記事検索
 

海外から日本などへの送金 カレンシーオンラインの利用

海外在住者
もしくは一時的に海外滞在中の人が
海外から日本などに送金するのに
 ・送金する国では
   外貨両替する手数料が高い
 ・受取る国の銀行に、
   送金した外貨を受取る預金口座がない

さらに、海外から送金する人が負担する
毎回の高額の海外送金手数料や、
送金の手間を減らしたい。

そんなとき、カレンシーオンライン
利用することをすすめます。
海外の住所でも、
パスポートや住所を示す書類があれば
すぐに利用し始めることができます。
〔追加情報〕
アメリカの住所で口座開設した場合、アメリカからは
カレンシーオンラインへの送金ができません。
しかし、日本などアメリカ以外の住所で開設した口座なら
アメリカからの送金はできます。
詳しくは、 関連情報
 アメリカ国内でのカレンシーオンラインの利用について 
をご覧ください。

〔取扱通貨〕
送金できる通貨、
受取る通貨の種類が多いのが特徴です。😃

(1)以下の通貨でカレンシーオンラインに送金でき、
またこれらの通貨で相手先口座へ送金できます。
米ドル、ユーロ、英国ポンド、オーストラリアドル、
スイスフラン、カナダドル、ニュージーランドドル、
香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、
フィジードル、デンマーククローネ、 
ノルウェークローネ、スウェーデンクローネ、

(2)以下の通貨でカレンシーオンラインへ送金できます。
  ※これらの国では自国外への自国通貨の送金に規制があります。
  (当然これらの国へは、それぞれの通貨で送金できます。)

フィジードル、南アフリカランド、インドルピー、 
メキシコペソ、フィリピンペソ、タイバーツ


【カレンシーオンラインのメリット】

1.数十万円以上の外貨を円などに両替する手数料
たいていの日本の銀行はもちろん
日本のシティバンクより お得 です。揺れるハート

カレンシーオンラインの外貨両替手数料の例

通貨/両替額 10万円 30万円 100万円 300万円 1000万円

米ドル(値幅)1.07円 0.73円 0.68円 0.54円 0.44円

豪ドル(値幅)1.40円 0.71円 0.66円 0.52円 0.42円

NZドル(値幅)0.90円 0.62円 0.57円 0.45円 0.37円

ポンド(値幅)1.74円 1.18円 1.11円 0.87円 0.71円

ユーロ(値幅)1.48円 1.01円 0.94円 0.74円 0.61円

加ドル(値幅)1.03円 0.71円 0.66円 0.52円 0.42円

 [2013年10月24日現在]
上乗せレートは、外国為替市場の状況によって
変化することがあります。

〔参考情報〕 通貨によってはカレンシーオンラインより
お得な両替レートの銀行があります。 
 関連情報
 海外からの送金 三菱東京UFJ銀行、シティバンクや新生銀行の利用
 まとまった金額の外貨受取・両替でお得な住信SBIネット銀行、ソニー銀行
これらの銀行に口座があれば海外送金することもできますが、
海外に居ながら口座開設して利用することは難しいでしょう。
 関連情報 海外滞在中に日本の金融機関に口座開設する方法

〔海外へ送金する方法〕
(1)カレンシーオンラインへふさわしい通貨で送金する。
   ※イギリス、オーストラリア、NZランドへは、
    それぞれのカレンシーオンランの口座に
    Domestic Wire Transfer(国内送金)で
    送金します。
   ※※ユーロ流通国、スイス、カナダ、香港、
    シンガポール、タイ、フィジー、デンマーク、
    ノルウェー、スウェーデンからは、
    その国の通貨のままカレンシーオンラインの
    口座へ送金します。
     (送金手数料は顧客負担)      
    その他の通貨なら、カレンシーオンラインの
    取扱通貨に両替してから送金します。
     ※最新の情報はカレンシーオンラインに
      確認してください。
 
     
(2)カレンシーオンラインでお得に他の通貨へ両替して
送金する国(日本など)の預金口座に送金することで
外貨両替と海外送金をお得にできます。わーい(嬉しい顔)
(受取る国に海外送金を受け取れる預金口座が必要)
 ※中継・受取銀行手数料がかかる場合があります。
 関連情報
 海外から日本に円建て送金したときの被仕向け手数料、中継銀行手数料
 その他関連情報
 海外生活を終えるときの外貨両替と海外送金
  ※現金で持ち帰ると非常に不利です。

2.日本へ送金する取扱手数料は1,000円程度
  (通貨によって異なります。)
さらに一定額以上の両替をして
1回でまとめて送金するなら
この手数料は無料になります。

3.イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、
アメリカ
からカレンシーオンラインへ送金するときは、
Domestic Wire Transfer(国内送金)でできます。
面倒な海外(国外)送金の手続きは必要ありません。😃

あとは、カレンシーオンラインでお得に両替して
海外送金を受取れる銀行に送金にすればOKです。
 関連情報 イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカの取引先から送金を受取る会社へのおすすめ
 ※日本の銀行で2,500円〜の中継・受取銀行手数料がかかります。
   関連情報 日本で海外送金を受取る手数料=被仕向け手数料とは


[注意!]
1.カレンシーオンラインまでの送金
詳しい情報は、カレンシーオンラインに
問い合わせてください。
2.受取り銀行について、
基本、スイフトコードのある銀行で受取れます。
(海外送金に制限のある国があるため
 受取銀行で正確に確認してください。)
 関連情報 海外送金の受取先銀行の確認


【参考情報】
2017年版 海外旅行保険を180日〜無料にする方法
 〃   一時帰国したときのレンタルWiFiルータとsimカード
スマホで読む人のための案内










この記事へのコメント
すごい情報量に長時間釘付けで読みふけっています。私も逆興味口で、海外→日本への送金に興味が。読めば読むほどに難題であることを思い知る。お子さんへの送金からここまで追求したんですね(*^_^*)お子さんも、ここまで調べ上げる父の姿にはびっくりなんじゃないですか笑?教育姿勢が素敵です。日本の金融機関の閉鎖性について、私はまだまだ勉強不足ですが、なんか納得します。気になったのが郵便局の国際送金取扱国の□印(海外の郵便局→郵貯銀行口座への送金可能国の印)がアメリカに付いてなかったような??。逆の○はついていたような??こういったところもなんかきっと訳ありなんでしょうね。
Posted by にゃんこ at 2010年05月15日 19:45
にゃんこさんへ、ほめていただきありがとうございます。

コメント欄や「海外送金何でも相談コーナー」に質問してくださった人への回答から書き綴っていると、いつの間にか今のようになりました。これからも海外で活動する人や海外との取引をする人に役立つサイトであり続けたいと考えています。

参考までに、海外の郵便局から日本への送金について以下の記事をアップしました。
http://kaigaisokin.seesaa.net/article/150161412.html?1274066021
参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2010年05月17日 12:20
初めまして。私は現在オーストラリアに滞在中で、近々日本に帰国します。その際にオーストラリアドルを日本に送金しするのに、よい方法がないかと探しているうちにこちらのサイトにたどり着きました。こういうことには疎いもので、何が最良の方法なのか山田さんに教えていただければ幸いだと思いコメントさせていただきました。オーストラリアのANZ銀行から10000ドルほど(10000ドル以上にはなりません)送金したいと思っているのですが、どのような方法が一番お得なのでしょうか?山田さんの記事を読ませていただいた結果、カレンシーオンラインやセントラル短資FXを利用するのがいいのかなと思いましたがいまいち不安です。お恥ずかしい話ですが私は本当に無知なもので正直この二つの機関の違いもよくわかりません…。こちらにこのようなコメントを書き込んでご迷惑だろうと思いましたが、他に頼れる人も近くに居りませんので、お返事をいただけたら幸いです。よろしくお願いします。
Posted by バビ at 2011年10月21日 01:21
バビさん、ようこそ。

豪ドルを円に両替する手数料は日本の一般的な銀行では1万ドル当たり2万円もかかりますので、何とか節約したいですね。
一番簡単な方法はカレンシーオンラインを利用することです。
その流れは
1.カレンシーオンラインに口座開設する。
2.ANZ銀行からカレンシーオンラインが豪ドルを受取る口座へ1万豪ドルを送金する。
(国内送金なので簡単でしょう。)
3.日本で両替した円を受取る銀行口座を登録します。
あとはニュージーランドに日本人がいますので、電話で取引するのが間違いないでしょう。

ということで、まずはカレンシーオンラインに口座開設を申し込むことから挑戦することをすすめます。
(セントラル短資FXはさらにお得ですが、領事館で居住証明をもらって口座開設までするつもりなら再度質問してください。)



Posted by 山田 譲 at 2011年10月21日 02:31
早速のお返事ありがとうございます!!
もし、日本に帰国後にすべての手続きをするとしたらセントラル短資FXのほうがよいのでしょうか?実は日本に帰国する前にアジアに2〜3ヶ月滞在する予定なので、その資金はこのANZの口座を利用しようと思っています。なので、送金などの手続きは日本に帰国後になると思うのですが(ANZインターネットオンラインバンキングを利用)、その場合でもカレンシーオンラインを同じように利用すればよいのでしょうか?
質問続きになってしまって申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
Posted by バビ at 2011年10月21日 21:07
バビさんへ

実はセントラル短資FXへオーストラリアから送金して両替するほうがお得です。
また日本での住所を示す本人確認書類とその住所があるなら、オーストラリアからでも口座開設は可能でしょう。
 関連情報 海外滞在中に日本の金融機関に口座開設する方法
 http://kaigaisokin.seesaa.net/category/10678452-1.html
(セントラル短資FXはよくも悪くも人間くさいカスタマーサービスで、現在でも外貨を入金するときの手数料はセントラル短資FX負担のはずですがときどき顧客負担という担当者がいます。)

あと日本に帰国後送金できないと問題ですから、ANZのオンラインサービスが海外送金にも適用されるかどうか確認することをすすめます。
Posted by 山田 譲 at 2011年10月22日 00:47
お返事ありがとうございます。
ANZのオンラインサービスが海外送金に適用されなかった場合は、カレンシーオンラインを利用すれば良いということで大丈夫しょうか?オーストラリアからのセントラル短資FXに口座開設は書類の関係上難しそうなので、もしセントラル短資FXを利用するとしても、日本に帰国後、書類が揃ってる状態で口座開設しようと思います。アジアに滞在中の資金をANZから利用する予定のため、オーストラリア出国前にお金を送金する事ができないので、オーストラリア出国前に銀行に確認しておく事や、済ませておいたほうがいい手続きなどをしっかり確認しておきたいので、何度も質問してしまってすいません。ちなみに、口座の名義人を友人と私の二人に変更して、私の出国後はその友人に海外送金の手続きを頼む事も可能かと思います。
Posted by バビ at 2011年10月22日 14:56
バビさんへ、

>ANZのオンラインサービスが海外送金に適用されなかった場合は、カレンシーオンラインを利用すれば良いということで大丈夫しょうか?

そういうことになりますね。
オーストラリアを発つ前にカレンシーオンラインへの口座開設と送金方法の確認をしてください。
 参考情報 イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカの取引先から送金を受取る会社へのおすすめ
http://kaigaisokin.seesaa.net/article/163332183.html
  ※個人でも同じです。
Posted by 山田 譲 at 2011年10月22日 21:24
山田さんとても親切に対応してくださり大変助かりました。初心者の私にはカレンシーオンラインのほうが簡単にできそうなのでカレンシーオンラインを利用しようかと思います。何度もあれこれ質問したのにもかかわらず、丁寧なお返事をいただき本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
Posted by バビ at 2011年10月22日 22:18
こんなためになるブログを書いてくださって、ありがとうございます。
私も今、外貨の送金に関して悩んでいます。
何かアドバイスありましたらよろしくお願いいたします!

現在アフリカ在住で、近々日本に帰国予定です。
現在、こちらの銀行に4000ドルほどあり、それを日本に送金したいと考えています。
そこで、送金に関して調べているうちに、このサイトに行き着きました。
カレンシーオンライン、とってもいいと思うのですが、現在円高で、できればドルで持っておきたいように思っています。
そして、円安になった頃、円にしたいと。
なので、三菱東京UFJ銀行で外貨預金口座を開設しようと思っているのですが、何かアドバイスありますでしょうか。
お忙しいなか大変恐縮ですが、ご回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
Posted by べねわ at 2012年08月23日 00:14
べねわさん、ようこそ。

三菱東京UFJ銀行に口座開設するには日本での住所を示す本人確認書類と郵便物が届く住所、電話番号などが必要です。そして口座開設は基本的に窓口に限られます。
 参考情報 三菱東京UFJ銀行 口座開設
 http://www.bk.mufg.jp/kouza/index.html
ということでべねわさん本人の口座を開設することは難しいでしょう。
ということで、日本在住ご家族がおられるならその方のお名前で口座開設してもらい、その口座へ送金するしかないでしょう。(4千ドルなら年間控除額110万円を超えないので贈与税もかかりません。)

利息は付きませんが、カレンシーオンラインに米ドル送金ておき、当分の間米ドルのままおいておくのがよいかもしれません。IDとパスワードを忘れなければいつでも円に両替して送金することができます。(現在のアメリカは低金利続いているので、もらったと思えるほどの利息は付きません。)

そのほかアフリカでの両替コストがわかりませんが、米ドル現金に替えて日本に持ち帰ってみずほ銀行で米ドル預金にすることもできるでしょう。
 参考情報 外貨現金を海外へ持参するときにお得!その他みずほ銀行の外貨預金利用法
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/163917394.html
 ※後半の≪外貨預金に預けてお得に円に両替、外貨のまま海外送金する方法≫

以上、お役に立つならうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2012年08月23日 00:53
山田さん

はじめまして、いつも貴重な情報をご提供いただき、誠にありがとうございます。

今、私は日本からアメリカの証券会社に100万円相当の金額を送金しようと思っております。私はシティバンクの口座を持っておりますが、向こうの銀行はBMO Harris Bankという小さな銀行で、どのようにして送金手数料を一番控えるかをお伺いしたいと思います。

なお、サイバーエージェントFXの口座を申し込み中ですので、サイバーエージェントFXを通じてドルに換金して、そしてシティバンクよりドル建てで海外送金という方法はいかがでしょうか。ちなみに、シティバンクにおいて、円建て海外送金やドル建て海外送金の手数料はどのくらいの差になりますか。つまり、普通、海外送金なら外貨建てなら一番お得でしょうか。

お忙しいところ、いろいろ質問して申し訳ありませんが、ご都合のいいとき、ご教示頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by york at 2012年09月21日 21:57
yorkさん、ようこそ。

BMO Harris Bankへは、どんな通貨で送金されるのでしょうか。(米ドル、それとも円?)
以下は米ドルと考えて回答します。

日本とアメリカの米ドル送金はたいていシティバンクが中継していると思います。ですからシティバンクから米ドル送金するのが一番かかる手数料が少ないでしょう。
そしてBMO Harris Bankで受取ることがきまっているので、かかる手数料も決まってしまいます。あとは受取る証券会社が受取銀行手数料を負担してくれるかどうかでしょう。

当然一番お得な方法はサイバーエージェントFXとシティバンクを利用することです。

なおシティバンクの海外送金手数料は、ネット利用では3,500円、円建て送金は文書か窓口のみになるので4,000円の送金手数料です。
そのほか円建て送金は中継する銀行が手数料を取る可能性があります。(例:三菱東京UFJ銀行5,000円〜)

以上、参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2012年09月22日 00:25
山田さん

迅速にご回答していただき、大変助かりました。
仰ったとおり、今考えているのはご教示いただいた、サイバーエージェントFXとシティバンクの利用です。
本日サイバーエージェントFXの口座開設はできまして、これからタイミングを狙ってドル買いを行う予定です。

去年よりシティバンクの残高はずっと100万円以上を保っており、ドル建てや円建ての海外送金手数料は、それぞれ2000円(ネット利用)と4000円(文書または窓口)でしょうね。また、円建て海外送金の場合、三井住友銀行を中継銀行としたら中継手数料がかからないでしょうか。そのほか、為替手数料はかかりますか。要するに、自分でサイバーエージェントFXを通じてドルに換金してから、シティバンクよりドル建てで海外送金すれば、為替手数料や中継銀行手数料を省けるに対し、シティバンクより円建てでそのまま海外送金すれば、別途の為替手数料や中継銀行手数料が発生するということでしょうね


またお騒がせいたしますが、どうぞご返答くださいますようお願いいたします。
Posted by york at 2012年09月25日 19:36
yorkさんへ

>去年よりシティバンクの残高はずっと100万円以上を保っており、ドル建てや円建ての海外送金手数料は、それぞれ2000円(ネット利用)と4000円(文書または窓口)でしょうね。

ネットから申し込んだなら、口座残高にかかわらず維持手数料はかかりません。なお100万円以上の残高があればたしか文書でも2千円の送金手数料だと思います。

>円建て海外送金の場合、三井住友銀行を中継銀行としたら中継手数料がかからないでしょうか。そのほか、為替手数料はかかりますか。

かからないと思います。(突然変更になる可能性もあります。)
円建て送金の「為替手数料」とはなんでしょうか?

>要するに、自分でサイバーエージェントFXを通じてドルに換金してから、シティバンクよりドル建てで海外送金すれば、為替手数料や中継銀行手数料を省けるに対し、シティバンクより円建てでそのまま海外送金すれば、別途の為替手数料や中継銀行手数料が発生するということでしょうね。

その通りで、日米間の送金は米ドルでシティバンクを利用するのが一番余分な手数料がかからないと思います。
Posted by 山田 譲 at 2012年09月25日 20:52
はじめまして。今アメリカに留学中の者です。
このたびカナダに留学先を変更することになったのですが、今こっちの銀行にあるUSドルをどうやってカナダで作る予定の銀行口座に送ろうか考えていた時にこちらのサイトでカレンシーオンラインのことを知りました。

そこで少し質問させてください。

どうやらカレンシーオンラインはアメリカ在住者の利用はできないようですが、もし日本にいる両親にカレンシーオンラインの口座を自分の情報で開設してもらいそれをこのアメリカで利用するというのは可能でしょうか。
アメリカの銀行口座からのカレンシーオンラインの口座への送金自体できないのでしょうか。
少し混乱しています。


そして次に外貨両替手数料についてなんですが、こちらのサイトの「カレンシーオンラインの外貨両替手数料の調べ方と結果」にあるようにやはりある程度の両替手数料はかかるとわかるんですが、実際カレンシーオンラインの問い合わせページ・手数料はいくら?の欄には、着金した御資金の両替に両替手数料はかかりません、とありました。
これに関してはどういうことなのでしょうか。

初歩的な質問ですいません。よろしくお願いします。





Posted by yu at 2012年10月26日 11:22
yuさん、ようこそ。

>もし日本にいる両親にカレンシーオンラインの口座を自分の情報で開設してもらいそれをこのアメリカで利用するというのは可能でしょうか。
アメリカの銀行口座からのカレンシーオンラインの口座への送金自体できないのでしょうか。

日本の住所を示すふさわしい書類(公共料金領収書、銀行残高明細など)があればカレンシーオンラインの口座開設は可能です。
たしか国外の住所の相手先へはアメリカからでも送金できたと思いますが、念のためカレンシーオンラインに確認します。月曜日まで時間をください。


>実際カレンシーオンラインの問い合わせページ・手数料はいくら?の欄には、着金した御資金の両替に両替手数料はかかりません、とありました。
これに関してはどういうことなのでしょうか。

カレンシーオンライン 手数料 のページ
http://www.currencyonline.jp/co/services_and_fees/fees.asp
などを探してみたのですが、同じ表現を確認できません。
たいていの金融機関にいえるのですが、実際には適用する両替レートが手数料に相当するのですが、取引明細書に記載される手数料はない、ということで手数料はかかりませんと説明する金融機関は多いのが現状です。

まずは週明けまで回答を待ってください。






Posted by 山田 譲 at 2012年10月26日 20:08

山田さん


すぐのご回答ありがとうございます。

手数料の件は納得できました。
お手数おかけして申し訳ありません。

よろしくお願いします。


Posted by yu at 2012年10月27日 09:04
yuさんへ、
カレンシーオンラインに確認しました。
回答は

『アメリカ在住者でも日本における居住証明が出来るようでしたら、日本の書類を利用して口座開設を頂けます。
その後、アメリカ国内の資金を当社口座へ資金移動いただくことは問題御座いません。』

とのことです。
日本の住所を持つ口座へはアメリカからでも送金できます。

Posted by 山田 譲 at 2012年10月29日 21:08

ありがとうございました。
これで何とかなりそうです。

早速口座を作って送金してみます!
Posted by yu at 2012年10月30日 10:34
はじめまして。現在シンガポール在住なのですが、SGD 300,000ほどを日本に送金しようと考えています。日本には新生銀行の口座があるのですが、どの方法で送金するのが一番お得、且つ利便性がよいか、教えていただけないでしょうか?

突然で申し訳ございませんか、よろしくお願いいたします。
Posted by HK at 2012年12月24日 15:30
HKさん、ようこそ。

2千万円を超える金額なので、外貨両替手数料の違いが一番問題になります。
参考になる情報は「香港、シンガポール、タイ、韓国への海外送金」です。
(ちょうど逆の流れになります。)
http://kaigaisokin.seesaa.net/article/156131285.html

以下の3つの方法がお得でしょう。
お得さと利便性を考えてふさわしい方法を選んでください。

1.シンガポールで円に両替後、日本の円預金口座に送金する。
たいていの銀行は10万米ドル以上の両替では有利なレートを提示しますので、一度銀行で尋ねてください。
(新生銀行へ円送金するときは、受取口座が円預金口座かパワーフレックス口座かを確認してください。)
なお円送金すると、2千万円だとカレンシーオンラインと同様1万円以上の中継・受取銀行手数料がかかります。

2.カレンシーオンライン
今はクリスマス休暇のため2千万円の両替提示レートを確認できませんが、新生銀行プラチナと同様の0.25円程度でしょう。
ただし日本で中継銀行手数料として2千万円だと1万円がかかります。
 関係情報 海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、中継銀行手数料
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/136186916.html
クリスマス休暇明けにでもカレンシーオンラインで提示レートを確認してミッドレート http://www.currencyonline.jp/co/market_insights/midrates.asp と比較してください。

3.新生銀行
プラチナ待遇になると0.25円の外貨両替手数料で円に両替できます。
 参考情報 新生銀行 為替手数料
 http://www.shinseibank.com/gaika/cam/margin_pop.html
プラチナとして取り扱われるのは月間平均残高が条件を満たしてからになるので、お得なレートで両替できるには1ヶ月程度待つ必要があるでしょう。
(口座開設してまとまったお金を預けたら、すぐに有利な両替レートを提示された例も聞いています。一度新生銀行に電話でたずねることをすすめます。〔キャッシュカードの裏に海外から連絡できる電話番号があります。〕)
 参考情報 新生銀行 今月の月間平均残高およびステージの詳細確認方法
 http://www.shinseibank.com/guide/relationship/
また送金先はパワーフレックス口座で円口座ではありませんので注意してください。
 参考情報 新生銀行 海外からの送金を自分の口座で受け取る手続方法を教えてください。
 http://faq.shinseibank.dga.jp/faq_detail.html?id=380&page=1

ということでもう少し情報を集めて、円に両替するタイミングも考えていずれにするかを判断してください。
(急ぐならシンガポールの銀行からの円送金やカレンシーオンラインをすすめます。)

いずれにせよ他の方法よりずっとお得であることは間違いありません。
Posted by 山田 譲 at 2012年12月24日 20:11
山田様

突然の質問にも関わらず詳細なご説明、非常に助かりました。

3つ目の方法の新生銀行の方法で進めていこうと思います。

本当にどうもありがとうございました。

HK.

Posted by HK at 2012年12月25日 15:56
はじめまして!質問させてください!
オーストラリアから1000ドルほど日本の友人に送金するには、カレンシーオンラインかPaypalでの送金どちらがとくでしょうか??

Posted by Rie at 2013年04月28日 00:54
Rieさん、ようこそ。

 ・PayPalの手数料率3.5%とすると約3,500円(両替コストに含まれます)
 ・カレンシーオンライン 日本の銀行で最低2,500円の手数料、そのほかオーストラリア国内送金手数料、両替コスト700円程度
と考えると、どちらもほぼ同じ程度だと思います。
Posted by 山田 譲 at 2013年04月28日 01:07
はじめまして!質問させてください!オーストラリアから日本の友人に1000ドルほど送金します。カレンシーオンラインかPayPal での送金どちらが得でしょうか??

お返事お待ちしております!
Posted by Rie at 2013年04月28日 01:07
さっそくのお返事ありがとうございました!!
大変助かりました!!
Posted by Rie at 2013年04月28日 01:09
山田様

デンマークの銀行から日本の口座への送金を検討中で、こちらのサイトを見つけました。
今は日本在住です。

円安の間に、日本円で1千万ほどのお金を三菱東京UFJの口座へ送金したいのですが、手数料が1/20%と知り、愕然としています。
こちらで紹介しているカレンシーオンラインというものを恥ずかしながら初めて知ったのですが、これは日本にいても、簡単に口座開設→日本円に両替(この時のレートは変動性ですか?)
→三菱東京UFJの口座に移し替えるといったことが出来るのでしょうか?
大金なので、リスクがあるのではないかと不安です。
ちなみに、デンマークの口座は私の名義で数年前に現地に住んでいた時に開設、現在に至ります。
(全部日本へ送金して口座をCLOSEしようと思った矢先にリーマンショックでそのままキープせざるを得ませんでした)
デンマークからの送金はあまり情報がないので、ご存知の範囲で結構ですので、アドバイスをお願いします!!
Posted by モアちゃん at 2013年05月15日 21:55
モアチャンさん、ようこそ。

カレンシーオンラインは日本の住所で口座開設して利用できます。(カレンシーオンラインにデンマークからの送金先や方法を尋ねましたので、回答を待って下さい。)

次にデンマークからの送金は、信頼できる銀行ならfaxや書類郵送で可能です。しかしトラブルが起こると大変ですから、十分注意して下さい。

現在移動中ですので、詳しくは追って説明します。
Posted by 山田 譲 at 2013年05月15日 23:57
モアちゃんさんへ

カレンシーオンラインから返事が届きました。
親切な日本人が一人いて対応してくれるので、口座開設後にでも電話で問い合わせると良いかもしれません。(交代勤務ですから、事務所にいない時間帯もあります。また日本語のメールでたずねることもできます。)

以下は返信メールからの抜粋です。

「デンマークからの送金受取は当社ニュージーランド銀行に送金頂くことになります。

最近は送金限度額を設定されている銀行もありますので、纏まった送金でしたら、最悪何度かに分けて送金頂く必要がある可能性がございます。

また、送金の際の支払銀行手数料(Receiving Banks Charge)は受取人負担で送金頂くと若干節約頂くことが出来ると存じます。

DKK建てご資金は以下の口座にご入金をお願いいたします。

受取人名 (Beneficiary Name) : Currency Online Ltd
受取人住所 (Address) : Level 15 66 Wyndham Street, Auckland NZ
受取銀行 (Beneficiary Bank) : Bank of New Zealand
支店住所 (Beneficiary Bank Address):1 Willis St, Wellington, NZ
SWIFTコード (SWIFT MT103): BKNZNZ22985
口座番号 (Account Number) : 695774-0035
備考/メッセージ (Reference / Message) : お名前(ローマ字表記)

ご不明な点が御座いましたら、再度ご連絡をお願いいたします。」

以上です。
Posted by 山田 譲 at 2013年05月18日 00:30
山田様

見ず知らずの私にこんな懇切丁寧な情報を詳しく調べて頂き、本当にありがとうございました!!
とても助かりました。感謝!!!です。
デンマークの銀行に問い合わせたところ、高額でも一度にお金を送金することは問題なさそうです。

申し訳ないのですが、もうひとつ質問させて下さい。
デンマークからお金を送金する場合、これは円建てにした方が良いのですか?それとも現地通貨DKKで送金しておいて、レートが良い時まで待ってから日本円にて日本の口座(東京三菱UFJ)へ移す方が良いのでしょうか?
それと、UFJ銀行へ移す時、カレンシーオンラインとの取引・送金手数料はどうなりますか?
結局UFJ銀行に手数料を取られてしまうことになるのでしょうか?
カレンシーオンラインのHPも読んだのですが、いまひとつ
そのあたりが理解できませんでした。すみません・・・。

今後何か疑問点があれば、その日本人スタッフの方にもコンタクトをとってみます。
Posted by モアちゃん at 2013年05月19日 08:18
モアちゃんさんへ、質問への回答です。

>デンマークからお金を送金する場合、これは円建てにした方が良いのですか?それとも現地通貨DKKで送金しておいて、レートが良い時まで待ってから日本円にて日本の口座(東京三菱UFJ)へ移す方が良いのでしょうか?

デンマークからの送金はデンマーククローネのままニュージーランドのカレンシーオンラインが指定する口座へ送金してください。
そしてふさわしい円・デンマーククローネレートで円に両替します。デンマーククローネから直接円にお得なレートで両替できます。(一般の銀行では、デンマーククローネ→ユーロ→円とそれぞれ割高なレート両替することにになります。)
参考情報 カレンシーオンラインの外貨両替手数料の調べ方と結果
http://kaigaisokin.seesaa.net/article/239077869.html
それからカレンシーオンラインに登録した三菱東京UFJ銀行の口座へ出金をネット上でしじします。
 参考情報 デンマークへの送金例
 http://sorgente.blog33.fc2.com/blog-category-24.html


>それと、UFJ銀行へ移す時、カレンシーオンラインとの取引・送金手数料はどうなりますか?結局UFJ銀行に手数料を取られてしまうことになるのでしょうか?

5万デンマーククローネ以上を一度で両替・送金すると
・カレンシーオンラインでは手数料はかかりません。
 http://www.currencyonline.jp/co/services_and_fees/fees.asp
  
・三菱東京UFJ銀行では、送金額の0.05%(1千万円なら5千円程度)の手数料が差し引かれると思います。しかしカレンシーオンラインでの円への両替で節約できる額がずっと大きいでしょう。
  参考情報 海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、中継銀行手数料
  http://kaigaisokin.seesaa.net/article/136186916.html
三菱東京UFJ銀行HPより http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/gaitame.html
   ※主な被仕向送金手数料

少々手数料がかかりますが、練習や為替リスクの分散も兼ねて何口かに分けて取引するのもよいかもしれません。
一つ一つの取引を確認ながらすすめてください。
Posted by 山田 譲 at 2013年05月19日 09:53
早々のお返事、ありがとうございます。

質問にも丁寧に答えて頂き、本当に助かりました。
大金を動かす話なので、多少高い手数料を払っても”安心料”としてあきらめるしかないのかなと思っていましたが、手数料はともかく、デンマーククローネ→日本円ではなく、ユーロ計算されて送金されているとは全く知りませんでした。
(以前も東京三菱UFJへは数回送金したことがあるのですが、毎回自分が計算したよりも、かなり額面が目減りしており、その理由が分かりました)

カレンシーオンラインは、手数料もほとんどかからないに等しいので、まずはじっくり時間をかけて理解を深めてから、仰る通り、勉強のつもりで小分けして送金してみようかと思います。
為替レートが良いタイミングを自分で選べるのも利点ですし、博打の様にその日のレートに賭けて慌てて全額を送金してもらわなくてはいけない直接送金よりメリットが大きそうですね。

今回はこのサイトに出会えて本当にありがたく、山田様の労力にとても感謝しています。
心からありがとうございました!!
Posted by モアちゃん at 2013年05月19日 17:00
山田様

はじめまして
この度、オランダに行くことになりました。
ですが、ローンの支払いがあります。今の銀行は地方の銀行です。オランダから送金するにはどうすれば一番簡単で手数料もかからないか、教えていただきたいです。
銀行を変えた方がいいのでしょうか?

右も左もわからない状態で、いろいろ読ませて頂いたのですが、理解力がなく・・・困っています。

ぜひアドバイスをお願い致します!
Posted by あき at 2013年08月22日 08:42
あきさん、ようこそ。

一番お得な方法は、オランダのあきさんの銀行口座からセントラル短資FXのユーロ受取口座へユーロのまま送金して、ご自分で円に0.1円のコストで両替後今の地方銀行の口座へ出金することです。そうすれば現在の地方銀行の口座が利用できるでしょう。
(オランダからその地方銀行に送金すると1ユーロ当たり1.5円の割高な両替コストのほか、中継銀行手数料が差し引かれる可能性もます。)
 参考情報 海外からの送金 FX利用の基本     http://kaigaisokin.seesaa.net/article/128046017.html
 
しかし実際のところ、ソニー銀行、新生銀行、三菱東京UFJ銀行に外貨預金口座を作って(新生銀行はパワーフレックス口座〔口座番号は円普通預金と同じ番号〕に外貨で送金すればOKです。)
 参考情報 海外からの送金 ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行やシティバンクの利用
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/128044022.html

また、もしセントラル短資FXのサービスが終了したときにも対応できるでしょう。

以上、参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2013年08月28日 19:48
山田様、
はじめまして。オランダ在住の日本人です。
日本の銀行にオランダから送金する際に、カレンシーオンラインを使用している者です。
通常、送金に時間がかかることから、先に送金しておいて、着金を確認した上で、両替をして日本の銀行に振り出すという手順で実施していました。
今回、久しぶりに送金する必要が出て、オランダの銀行から同様にカレンシーオンラインの口座にユーロで送金しました。
その後、着金を確認しようとカレンシーオンラインの画面を開くと、口座が変更されたと書いてあったため調べたところ、旧口座(小生が送金した宛先の口座、ニュージーランド)はもう存在しないとのことでした。
これで小生が送金したお金が宙に浮いてしまった状態になって困っています。

このように、海外の銀行に送金した際に、実際の口座が閉じられてしまっている場合、その後、どのようになるのかをご教示いただけませんでしょうか。
カレンシーオンラインに限った話でも結構ですし、一般論でも結構です。よろしくお願いします。
Posted by パパさん at 2013年09月04日 19:05
パパさん、ようこそ。
カレンシーオンラインの送金先口座の変更を見落としたされましたね。

わたしは日本の銀行例しかわかりませんが、窓口まで出向いて組替手数料を払いもう一度初めから送金のやり直しをすることになります。(外国の銀行も同じだと思います。)
もう一度海外送金するための手数料もかかりますので、これからは注意してください。

以上、参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2013年09月04日 22:40
山田様

初めまして。現在カナダに15年ほど在住していますが、来年4月に日本に永久帰国を予定しています。その際に1千万少しある金額を日本に送金する方法を模索している時に、ここのサイトにたどり着きました。
お恥ずかしいことにこの手の事には全くの無知で、山田様に教えていただきたくコメントをさせていただきました。

現在カナダにはTD Bankの口座があります。しかし日本には住所を示す書類がないのと、日本の銀行口座は持っていない為、カレンシーオンラインがいいのではないかと考えております。しかしながら、始めての事、そして自分の知識のなさ、大金を扱うので不安があります。
流れとしては、1)カレンシーオンラインに口座を開設、2)TD Bankからカレンシーオンラインへカナダドルで送金、3)日本に帰ってから日本の銀行口座を開設して、日本で両替した円を受け取る。
これでいいのでしょうか?
カレンシーオンラインの登録の時に、日本の口座番号の登録は必要なのでしょうか?それとも、日本で口座を開いた後に登録出来るものでしょうか?1千万以上を送金する際には、小分けで送金するのがいいのでしょうか?

他に頼れる人がいなくどうしていいのか分からずいます。お返事をいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
Posted by 宮崎 at 2013年11月11日 16:13
宮崎さん、ようこそ。
15年間のカナダでの生活、ご苦労様でした。

>始めての事、そして自分の知識のなさ、大金を扱うので不安があります。

その通りだと思います。一つ一つの取引を慎重に進めてください。
カレンシーオンラインにIさんという日本人女性がいますので(彼女の勤務時間に合わせれば電話で話せます。)、わからないことは納得できるまで確認すると良いでしょう。


>流れとしては、
1)カレンシーオンラインに口座を開設、2)TD Bankからカレンシーオンラインへカナダドルで送金、
3)日本に帰ってから日本の銀行口座を開設して、日本で両替した円を受け取る。
これでいいのでしょうか?

その通りです。


>カレンシーオンラインの登録の時に、日本の口座番号の登録は必要なのでしょうか?それとも、日本で口座を開いた後に登録出来るものでしょうか?

口座開設時には日本の銀行口座の登録は必要ありません。日本に戻ってから銀行に口座開設し、その口座を登録してください。
ただしカレンシーオンラインの口座開設にはカナダの住所と本人確認ができる書類が必要です。


>1千万以上を送金する際には、小分けで送金するのがいいのでしょうか?

まず、

1.カレンシーオンラインにはまとめてカナダドルのまま送金しましょう。
送金の仕方は、カレンシーオンラインに口座開設すると、カナダドル受取口座を教えてくれるのでTD Bankからカナダドルのまま送金してください。(備考にカレンシーオンラインの口座番号を記入します。)
 関連情報 カレンシーオンライン〔新〕英語サイト
 http://kaigaisokin.seesaa.net/category/20418667-1.html

2.カレンシーオンラインでカナダドルを円に替えるのはまとめてでもよいでしょうし、金額が大きいので何回かに分けても良いでしょう。

3.日本の口座へ送金するときにまとめても以下の税金の心配がなければ問題はありません。

○税金対策
以下の二つに注意してください。

1.15年もカナダで生活しておられるので問題はないかと思います。しかし以前円高のときに持ち込んだお金をまた円に戻して為替差益があるなら、日本で所得税(雑所得)がかかる可能性があります。
しかしカナダで働いて蓄えたり、カナダの不動産などを処分して税金を払ったあとのお金なら日本での税金は問題はないでしょう。

2.日本の税務署からおたずねがくる可能性があるので、どのような経緯で得たお金かを説明できる書類を持ち帰ることをすすめます。
 参考情報 海外送金したら税務署からおたずねが来た!
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/257211842.html

税金が心配なら、海外送金.com http://海外送金税金.com/office/index.php を運営されている田邊税理士 http://www.itax-japan.com/ に相談されることをすすめます。(初回の簡単な質問なら無料です。)

以上、参考になればうれしく思います。
お元気で帰国されることを願っています。
Posted by 山田 譲 at 2013年11月11日 17:58
山田様

早々のお返事、ありがとうございました。
丁寧に答えて頂き、本当に助かりました。
特に税金対策のアドバイスは、気になる点があるので田邊税理士に
相談させていただきます。

申し訳ないのですが、あと一つ質問させていただいても大丈夫でしょうか?

詳しい事は今後日本女性の方とやり取りをしていこうと思っておりますが、カレンシーオンラインに送金した後、カナダの銀行口座を閉めても大丈夫でしょうか?誠に申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



Posted by 宮崎 at 2013年11月11日 18:47
宮崎さんへ、
お役に立ったようでうれしく思います。


>カレンシーオンラインに送金した後、カナダの銀行口座を閉めても大丈夫でしょうか?

カレンシーオンラインにお金が入金されたことが確認できたら、カナダの銀行口座を閉めても問題ないと思います。(ただし、日本の銀行口座が開設されるまでは受取ることができません。)

あと追加でお伝えしたいことがあります。

1.わたしが聞いた範囲ですが、以前の日本の住所と同じところへ住民票を戻すなら問題なくすぐに住民票を作れますが、違う場所に戻られるなら住民要の復活に3ヶ月程度かかるようです。

しかし日本の運転免許証を持っておられるなら、警察本署か免許センターへ本人宛の消印のある郵便物を持参するとすぐに住所変更ができます。その免許証を本人確認書類にすればすぐに銀行口座を開くことができます。

2.カレンシーオンラインからの送金を受取れるのは「スイフトコードのある銀行」だけです。一部のネット銀行や地方の小規模の銀行では受取れませんので注意してください。
 参考情報 実店舗のある金融機関
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/69657399.html
 ネット専業銀行と海外送金
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/105705583.html

以上、参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2013年11月11日 21:57
山田様

丁寧でかつ的確なアドバイスと情報をいただき誠に有難く、感謝しております。本当にありがとうございました。

山田様のアドバイスを元に、日本に帰国する計画を進めていこうと
思っております。



Posted by 宮崎 at 2013年11月12日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
0120 050free 100万円 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 JAL Global Wallet Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT N26 NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance oversees remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS POCKETALK Q&A revolut SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター World Family Worldremit YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 お金が届かない ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カタカナ カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャレンジャーバンク チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トランスファーワイズ トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ボーダレス口座 ポケトーク ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ヨーロッパ ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レミットリー レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ ワールドファミリ ワールドレミット 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 単身 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受取金額を固定 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外生活に役立つ海外送金とその他情報 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 相続証明書 短期留学 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 翻訳 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM