当額まで

2.中継銀行手数料
(かからないこともあります。)

3.たいていの日本の銀行で
  ・リフティングチャージ2,500円
   +被仕向手数料1,500円
   の合計4,000円(海外からの円送金の場合)
     ※SMBC信託銀行と新生銀行は中継銀行手数料2,500円

もしくは
  ・被仕向手数料 1,500円
   (外貨送金を円口座で受取る場合)

  ・リフティングチャージ+被仕向手数料の
    合計4,000円
    (海外から外貨送金して外貨口座で受取る場合)

 関連情報 中継・受取銀行手数料
 海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、
 中継銀行手数料


〔参考情報〕
海外からの送金を受取る手数料例
・三井住友銀行 → 外国関係手数料のご案内(PDF)
 ※2ページ 2.被仕向送金(1)外国からの被仕向送金

しかし日本でも新しいサービスがいくつか始まり、
小額でもお得に利用できる方法が生まれています。😃

ここでは、3万円 までの
海外から日本への
お得な送金方法について紹介します。


1.transferwise

まだ日本へ送金できる国が限られます。※注1

※注1 日本へ送金できる国
         2018年3月現在
アメリカ、イギリス、ユーロ圏、
オーストラリア、ブラジル、カナダ
スイス、チェコ、デンマーク、
ハンガリー、ノルウェー、ニュージーランド
ポーランド、スウェーデン
シンガポール、ルーマニア、ブルガリア
 ※香港→日本の送金には利用できません。


しかし、メリットは

1.手数料は、送金額の1-1.5%程度
   ※最低額は日本円換算で500-750円程度
   (送金国によって異なります。)


2.受取銀行手数料なし
日本への通常の銀行送金なら、2,500円〜4,000円
円送金なら、さらに6,000円といった手数料が
差引かれないのは助かります。

3.受取人は、
  ・日本に銀行口座を持つ人なら誰でもOK
    ※受取人はマイナンバーは求められません。
     (2017年2月現在、今後変更の可能性あり)


  ・日本非居住者でも、
    現地国で求められる条件を満たせば
    海外在住を宣言して送金できる
     ※日本を出てからでも利用可能です。

  ・海外の銀行からの送金を受取れない
    たいていの金融機関でも受取れる。

というのが最大のメリットです。

一方で、デメリットとして
1.基本的に現地国にtransferwiseが指定する
金融機関へ国内送金できる銀行口座がない人は
利用できません。

2.100万円までの送金では
カタカナ入力が必要なため
日本語対応のデバイスが必要
※日本語対応でなくても、
メールアドレス宛送金、
TransferWiseユーザー向け送金ができます。

詳しい情報は、
 関連情報
送金する国別のTransferWiseの利用方法
http://kaigaisokin.seesaa.net/category/26624683-1.html
をご覧ください。


2.マネーグラム
SBIレミット、もしくはenremit

メリットとしては

1.海外から送金するときに、
現地国での銀行口座がなくても
日本の銀行口座へ送金できます。

2.驚くほど多くの国から
日本へ海外送金できます。

デメリットとしては
日本を出る前に
SBIレミットやenremitに
口座開設しておく必要があります。
 関連情報
 SBIレミットは海外で活動する人に必携!

送金する国でかかる手数料は
→ マネーグラムのサイト
から確認できます。
〔重要な情報〕
SBIレミットは、2016年1月1日以降
新たに会員登録する場合
マイナンバーが必要です。
また2015年末までに会員になっている人も
順次マイナンバーの提出を求められます。
(スケジュールは未定のようです。)
 ※「内国税の適正な課税の確保を図るための
   国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」により

他の海外送金業者も、マイナンバーを求られるなどの
措置が取られる可能性があります。


(1)SBIレミットの会員は、
マネーグラム経由の海外送金を
登録した日本の自分の銀行口座で
258円の手数料で受取ることができます。
 →SBIレミット 受取サービスの説明

(2)enremitの会員は、
マネーグラム経由の海外送金を
登録した日本の自分の銀行口座で
270円の手数料で受取ることができます。
 ※10万円までなら、会員登録していなくても
ゲスト受取を利用できます。
(本人確認書類は必要)

 →enremit 送金受取の説明  

〔注意!〕
1.SBIレミットは、日本を出る前に会員登録が必要です。
(会員登録後に届く書類を佐川急便で受け取るさい
 運転免許証などで本人確認を求められます。)
2.enremitは、簡易書留で会員登録後の書類を届けます。
(在住親族が書類を受け取れるかについては、
 最寄の集配郵便局でたずねてください。)
3.送金する国によっては、同一名義人への送金を
受け付けないことがあります。 例:タイ
 → 参考情報 ヤフー知恵袋より
〔追加情報〕
1.マネーグラム→SBIレミット
   →銀行口座への入金をした流れを
 関連情報
 少額の海外からの送金にお得な『マネーグラム→SBIレミット→銀行口座へ入金』実際の手続き
にまとめました。
〔参考情報〕 普通に海外の銀行で円に替えて送金すると、
現地の送金手数料だけでなく受取る日本の銀行で
たいてい4,000円が差し引かれてしまいます。😖
 関連情報
 海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、中継銀行手数料

以下に、SBIレミットとenremitの
海外からの送金受取りついて
メリットとデメリットを説明します。

〔メリット〕
1.3万円程度の海外送金にかかる手数料は
(1)現地国での海外送金手数料:
   アメリカからは約千円
   他の国からは2千円程度まで
  ※送金手数料は、マネーグラム(moneygram)のサイト
   送金国、受取国を選ぶと仮計算できます。

以下の画像は、アメリカから日本へ
250ドル送金するときの計算例
 (クリックすると拡大)

   
moneygramUSA.jpg
        
(2)受取手数料は、
  ・SBIレミットで差し引かれる258円
    ※3万円未満なら165円、
     住信SBIネット銀行で受取るなら51円
  ・enremitで差し引かれる270円
    ※3万円未満なら172円、
     ジャパンネット銀行で受取るなら54円

2.SBIレミット、enremitの会員は、
日本から海外への100万円までの
 ・自分あて海外送金
 ・海外の受取人あての送金

をすることもできます。
(おもに現地指定場所での受取り)😃
 ※フィリピン、中国では銀行口座への入金もできます。

3.現地に銀行口座がなくても
   (海外旅行中でも)
 ・ネット取引を利用して日本から海外へ
パスポートと現金だけ
 ・現地国のマネーグラム取扱店舗から
   日本など他の国へ海外送金できます。
もよりの取扱金融機関の検索は、
マネーグラム の Find Location からできます。
(海外にはネットバンキングでマ
 ネーグラムを利用できる銀行も
 あるので、窓口まで出かけずに
 日本へ送金することも可能です。)

   
〔デメリット〕
海外からの送金受取は、
登録した同じ会員名の銀行口座への入金だけで、
他の人の口座への入金はできません。
 (登録口座の変更はネット上で簡単にできます。)

 SBIレミットの会員登録は

   → SBIレミット からできます。





〔参考情報〕 住信SBIネット銀行なら、
受取手数料は51円です。
 ※国内送金手数料も月3回まで無料です。



enremitの会員登録は

  →enremit からできます。

 ※会員登録せずに10万円までを
  日本の自分の銀行口座へ送金したい人は
   →ゲスト受取 から申し込みます。


3.ビットコインの利用

○ビットコインを現地で買える国にいる
そして、
○ビットコインの購入代金を
 ・国内銀行送金
 ・デビットカードなどを利用して
   ビットコイン取引所・販売所サイト
 ・ビットコインATM
で、支払えるなら

買ったビットコインを、
1.日本の取引所・販売所へ送金し換金する。
2.登録した銀行口座へ出金する。
ことで、一番安いコスト(1回3円程度?)で
日本へ海外送金できます。

【メリット】
かかるほとんどのコストは、
ビットコインの売買価格の差だけです。

【デメリット】
ビットコインを買うことができる国にいなければ
利用できません。

詳しい情報は
 関連情報
 ビットコイン(bitcoin)を利用した海外からの小額の送金
を、ご覧ください。


4.ちょこむのペイジー(Pay-easy)

日本のVISAやマスターカードのショッピング枠を
利用して受取人の日本の銀行口座へ送金できます。
詳しくは、 
関連情報
 海外滞在中の税金、公共料金、買い物の支払いに
「ちょこむ」と「ペイジー(Pay-easy)」
 
で説明しています。

〔メリット〕
1.直接、受取人の口座へ送金することができます。
2.現地に銀行口座がなくても利用できます。

〔デメリット〕
日本のクレジットカード支払いになるので、
クレジットカード利用代金の引落銀行口座に
決済日までに日本から送金しておくか、
日本在住者にお願いして入金してもらう必要があります。



5.PayPal

受取人のメールアドレスあてに、
海外から日本へ送金できます。
 (日本からはできません。)
〔参考情報〕
1.インドとドイツ以外は、PayPalを利用した
個人向け海外送金ができます。
2.日本と海外の両方にPayPalアカウントがあれば
海外から自分あて送金ができます。
しかし現地国にも銀行口座かクレジットカードが必要です。
 参考情報 OKウェブ
 → PayPalを使って海外の自分の口座に送金

〔メリット〕
送金額に対して合計6〜6.5%程度の手数料なので、
小額の送金ならお得です。(3万円の6%は1,800円)
詳しくはPayPal 手数料ポリシー をご覧ください。
(しかし、出金には受取る側でも手数料がかかります。
  〔デメリットで説明〕)

〔デメリット〕

支払代金の受取に3〜4%程度、
さらに5万円以下なら引出し手数料250円がかかります。
詳しくはPayPal ご利用手数料 をご覧ください。
〔参考情報〕
電子マネーとしてはPayPalのほかに
Skrill、ネッテラーなどがあり、
かかる手数料は同程度です。
しかし、日本語での対応がない、
もしくはメールでの日本語対応があっても
回答に時間がかかるので、
ご自身の責任で利用してください。
 関連情報 マネーブッカーズ(moneybookers)はお得か?
 ネッテラー(Neteller)は使えるか?



6.ソニー銀行や三菱東京UFJ銀行の
外貨普通預金口座へ外貨のまま送金し、
ネットバンキングのお得なレートで円に両替する。


現地国の銀行が海外送金に慣れていて、
外貨のまま海外送金する手数料が安いならすすめます。
 関連情報
 海外からの送金 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やシティバンクの利用

〔メリット〕
1.中継する三菱東京UFJ銀行、ソニー銀行では
手数料がかかりません。
 (三菱東京UFJ銀行までに中継する銀行がある場合
   〔例:海外の銀行で〕手数料が差し引かれるかもしれません。)

2.外貨を円にするコストが安い。
 (でも3万円なら両替コストの差はせいぜい100円程度です。)

〔デメリット〕
海外送金に慣れていない銀行の場合、
勝手に円に両替して送金することがあります。
 (結構な手数料が差し引かれてしまいます。)
 参考情報
 カナダドルで送金したのに円で入金されていた
       (海外送金何でも相談掲示板より)
 関連情報
 海外から送金するときの注意



〔参考情報1〕
1.ウェスタンユニオン(WesternUnion)も、
トラベレックスや大黒屋などの取り扱い店舗で受取れます。
しかし外貨両替手数料、送金手数料とも不明です。
(送金する国によって、同じ送金通貨であっても
 両替レート、手数料が違います)
 → ウェスタンユニオン(日本)受取方法

  westernunion1.jpg
 (クリックすると拡大します。)


〔参考情報2〕
送金をする人の国に、銀行口座と
海外で利用できるデビットカードがあれば、
日本のセブンイレブンやゆうちょ銀行などのATMで
キャシングすることができます。

日本在住者に前もってカードを預かってもらい、
その人にATMでキャッシングしてもらうことも可能です。
(そのままふさわしい銀行口座に預けてもらうと
よいでしょう。)
 関連情報 海外で発行したデビットカードを使って日本のATMでキャッシングする方法

ただし、
 ・利用できるATMが限られる
   ※ハッサンさんのブログより
    訪日外国人旅行者を困惑させる銀行ATMのバリア
 ・現地カード発行金融機関での手数料
  (国や金融機関によりまちまち)
 ・日本のATM利用手数料
  (引き出し額は日本円で指定)
といったデメリットがあります。






この記事へのコメント
とても役立つブログ、ありがとうございます。
SBIレミットに関して質問させて下さい。

こちらの<デメリット>のところには”海外からの送金受取は登録した同じ会員名の銀行口座への入金だけで、他人の口座への送金はできません。”と書いてあり、

http://kaigaisokin.seesaa.net/article/400705733.html?1404166068
こちらのページには”日本在住親族がSBIレミットの会員になり、海外の送金人からの送金を受取ることもできます。”と書いてあります。

この2つが互いに矛盾しているように思えて、うまく理解できないでいます。

現在アメリカ在住でSBIレミットへの登録が出来ないため、日本にいる家族の口座へ送金しようと考えていますか、可能でしょうか?

また家族にSBIレミットに登録してもらい、受取口座として自分の口座を指定して送金することは可能でしょうか?

よろしくお願い致します。
ありがとうございます。
Posted by ゆうこ at 2014年10月04日 13:06
ゆうこさん、ようこそ。

リンクしてくださった先の説明は、誤解を招きました。
申し訳ありません。
さっそく以下のように説明を更新しました。

『※※日本の親族などへの仕送りについて:
 日本在住親族がSBIレミットの会員になる。→海外にいる送金人がマネーグラムを利用して送金し、在住親族など日本にある本人名義の銀行口座で受取る、といったこともできるでしょう。
 さらに、送金する人が在住親族のIDやパスワードを知っているなら、海外からでも受取るために必要な手続きの代理をすることもできるでしょう。』

ですから

>現在アメリカ在住でSBIレミットへの登録が出来ないため、日本にいる家族の口座へ送金しようと考えていますか、可能でしょうか?

できます。ご家族がSBIレミットの会員になり、本人の持つ日本の銀行口座を登録して受取ることになります。

>また家族にSBIレミットに登録してもらい、受取口座として自分の口座を指定して送金することは可能でしょうか?

できません。

説明が不十分で申し訳ありませんでした。
Posted by 山田 譲 at 2014年10月04日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
0120 050free 100万円 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 JAL Global Wallet Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT N26 NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance oversees remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS POCKETALK Q&A revolut SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター World Family Worldremit YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 お金が届かない ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カタカナ カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャレンジャーバンク チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ボーダレス口座 ポケトーク ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ヨーロッパ ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レミットリー レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ ワールドファミリ ワールドレミット 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 単身 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受取金額を固定 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外生活に役立つ海外送金とその他情報 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 短期留学 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 翻訳 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM