記事検索
 

このブログへようこそ

「手数料を節約して海外送金する方法」
へようこそ。

留学した子供に、
便利でお得に海外送金する方法を
探すことから始まったこのブログが、
2017年で12年になります。
読者の励ましで続けることができ
感謝でいっぱいです。

これからも
海外で活動する人やその家族に
役立つ情報を提供し続けます。😃

スマートフォン専用ページで読む人へ
 → スマートフォンで読む人のためのリンク先
    から全体がわかります。

すぐにお得な日本→海外への送金について
知りたい方は
金額別お得な海外送金方法
 米ドル  ポンド
 ユーロ   オーストラリアドル
 ニュージーランドドル  カナダドル
 円建て送金 
 主要国以外 または 中国への海外送金
をご覧ください。
※その他情報
 →海外からの送金
 (法人は→法人の海外送金
  実際的でお得な海外送金方法


インターネットや海外のATMを利用して
 ・銀行窓口まで出かけず
 ・(海外滞在中でも)
   日本にいる家族のお世話にならず
海外にお金を送れるのは便利です。😃

しかし
1.海外送金手数料の比較だけで、
どこがお得か判断していますか?

(1)海外送金額が数十万円を超えると、
円を外貨に両替するときの上乗せレート
(=手数料)を抑えることが
節約の大きなポイントです。

(2)海外送金手数料以外の追加手数料
思ったよりかかることがあります。
 (たいていの銀行送金では、海外送金手数料以外に
  別途手数料がかかります。)


 ※隠れた手数料については、以下の
  TransferWiseの説明がわかりやすいです。
(IOSとAndroidでは日本語字幕が表示されません。)


 
   関連情報 TransferWiseの利用
   海外からの送金 TransferWise利用
 

2.実際に送金できるまでの日数手間
どのくらいかかる?
現地に銀行口座がなくても
お金を受取る方法
をご存知ですか?

3.最近は多くの会社が、
海外と活発に取引しています。
では毎回の法人取引でかかる
 ・割高な海外送金手数料や
   受取銀行手数料
 ・窓口でかかる手間と時間
 ・円⇔外貨の割高な両替コスト

を、どのように減らせるでしょうか?

4.トラベラーズチェックの利用が縮小し
海外のATMで使えるカードを利用した
サービスが拡大しています。
利用手数料(210円or無料など)だけでなく、
外貨に両替する手数料などを含めた
賢いカード利用法をご存知ですか?

5.海外へ出かける前に
日本で外貨に両替しておくなら、
現地についてから両替、
キャッシングせずにすむので便利です。
しかし日本の外貨現金への外貨両替レート
海外送金用レートより大幅に割高です。💥
どうすれば海外に出かける前に
お得に外貨を現金で受取れるでしょうか?

〔海外送金と外貨両替の都市伝説〕
『FXでお得に外貨現金に両替して海外旅行へ!』
大間違い!
いくつかのFXでお得に外貨に両替できますが
銀行で外貨現金を受取るまでの手数料が高くつきます。
 関連情報 外貨両替はFX!のウソとホント
  ※例外は、みずほ銀行、マネーパートナーズ成田、羽田、関空、
    セントレア受取、プレスティアゴールドのサービスだけです。
 関連情報 マネーパートナーズの外貨空港受取
      外貨現金を海外へ持参するときにお得!
        その他みずほ銀行の外貨預金利用法


<<このブログを読んでほしい人>>

1⃣.外貨両替、海外送金関連手数料を
トータルで節約したい方

海外送金にかかる手数料は、
金融機関によって大きく違う(!)のです。
  ※まとまった金額の大幅な節約方法
   6.に説明

2⃣.海外で活動中でも、
インターネットを使って
便利に海外送金したい人

 ・銀行窓口まで行かず
 ・日本の家族にお願いせず
に、どこにいても海外送金ができます。
 関連情報 SMBC信託銀行の利用 
       三菱東京UFJダイレクト など

3⃣.海外送金にかかる手間と費用を節約したい法人
  ※一般の銀行では海外送金ネットサービスは有料です。
   また、外貨の入金・送金のたびに手数料がかかります。💦
   (法人では、個人で便利・お得なシティバンクや
    新生銀行を利用できません。)

 関連情報 法人の海外送金

4⃣.海外ATMを利用したキャッシング
小額の現金は、海外のATMでキャッシングが
簡単・便利で、両替商で両替するより
ずっとお得になります。
 関連情報
 クレジットカードの海外キャッシング
 ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット
 マネパカードのお得な利用法
 VISAデビットカード
 国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない!
 地域限定カード など


5⃣.どうしても 急いで 
お金を送りたい、受け取りたい!
・日本で入金して 即時に
  海外のATMで引き出せる方法、
・海外送金をして 約10分後
  銀行の営業時間外でも受取る方法
があります。
 関連情報
 急ぎの送金  SBIレミット
 enremit  FSA


6⃣.一手間+数日かかっても
外貨両替手数料をしっかり節約したい人のため
 ・日本のFX現受・現渡、
   両替を利用した節約方法

 ・為替レートの変動をとらえながら
   外貨の資金管理をする方法 
など、銀行以外の外貨両替方法や
海外送金サービスの紹介をしています。
 関連情報
 YJFX!の現受
 マネーパートナーズの両替

〔参考情報〕
「初めて海外送金手数の節約に挑戦する人への参考」
 ※海外送金なんでも相談コーナーへの質問と回答例


そのほか
・海外送金・海外在住者と 税金
  関連情報
  海外送金と税金 
  海外在住者と日本の所得税、相続・贈与税

さらに
・ワーホリ、留学、海外駐在・移住、ロングステイの準備
  関連情報
  ワーホリ、留学等の準備
・海外送金のトラブル対処
  関連情報
  トラブルの予防への対処
・その他お役立ち情報 英語お助けグッズ
などにも触れています。


<<このサイトにある情報の調べ方>>

1.右コラムにある「カテゴリー」から
選ぶことができます。😃
スマホ、タブレットで読む人は、
スマートフォンで読む人のためのリンク集 を
ご覧ください。

2.記事検索・・・すべての記事の一番上にある
記事検索にキーワードを入力し、
「記事」ボタン、さらに「検索」を
クリックして関連情報を検索できます。

3.個別記事、各カテゴリーの最後に タグ
があるので、関心のあるキーワードをクリックして
他の関連記事を探せます。
 ※海外送金何でも相談掲示板 でも
   キーワードで検索できます。

4.google、Yaqhoo!Japanで
海外送金に関連したキーワードを入力すると、
このブログにある説明がヒットすると思います。

そのほか、最近新たにアップした内容は、
こちら から知ることができます。
 ※「はじめに」はいつもトップに来ます。
 (以前の記事もできるだけ新しい内容に更新中)


≪質問・ご意見について≫
質問やご意見は、海外送金何でも相談掲示板
にお願いします。


【このサイトの用語について】
わかりにくい金融用語がでてきますので、
代表的な例をあげて説明します。

〔外国為替手数料、外貨両替手数料、両替コスト
 リフティングチャージ、中継銀行手数料、
 受取銀行手数料〕

客が銀行で両替して海外送金すると、
銀行は海外送金手数料以外に
円を外貨に両替することで利益を得ます。
しかし、
 ・外貨の両替をしない
 ・中継銀行・受取り銀行になる
だけなら、銀行は儲けがありません。
そのため、さまざまな手数料を取ります。
 (取らない銀行もあります。)

『通貨単位』
紹介している金融機関で利用できる通貨すべてを
まとめて表現しています。
例:千通貨単位=千ドル、千ポンド、千ユーロ・・
  という意味です。


『リフティングチャージ』
別途手数料、中継銀行手数料、
着金手数料、受取銀行手数料、
円建送金手数料、被仕向手数料、などと
さまざまな名前で呼ばれる手数料です。
 (銀行によって呼び方が違います。)

『コンバージョン』『両替』『通貨両替』
すべて同じ取引ですが、
FX会社によって呼び方が違うだけです。

『デリバリー』『外貨受渡』『現受・現渡』
これらも利用するFX会社によって
違う呼び方をしますが同じ取引です。


<< お断り >>
このブログ内容はできる限り正確に書いています。
しかし情報の更新が遅れてサービス内容が変わったり、
読者に勘違いを引き起こす説明があるかもしれません。
ですから一番正確な情報は、
それぞれの金融機関で確認してください。


スマートフォンで読む人のためのリンク集

PC用ページ右コラムに表示をまとめました。😃
〔参考情報〕
1.改行がずれて読みにくいときは
PC版で見る拡大するほうが
読みやすいでしょう。

2.7インチ程度以上の
アンドロイドタブレット
では
文字が左に偏ります。
画面を一番下までスクロールして
『PC版を見る』をクリックすると
快適に読むことができます。

3.ご意見やわからないことは
海外送金何でも相談掲示板
気軽に投稿してください。
(過去の質問を検索することもできます。)
 ・送金金額
 ・送金する人の事情

  (海外or日本在住)
 ・利用できる金融機関
  (ネットバンキングやFXの利用)
 ・受取る人の事情 
  (家族への送金or取引先などへの送金など)
 ・急ぐかどうか
など、できるだけ詳しく教えてください。


金額別お得な海外送金比較

 米ドル、 ポンド、 ユーロ

 豪ドル、 NZドル、 カナダドル


通貨をクリックすると
5,10,30,100,300,1,000万円の金額別に
お得な海外送金方法のランキングが表示されます。
  
さらに金融機関名をクリックすると
その説明ページにジャンプします。😃

上記以外の通貨での送金について
 主要国以外への海外送金
 最近のお得な中国向け送金
 中国への海外送金 中国銀行と銀聯カード


〔役立ちそうな情報〕
 ※投稿日以降も更新中

・2017/6/22 「海外からの送金 Transferwiseの利用

・2016/5/23 「transferwiseの利用※日本→海外

・2016/3/1「海外送金とマイナンバー(調査続行中)」

・2015/10/20「ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット(Sony Bank WALLET)

・2012/3/12「海外送金したら税務署からおたずねが来た!

・2010/9/27「外貨現金を海外へ持参するときにお得!その他みずほ銀行の外貨預金利用法


このブログのカテゴリ

〔海外送金にかかる手数料〕
 ※( )内は記事数

海外送金手数料の比較(1)

外為(両替)手数料の比較(4)

中継・受取銀行手数料
(3)


〔実際的な海外送金方法〕

実際的でお得な海外送金(5)

ワーホリ、留学等の準備(19)

帰国するときの注意(3)

海外で活動する人にSBIレミットは海外必携ツール(1)

ビットコインの利用


海外→日本への送金

海外から日本への送金(個人)(1)

海外から送金するときの注意(2)

  海外からの口座開設(1)

海外からの小額の送金(6)

 〃 まとまった金額の送金(1)

☆ 〃 TransferWiseの利用(3)

 〃 外貨で送金する方法(5)

 〃 FXの利用(3)

  円に両替してから送金(1)

(法人、個人事業主)
 ※海外→日本への送金についての説明
  (日本→海外は別途説明があります。)


☆ ペイオニア(payoneer)(2)

  その他金融機関(2)

2.海外送金と税金

海外送金と税金(5)

海外在住者と税金(7)


日本→海外への送金

〔少額の海外送金〕
(100万円まで)
 ※( )内は記事数

TransferWiseの利用(2)

楽天銀行(個人)(9)

SBIレミット-マネーグラム(7)

enremit(1)

  ウェスタンユニオン(セブン銀行など)(2)

FSA(1)

 ブラステルレミット(2)

  NTTドコモ(1)

 PayPalの利用(5)

  その他電子マネー(2)

 クレジットカードの利用(5)

 〃 の海外キャッシング(5)

米ドル支払いができるカード(2)

 地域限定カード(1)

マネパカード(2)

VISAデビットカード(9)

 国際キャシュカードなど(3)

 急ぎの送金(2)

空港でのお得な外貨現金(3)

ドルユーロの外貨宅配(2)

 T/C、現金など(4)

 法人・個人向け外貨宅配(1)
 

〔まとまった金額の海外送金〕
 ※( )内は記事数

YJFX!!の現受(4)

 セントラル短資FX(3)

 マネーパートナーズ(6)

   外貨現受の利用(6)

   FXを利用した両替と海外ATM比較(4)

  外貨建MMFの利用(2)

SMBC信託銀行の利用(10)

   FX,外貨預金の利息(3)

楽天銀行(リンク先)(1)

三菱東京UFJダイレクト(6)

  三菱東京UFJ銀行(3)

新生銀行の利用(6)

  新生銀行Goレミット(1)

  PayForexの利用(2)

   ネット銀行やFXの情報(4)

  ソニー銀行の利用(3)

   郵便局:ゆうちょ銀行(1)

   三井住友銀行(1)

円建て海外送金(1)


主要国以外への海外送金(12)

最近のお得な中国向け送金(4)

  中国への海外送金(10)

   中国銀行と銀聯カード(5)

カレンシーオンライン〔新〕英語サイト(4)

 カレンシーオンライン(海外在住者向け)(9)


法人の海外送金

法人の海外送金(3)

楽天銀行(1)

transferwise(1)

住信SBIネット銀行(1)

カレンシーオンライン(海外の日本企業向け)(4)

  FXの利用(1)

  その他情報(3)

〔そのほかの情報〕
 ※( )内は記事数

海外送金トラブル対処(15)

その他(14)


以上です。




海外在住者と日本の年金受取り

年金を海外送金するとき
社会保険庁は
割高な海外送金手数料を
負担してくれます。

たしかに、
割高な海外送金手数料を
負担せずにすむのは助かります。

 nennkin.jpg

しかし、
年金を受け取るためにかかる
以下の手数料負担は重いです。💦

1.円を外貨に替える手数料

(1)主要通貨国でも
円を外貨に両替するには
1%〜3%程度の負担になります。

(2)途上国へ海外送金すると
米ドルなどに両替したあと
1%程度〜の両替コスト)
さらに、現地国通貨への両替で
1.5%〜の手数料負担となり、
合計2.5%程度〜も目減りします。

2.受取銀行手数料
受取る銀行で手数料が差し引かれます。
 ※10ドル、10ユーロなど

 images.jpg

おまけに、
受け取る年金すべてを送金すると
一時帰国したときに必要な円
べっと用意する必要があります。
(円現金への両替、日本へ海外送金など)


どうすれば、
このような手数料を節約し
日本へ一時帰国で必要な円を
用意できるでしょうか。


TransferWiseを利用しましょう。
 関連情報 TransferWiseの利用
 ※日本から送金できる国は
  この記事の最後に説明しています。


 
 →日本語のカスタマーサポート


TransferWiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔参考情報〕
1.上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。

2.TrabsferWiseを利用する手続きは簡単です。
英語ですが、以下のビデオで流れを概観してください。

 

〔注意〕
TransferWiseを利用して
日本から海外送金するには
 ・マイナンバーの登録
 ・日本の住所での
   パスワードの受取り
が、必要です。
ただし、一度登録すれば
その再度求められることは
ありません。
 関連情報
 マイナンバーのない海外在住者が、日本の自分の銀行口座へ送金する方法 


TransferWiseを利用するメリットは、
以下の通りです。


1.送金手数料は
送金額の1%まで

割高な両替手数料よりお得です。


2.受取銀行手数料は
差引かれない。



3.一時帰国などで
日本でお金が必要な時は
海外送金しないと
そのまま日本で使えます。

〔日本から送金できる国と通貨〕
   ※2017年6月22日現在

〔北アメリカ〕
アメリカ(米ドル)、カナダ(CAドル)

〔中南米〕
メキシコ(ペソ)、ブラジル(レアル)
ペルー(ヌエボ・ソル)

〔ヨーロッパ〕
イギリス(ポンド)、ユーロ圏(ユーロ)
スイス(スイスフラン)
スウェーデン(クローナ)
デンマーク(クローネ)
ノルウェー(クローネ)
チェコ(コルナ)、クロアチア(クーナ)
ハンガリー(フォリント)
ポーランド(ズロチ)、ルーマニア(レイ)
ロシア(ルーブル)、ウクライナ(ブリビニャ)

〔アジア・中近東〕
香港(香港ドル)、シンガポール(SGドル)
韓国(ウォン)、マレーシア(リンギット)
フィリピン(ペソ)、タイ(バーツ)
ベトナム(ドン)、インド(ルピー)
インドネシア(ルピア)、トルコ(リラ)
イスラエル(シェケル)
アラブ首長国連邦(ディルハム)
バングラディシュ(タカ)、カンボジア(ペソ)
パキスタン(ルピー)、スリランカ(ルピー)

〔オセアニア〕
オーストラリア(豪ドル)
ニュージーランド(NZドル)

〔アフリカ〕
南アフリカ(ランド)、モロッコ(ディルハム)


TransferWiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔参考情報〕
1.上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。



海外から日本の0120に電話する方法3 端末の変更やアプリの再インストール

海外で活動するときに
ブラステルの050Freeは
便利なアプリです。💕

 ブラステルリセット1.png

しかし海外で活動中に
 ・利用するスマホなどを変更する
 ・トラブルのため再インストールする
ことがあります。

そんなとき
どうすれば良いでしょうか。

うれしいことに、
初回利用での設定のように
日本のケイタイは必要ありません。
 関連情報
 海外から日本の0120フリーダイヤルへ電話する方法 その1 
 海外から日本の0120フリーダイヤルへ電話する方法 その2

簡単ですので、
以下に手順を説明します。


1.ブラステルのサイトに
ログインする。
(下の画像:クリックすると拡大)

 ブラステルリセット1.png


2.保存しておいた
  ・アクセスコード
  ・ピン番号
を入力して
ログインする。
(下の画像:クリックすると拡大)

 ブラステルリセット2.png

3.SIPアカウントをクリックする。
(下の画像:クリックすると拡大)

 ブラステルリセット3.png

4.ユーザーIDとパスワードを
確認する。
(下の画像:クリックすると拡大)

 ブラステルリセット4.png

5.スマホやタブレットに
050Freeをインストールする。
(スマホやタブレットから
 050Freeを検索してください。)
そして、ユーザーIDと
ピン番号を入力し、
Sign inをクリックする。
(下の画像:クリックすると拡大)

 Screenshot_2017-08-21-12-23-55.png
 

6.すると以下の画面になります。
(下の画像:クリックすると拡大)

 Screenshot_2017-08-21-12-25-59.png

これで、
新しい他のスマホやタブレットで
(もしくは再インストールして)
050Freeを利用できます。
(同じIDで複数の端末を利用すると
 動作が不安定になります。)


〔最後に〕
1.海外で活動するとき
ブラステルの050Freeは
便利なアプリです。

トラブルが起こる前に
SIPアカウントの情報を
保存しておくなら、
いつでも対応できます。
(下の画像:クリックすると拡大)

 ブラステルリセット2.png

2.海外からのプリペイド通話料支払いは
 海外から日本の0120フリーダイヤルへ電話する方法 その2
で説明しています。




海外に出かけてからTransferWiseを利用する方法

TransferWiseは、
海外に出かけてからでは
初回の日本からの送金が
できません。💦

というのは
TransferWiseを利用して
初めて日本から海外送金するときは

 ・マイナンバーの登録

 ・届出住所へ郵送で届くパスワード
  をつかったアクティベート

が必要なためです。

しかし、
 ・ちょっとした工夫と準備
 ・日本在住親族などの援助
があれば、
海外に出かけてからでも
自分の名前で海外送金できます。

以下に、
TransferWiseを利用する時の
 ・マイナンバーの登録
 ・アクティベーション
のポイントについてまとめます。

 TransferWisetopppage.jpg

〇マイナンバー個人カードを持っている人

海外に出かける前に
自分のマイナンバー個人カード(裏表)を
画像データにとっておきましょう。
 ※海外転出を届ける前です。
 
そうすれば、海外に出かけてからでも
TransferWiseで送金申し込みをするときに
アップロードできます。

個人カード.png

届出住所に
アクティベーションのための
パスワードが郵送されるので
在住親族にお願いして
パスワードを教えてもらいましょう。

これで初回の送金申し込みができます。
あとは日本のネットバンクから
TransferWiseの指定する銀行口座へ
送金するだけです。
詳しくは、TransferWise
1) マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちのお客様
 をご覧ください。
 ※10万円未満の送金では、パスワードを受取る前でも
  送金指示ができます。後でパスワードが郵送で届くので、
  次回の送金に備えてアクティベートしておきましょう。



TransferWiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔お得な情報〕
上記リンクからTransferWiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
海外送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。


〇マイナンバー通知カード、もしくは
マイナンバーが記載された住民票を利用する人

通知カードや住民票の画像データに加え
 ・免許証などの顔写真がついた
   身分証明書の画像データ(裏表)
を、用意しておきましょう。

通知カード.png

届出住所に、
アクティベーションのための
パスワードが郵送されるので
在住親族にお願いして
パスワードを教えてもらいましょう。

これで初回の送金申し込みができます。
あとは日本のネットバンクから
TransferWiseの指定する銀行口座へ
送金するだけです。
 ※詳しくは、TransferWise
→ 2) マイナンバー「個人番号カード」をお持ちでないお客様
 をご覧ください。
 ※10万円未満の送金では、パスワードを受取る前でも
  送金指示ができます。後でパスワードが郵送で届くので、
  次回の送金に備えてアクティベートしておきましょう。


1.本人確認に使える顔写真のある書類は
以下の通りです。
・運転免許証 (表面、裏面の両方)
・日本国パスポート
(顔写真面と所持人記入欄を必ずご送付ください。
 旅券番号が鮮明に確認でき、所持人記入欄は
 日本語で記載されている書類が有効です。)
・在留カード(表面、裏面の両方)
・住民台帳基本カード(表面、裏面の両方)
・運転経歴証明書(表面、裏面の両方)
2.その他本人の写真がない書類では
TransferWiseでは利用できません。
3.海外在住者は、たいていの場合
マイナンバーがないと日本からの送金はできません。

〔注意!〕
送金する金額にかかわらず
日本からの海外送金すべてに、
郵送で届くパスワードによる
アクティベーションが求められます

TransferWiseで送金の申し込みをするとき
以下の間違いがないよう十分注意してください。
(アクティベートのためのパスワードが
 郵送されず、海外送金ができません。)
 ・身分証明書の住所と登録の住所が異なる
 ・送金手続きがない
 ・送金手続きが日本円以外からの送金
 ・住所が本人以外の住所
以下のような場合は、
郵便局によって差し戻しとなります。
 ・転送先住所が設定されている
 ・宛名が異なる名字等
 ・宛先が不明


TransferWiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔お得な情報〕
上記リンクからTransferWiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
海外送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。




海外からの送金 TransferWise(法人、個人事業主)

法人が,
海外からの送金を受取ると
 ・割高な円への両替コスト
 ・ 〃 受取銀行手数料

   ※被仕向手数料
が、かかります。

また個人事業主の場合
上記の割高な手数料のほか
一般的な個人口座で、
海外からの送金を受け取っていると
突然、銀行から
『事業性資金の受取はお断りします。』
と取引を停止されたりします。

どうすれば
 ・手数料や手間
 ・突然のトラブル
を避けることとができるでしょうか?

以下のビデオをご覧ください。

 

答えは簡単です。

海外の取引先に
1.以下のTransferWiseの紹介リンク
https://transferwise.com/u/kazuhikoy
をコピペして送る。

2.送金する人が理解できる言語を選んでもらう。
 (下の画像:クリックすると拡大)

 TransferWisecompany.jpg
 ※英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、
  ポーランド語、ポルトガル語などに変更できます。


3.TransferWiseに
口座開設してもらい、
御社の円預金口座あてに
送金してもらう。

と良いのです。

受取る日本の会社には、
TransferWiseの口座は必要ありません。

法人の場合、
円預金口座があるだけで
海外からの送金を受け取れます。
 ※海外からの送金を受け取れない銀行でも
  TransferWiseなら、海外からの送金を受け取れます。


個人事業主の場合
一般的な個人口座であっても
TransferWiseなら
海外からの事業性資金の受取りに
制限はありません。

では、
 ・送金する海外の取引先
 ・受取る日本の会社
それぞれ
どんなメリット、デメリットがあるか
以下に説明します。


【海外の取引先のメリット】

1.国内送金手数料だけの負担

2.お金が届かないといった
海外送金に関するトラブルがない。
 ※送金人のお金が届くのではなく
  TransferWiseの日本の預金残高から
  指定口座へ送金します。


3.国や通貨によっては
為替レートを固定できる。
(円での支払い額を確定できる。)

4.海外からの送金を受取れない日本の銀行でも
TransferWiseなら入金できる。


【海外の送金先のデメリット】

1.もともと個人向けのサービスのため
海外送金手続きの管理がしにくい。
しかし、
取引のつど、管理者のスマホで
パスワードを受取るなら
この問題は解決するでしょう。

2.利用できる国や通貨が
限られる。

〔海外から日本へ送金できる国・通貨〕
〇法人が送金できる国・通貨
アメリカ(通貨USD)
イギリス(通貨ポンド)
ユーロ圏(通貨ユーロ)
オーストラリア(通貨:AUD)
ニュージーランド(通貨:NZドル)
カナダ(通貨CAD)
スイス(通貨スイスフラン)
シンガポール(通貨シンガポールドル)
インド(通貨:インドルピー)
 ※1日に最大1,500,000 INRまで法人送金が可能
スウェーデン(通貨:スウェーデンクローナ)
デンマーク(通貨:デンマーククローネ)
ノルウェー(通貨:ノルウェークローネ)
ポーランド(通貨:ズロチ)
チェコ(通貨チェココルナ)
ハンガリー(通貨:フォリント)
ブルガリア(通貨:レフ)
ウクライナ(通貨: ウクライナ・フリヴニャ)
トルコ(通貨:トルコリラ)

※上記国の個人のほか、以下の国の個人は
日本への送金ができます。
ブラジル(通貨:レアル)
シンガポール(通貨:SGドル)
ルーマニア(通貨:レイ)

法人のTransferWiseでの認証、
その他については
法人 に説明があります。


【日本で受取る会社のメリット】

1.円への両替コストゼロ

2.受取銀行手数料なし

3.法人の円預金口座だけの管理
   ※円で入金されます。


【デメリット】
1.外貨で受け取ることができない。
(必ず円に両替されます。)
外貨残高のままにできません。

2.TransferWiseは、法人としては
日本からの海外送金ができません。
個人代表者としては海外送金できます。)
 関連情報
 TransferWise(法人)
 

と、わずかのデメリットはありますが
送金人と受取人双方にいいことずくめです。💕

以上、参考になればうれしく思います。




その他の国でのTransferWiseの利用

主要国以外からの送金では、
TransferWiseはさらにお得です。
(ただし日本へ送金できる国は限られます。)

 TransferWise.usa.png

【TransferWiseで日本へ送金できる
  主要国通貨以外の通貨と国】

   ※2017年6月22日現在
    今後も取引できる通貨は増えるでしょう。
    最新の情報を確認するには
     関連情報 TransferWiseの実際的な使い方     
    をご覧ください。


レアル(ブラジル)、コルナ(チェコ)
クローネ(デンマーク)、フォリント(ハンガリー)
クローネ(ノルウェー)、 ズロチ(ポーランド)
クローネ(スウェーデン)、SGドル(シンガポール)
レイ(ルーマニア)、レブ(ブルガリア)
 香港→日本の送金はできません。
  2017/9/11追加情報 香港からも送金できます。
   入金方法 デビット、クレジットカードのみ
   手数料 送金額の2.8%に60HKDを加算
   個人送金のみ可能、
   パスポート顔写真ページでの認証手続きが必要
   参考情報 HKDの送金について


日本への送金の場合
 ・TransferWiseまで国内送金する手数料
   ※基本的にTransferWiseと同じ名前の銀行口座から送金
 ・海外送金手数料 送金額の0.5〜1%程度
   (最低額の手数料あり)
だけの負担です。💕

〔参考情報〕
一般的な銀行では
日本へ送金するために
円や米ドル、ユーロに替えるだけで
1%〜の両替コストがかかります。

それ以外に
 ・割高な海外送金手数料
 ・日本での受取銀行手数料
   2,500円、4,000円〜など
 ・中継銀行手数料
   円で日本へ送金すると
   日本のM銀行で6,000円〜の手数料
と、とんでもない手数料がかかります。💦


おまけに日本で受取る人には
 ・マイナンバーは求められない。
というメリットもあります。💕
 ※海外から、日本にあるマイナンバーを登録していない
  自分の銀行口座へ送金することができます。


主要国以外からの送金について
TransferWiseの利用について説明します。
 ※日本語のカスタマーサポート
   一読されることをすすめます。



〇求められる本人確認書類

現地発行のID及び日本のパスポート
 詳しくは→本人確認をする
 をご覧ください。
 利用規約に、シンガポール、
  香港、ブラジルの説明があります。
 説明のない国については
 TransferWiseに問い合わせてください。

 

〇送金できる金額

最大額(1回あたり)140,000,000円
ただし送金元の国の規制が優先となります。
 ※送金画面で確認できます。
 ただし1000万円を送金すると
 手数料は10万円になります。
 日本の受取口座にマイナンバーがないなら
 やむを得ませんが、別途お得な方法があります。
  関連情報 海外からの送金 まとまった金額



Transferwiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔お得な情報〕
上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。

口座開設については、英語ですが、
以下のビデオで手続きを概観してください。

 

〔参考情報〕 主要通貨以外でまとまった金額を
 海外からの送金してお得に円に両替する方法


セントラル短資FXなら、
海外在住者でも口座開設できます。
また、ソニー銀行、新生銀行では
主要通貨以外の送金受取りができます。
 ※これらの金融機関は、
  外貨での受取には手数料はかかりません。

よって

1.北欧通貨
(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)
(1)現地銀行でお得にユーロに両替し
セントラル短資FXへユーロ送金してください。
その後お得な両替コスト(1ユーロ当たり0.1円)で
円に替えることができます。
 関連情報
 セントラル短資FXは海外在住者でも口座開設可能
 スウェーデン、デンマーク、ノルウェーへの海外送金比較
 
(2)ソニー銀行、新生銀行の取扱い通貨口座へ
(UFJ銀行、SMBC信託銀行の両替コストは割高)
現地通貨のまま送金して
ネットバンキングで円に両替できます。
(受取人はマイナンバーが必要です。)
 関連情報 
 海外からの送金 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やSMBC信託銀行の利用
 
2.シンガポールドル、香港ドル
(1)10万米ドル以上なら、現地銀行で
優遇レートを求めることができるでしょう。
それから日本へ送金できます。
(2)ソニー銀行(香港ドル)、新生銀行
(香港ドル、シンガポールドル)の取扱いがあります。
香港やシンガポールから外貨のまま送金し、
お得な両替コストで円に両替できます。
(受取人はマイナンバーが必要です。)
 関連情報 
 海外からの送金
 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やSMBC信託銀行の利用

 




イギリス、ユーロ圏、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでTransferWiseを利用する

TransferWiseは、
少額の海外からの送金に
大変お得で便利です。

 TransferWise.usa.png

日本への送金の場合
 ・TransferWiseまで国内送金する手数料
   ※TransferWiseと同じ名前の銀行口座から送金します。
 ・海外送金手数料 送金額の0.5〜1%程度
   (最低額の手数料あり)
だけの負担です。

おまけに日本で受取る人には
 ・マイナンバーは求められない。
というメリットもあります。💕
 ※海外から、日本にあるマイナンバーを登録していない
  自分の銀行口座へ送金することができます。
   関連情報 海外送金とマイナンバー


TransferWiseは
海外留学やワーホリなどで使い残したお金を
日本へ送金するのに便利でお得な方法です。

これから、
イギリス、ユーロ圏、オーストラリア、
ニュージーランド、カナダ
での
TransferWise利用についてまとめます。
 カスタマーサポート
  ユーロを送金する から先の説明を
  一読することをすすめます。



〇求められる本人確認書類

現地発行のID及び日本のパスポート
 詳しくは→本人確認をする
 をご覧ください。
 利用規約
  ドイツ、カナダ、オーストラリアの説明があります。

〔注意!〕
カナダでは、保証人による認証手続きも必要です。
詳しくは→CAD(カナダドル)送金の認証に必要な書類
をご覧ください。


〇送金できる金額

最大額(1回あたり)140,000,000円
ただし送金元の国の規制が優先となります。
 ※送金画面で確認できます。
 ただし1000万円を送金すると
 手数料は10万円になります。
 日本の受取口座にマイナンバーがないなら
 やむを得ませんが、別途お得な方法があります。
  関連情報 海外からの送金 まとまった金額



Transferwiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

1.上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。

2.口座開設については、英語ですが、
以下のビデオで手続きを概観してください。

 

〔参考情報〕 TransferWiseのメリット 
1.銀行から海外送金するときにかかる
  ・高額な送金手数料
    ・円への両替コスト
     (送金額の1-2%)
  ・受取る日本の銀行でかかる手数料
   (最低2,500-4,000円など)
はかかりません。
2.ソニー銀行、新生銀行、UFJダイレクトの
取扱い外貨なら、外貨のまま送金すると
 ・一般銀行よりお得な円への両替コスト
 ・受取銀行手数料がかからない
というメリットがあります。
 関連情報
 海外からの送金 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やSMBC信託銀行の利用
 しかし
 ・海外からの送金を受取る人は
   たいていマイナンバーを求められる。
そしてもっと問題なのは
 ・不慣れな銀行を利用すると
   日本へ外貨のまま送金しても
   途中で勝手に円に両替される
    関連情報
    カナダドルで送金したのに円で入金されていた
ことがあるとことです。

ですから、日本の銀行に
 ・50-100万円相当額を超える額を送金する
  ※送金する通貨、受取る銀行によります。
 ・当分の間日本の銀行で外貨のまま置きたい

のででなければ、
TransferWiseを利用する方が
 ・トータルでお得に海外送金できる。
 ・海外送金でのトラブルを避けられる。
ことになります。💓
4.日本から海外へ住所変更しても
一度日本で承認された認証は継続するので
引き続き日本からの送金もできます。


Transferwiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔お得な情報〕
上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。



アメリカでTransferWiseを利用する

(長い前書き)

いますぐアメリカで
TransferWiseを利用する手続きを知りたい人は
このページ中ほどまでスクロールしてください。



TransferWiseは、
少額の海外から日本への送金に
大変お得で便利です。

日本への送金の場合
 ・TransferWiseまで国内送金する銀行手数料
 ・海外送金手数料 送金額の1%程度
   (最低500-750円程度)
    ※最新の手数料は申込画面で確認できます。
だけの負担です。

おまけに日本で受取る人には
 ・マイナンバーは求められない。
というメリットもあります。💕
 ※海外から、日本にあるマイナンバーを登録していない
  自分の銀行口座へ送金することができます。


 TransferWise.usa.png


では、海外在住日本人が
海外から日本などへ送金するときに
どんな手続きが必要でしょうか。

たいていの国で最低限必要な書類は
以下の通りです。

・現地国の求める本人確認書類
 詳しい情報は→本人確認をする
 をご覧ください。
  ※日本のパスポートも利用可能です

・現地住所を確認できる書類
 詳しい情報は→住所確認をする
 をご覧ください。

・TransferWiseへ国内送金するための
  TransferWiseと同じ名前の銀行口座


これから、

1.アメリカ(この記事)

2.イギリス、ユーロ圏、オーストラリア、
ニュージーランド、カナダ

 ※クリックするとリンク先の記事へ移動します。

3.その他の国
 ※クリックするとリンク先の記事へ移動します。

でTransferWiseの利用についてまとめます。

 ※送金する世界各国で
TransferWiseから求められる情報は
 →利用規約
また送金についての詳しい説明は
 →カスタマーサポート の
  米ドルを送金する をご覧ください。



Transferwiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔参考情報〕
1.上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。

2.口座開設については、英語ですが、
以下のビデオで手続きを概観してください。

 

〔参考情報〕 TransferWiseのメリット 
1.銀行から海外送金するときにかかる
  ・高額な送金手数料
  (アメリカは30-50ドル程度)
  ・円への両替コスト
  (主要国通貨送金額の1-2%、
    途上国通貨ならさらに割高)
  ・受取る日本の銀行でかかる手数料
   (最低2,500-4,000円など)
はかかりません。
2.TransferWiseを利用して送金すると
日本で受取る人にマイナンバー
必要ありません
 ※今後は求められるかもしれません。
  その時はこの記事の内容を更新します。

3.ソニー銀行、新生銀行、UFJダイレクトの
取扱い外貨なら、外貨のまま送金すると
 ・一般銀行よりお得な円への両替コスト
 ・受取銀行手数料がかからない
というメリットがあります。
 関連情報
 海外からの送金 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やSMBC信託銀行の利用
 しかし
 ・海外からの送金を受取る人は
   たいていマイナンバーを求められる。
そしてもっと問題なのは
 ・不慣れな銀行を利用すると
   日本へ外貨のまま送金しても
   途中で勝手に円に両替される
    関連情報
    カナダドルで送金したのに円で入金されていた
ことがあるとことです。

ですから、日本の銀行に
 ・50-100万円相当額を超える額を送金する
  ※送金する通貨、受取る銀行によります。
 ・当分の間日本の銀行で外貨のまま置きたい

のででなければ、
TransferWiseを利用する方が
 ・トータルでお得に海外送金できる。
 ・海外送金でのトラブルを避けられる。
ことになります。💓
4.日本から海外へ住所変更しても
一度日本で承認された認証は継続するので
引き続き日本からの送金もできます。


(長い前書きの終り)

  TransferWise.usa.png


1.TransferWiseを利用した
アメリカからの送金

 ※アメリカでの利用規約は
  →Customer Agreementをご覧ください。
   同じ名前の銀行口座から
   TransferWiseへの送金が必要です。
  ※※まず→米ドルを送金する
   一読されることをすすめます。


〇TransferWiseを利用できる州について

TransferWiseが
アメリカ国内で銀行免許をもつ
以下の州から海外送金ができます。

〔TransferWiseが利用できるアメリカの州名〕
               (50音順)

アイオワ州、 アラスカ州、アラバマ州
アリゾナ州、 アーカンソー州、アイダホ州
インディアナ州、 ウェストバージニア州
ウィスコンシン州、オハイオ州、オレゴン州

カリフォルニア州、カンザス州、ケンタッキー州
コロラド州、 コネチカット州、

サウスダコタ州、ジョージア州、 

テネシー州、 テキサス州
デラウェア州

ニューハンプシャー州、 ニュージャージー州、 
ネブラスカ州、 ノースカロライナ州、 
ノースダコタ州

フロリダ州、 ペンシルバニア州

マサチューセッツ州、 ミシガン州
ミネソタ州、 ミシシッピ州
ミズーリ州、 メイン州
メリーランド州、 モンタナ州

ロードアイランド州、

ユタ州

ワシントン州、ワシントンDC 州
ワイオミング州

 ※最新の情報は
  許認可州内から米ドルの送金を行う
   から確認できます。


〇求められる本人確認書類
 ・SSN(社会保障番号)
しかし、SSNが有効でないなら
 ・日本のパスポート
で認証ができます。
詳しくは、
許認可州内から米ドルの送金を行う
をご覧ください。


〇送金できる金額

・ACHデビットを利用
初回1万ドル、2回目以降1.5万ドルまで
 ※ACHデビットについては
  →USD(米ドル)送金:ACHバンクデビット
  をご覧ください。

百万ドルまでの上限額の範囲で
回数や年間上限等なく利用できます。

・Domestic Wireを利用
詳しくは→Transfers from USD: Domestic Wire
をご覧ください。
 ※州によって送金限度額や対応が異なります。

〔注意〕
1.他の国や地域でTransferWiseに
すでに口座開設しているなら
アメリカへの住所変更が必要です。
 →住所確認をする
からふさわしい資料を確認して
TransferWiseに問い合わせてください。
 ※201776/19現在、海外への住所変更については
  サイトに説明がありません。
2.他の国でTransferWiseの口座開設をしたのち
住所変更をしても、その国からの送金は
継続して利用できます。
3.送金人と受取人が同じ名前でも
TransferWiseは送金を受け付けます。


Transferwiseの口座開設は

  →tranferwise からできます。

〔参考情報〕
1.上記リンクからtranferwiseに口座開設すると
500ポンド相当額(1ポンド140円なら7万円)の
送金手数料が無料になります。
 ※『Kazuhiko様からの特典で、海外送金を
  無料で行うことが出来ます』と説明があります。

2.口座開設については、英語ですが、
以下のビデオで手続きを概観してください。

 



海外でビジネス展開する人への海外送金に便利なペイオニア(payoneer)

〔お断り〕
ブログ管理者は、ペイオニア(Payoneer)を利用できません。
詳しい利用方法は、ペイオニアへ直接たずねてください。


海外で活動して
日本の会社や個人と
 ・物品の販売をする
 ・フリーランスの仕事をする
人にとって
ペイオニア(payoneer)は
便利なサービスです。
 ※支払受取を希望する企業などが、
  Payoneerによって承認されている必要があります。


ペイオニア(payoneer)の JPY is here!
 (クリックすると拡大)
 payoneer JPY.png

〔その理由〕

1.日本に銀行口座があるかのように
顧客からの支払い代金を
ペイオニアの指定口座で受け取れます。

2.受取った支払い代金を
簡単な手続きで
 ・海外の自分の口座へ送金する
 ・ペイオニアカードを使って
   現地ATMから引き出す
ことができます。💕

銀行を利用した海外送金と比べて
ペイオニアのサービスは、
 ・顧客
 ・海外でビジネスを展開する人
それぞれにどんなメリット、
デメリットがあるでしょうか。


【メリット】

○顧客にとって

面倒な海外送金をする必要はありません。
(ペイオニアからの請求書の通り
 指定された銀行口座へ
 円で国内送金するだけです。)


○海外でビジネス展開する人、会社

簡単な手続きで、
 ・現地の銀行口座へ入金する
 ・ペイオニアカードを使って
   現地国ATMから現金で引き出す
ことができます。
  ※いずれも現地通貨で受取り

日本の口座で受け取っても
その後海外送金する面倒な手続きや
トラブルを避けることができます。


【デメリット】

1.送金額に対して3%の手数料
金額が大きいと結構な負担になります。
しかし、
・法人や個人事業主の場合
  お得な外貨両替を利用して
  海外送金できない。
   ※例外となる関連情報
    外貨両替がお得な住信SBIネット銀行(法人)
     (毎月2,500円の口座管理手数料がかかります。)

・個人の場合
  たいていの銀行では、個人口座での
  事業性資金の海外送金は取り扱わない。
  ※送金目的を偽る、少額・送金回数を限る
   といった方法は長続きしません。
ことを考えるとやむを得ないかもしれません。

2.英語だけの対応

3.日本在住者は利用できません。


詳しい情報は、

 → ペイオニア に口座開設を申し込んだのち

 ・Can I receive payments from Japanese companies with the Global Payment Service?

 ・JPY is here ? Payoneer customers can now receive payments from Japanese companies!

をご覧ください。

以上、参考になればうれしく思います。

 その他ペイオニア(payoneer)の情報
 グローバル決済サービスを使って海外取引先から支払いを受取る




タグクラウド
0120 050free 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTコミュニケーションズ NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デポジット デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブルガリア ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リクルートカード リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 再インストール 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 届かない 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外旅行保険研究所 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM