記事検索
 

このブログへようこそ

「手数料を節約して海外送金する方法」へようこそ。

留学した子供に、
便利でお得に海外送金する方法を
探すことから始まったこのブログが、
2015年でちょうど10年になりました。
読者の励ましで続けることができ
感謝でいっぱいです。

これからも、海外で活動する人やその家族に
役立つ情報を提供し続けます。😃

スマートフォン専用ページで読む人へ
 → スマートフォンで読む人のためのリンク先
    から全体がわかります。

すぐにお得で便利な海外送金方法について知りたい方は
 →実際的でお得な海外送金方法
  海外からの送金 (法人 法人の海外送金

  金額別お得な海外送金方法
  米ドル ポンド ユーロ
  オーストラリアドル ニュージーランドドル
  カナダドル 円建て送金 
  主要国以外 または、中国への海外送金をご覧ください。
 
インターネットや海外のATMを利用して
 ・銀行窓口まで出かけず
 ・(海外滞在中でも)
   日本にいる家族のお世話にならず
海外にお金を送れるのはほんとうに便利です。😃

しかし
1.海外送金手数料の比較だけで、
どこがお得か判断していますか?

(1)海外送金する額が数十万円を超えると、
円を外貨に両替するときの上乗せレート
(=手数料)を抑えることが
節約の大きなポイントです。

(2)海外送金手数料以外の追加手数料
思ったよりかかることがあります。
  (たいていの銀行送金では、海外送金手数料以外に
    別途手数料がかかります。)


2.実際に送金できるまでの日数手間
どのくらいかかる?
現地に銀行口座がなくてもお金を受取る方法
ご存知ですか?

3.最近は多くの会社が、
海外と活発に取引しています。
では毎回の法人取引でかかる
 ・割高な海外送金手数料や受取銀行手数料
 ・窓口でかかる手間と時間
 ・円⇔外貨の割高な両替コスト

を、どのように減らせるでしょうか?

4.トラベラーズチェックの利用が縮小し
海外のATMで使えるカードを利用した
サービスが拡大しています。
利用手数料(210円or無料など)だけでなく、
外貨に両替する手数料などを含めた
賢いカード利用法をご存知ですか?

5.海外へ出かける前に
日本で外貨に両替しておくなら、
現地についてから両替、
キャッシングせずにすむので便利です。
しかし日本の外貨現金への外貨両替レート
海外送金用レートより大幅に割高です。💥
どうすれば海外に出かける前に
お得に外貨を現金で受取れるでしょうか?

〔海外送金と外貨両替の都市伝説〕
『FXでお得に外貨現金に両替して海外旅行へ!』
大間違い!
いくつかのFXでお得に外貨に両替できますが
銀行で外貨現金を受取るまでも手数料が高くつきます。
 関連情報 外貨両替はFX!のウソとホント
  ※例外は、みずほ銀行、マネーパートナーズ成田、羽田、関空、
    セントレア受取、プレスティアゴールドのサービスだけです。
 関連情報 マネーパートナーズの外貨空港受取
      外貨現金を海外へ持参するときにお得!
        その他みずほ銀行の外貨預金利用法


<<このブログを読んでほしい人>>

1⃣.外貨両替、海外送金関連手数料を
トータルで節約したい方

海外送金にかかる手数料は、
金融機関によって大きく違う(!)のです。
  ※まとまった金額の大幅な節約方法6.に説明

2⃣.海外で活動中でも、インターネットを使って
便利に海外送金したい人

銀行窓口まで行かず、日本の家族にお願いせずに
自分で海外送金できます。
 関連情報 SMBC信託銀行の利用 
       三菱東京UFJダイレクト など

3⃣.海外送金にかかる手間と費用を節約したい法人
  ※一般の銀行では海外送金ネットサービスは有料です。
   また、外貨の入金・送金のたびに手数料がかかります。💦
   (法人では、個人で便利・お得なシティバンクや
    新生銀行を利用できません。)

 関連情報 法人の海外送金

4⃣.海外ATMを利用したキャッシングをお考えの方
小額の現金は、海外のATMでキャッシングするほうが
簡単・便利で、両替商で外貨現金に両替するより
ずっとお得になります。
 関連情報 クレジットカードの海外キャッシング
 ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット
 マネパカードのお得な利用法  VISAデビットカード
 国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない!
 地域限定カード など


5⃣.どうしても 急いで 
お金を送りたい、受け取りたい!
・日本で入金して 即時に 海外のATMで引き出せる方法、
・海外送金をして 約10分後に、銀行の営業時間外でも
  現地通貨を受取る方法
・銀行窓口まで出かけず、
 口座開設なしで海外送金する方法(10万円まで)
があります。
 関連情報 急ぎの送金 SBIレミット
       enremit FSA


6⃣.一手間+数日かかっても
外貨両替手数料をしっかり節約したい人のため
 ・日本のFX現受・現渡、両替を利用した節約方法
 ・為替レートの変動をとらえながら
   外貨の資金管理をする方法 
など、銀行以外の外貨両替方法や
海外送金サービスの紹介をしています。
 関連情報 YJFX!の現受 マネーパートナーズの両替

〔参考情報〕
「初めて海外送金手数の節約に挑戦する人への参考」
 ※海外送金なんでも相談コーナーへの質問と回答例


そのほか
・海外送金・海外在住者と 税金
  関連情報 海外送金と税金 
       海外在住者と日本の所得税、相続・贈与税

さらに
・ワーホリ、留学、海外駐在・移住、ロングステイの準備
  関連情報 ワーホリ、留学等の準備
・海外送金のトラブル対処
  関連情報 トラブルの予防への対処
 ・その他お役立ち情報 関連情報 英語お助けグッズ
などにも触れています。


<<このサイトにある情報の調べ方>>

1.右コラムにある「カテゴリー」から
選ぶことができます。😃
スマホ、タブレットで読む人は、
スマートフォンで読む人のためのリンク集 を
ご覧ください。

2.記事検索・・・すべての記事の一番上にある
記事検索にキーワードを入力し、
「記事」ボタン、さらに「検索」を
クリックして関連情報を検索できます。

3.個別記事、各カテゴリーの最後に タグ
があるので、関心のあるキーワードをクリックして
他の関連記事を探せます。
 ※海外送金何でも相談掲示板 でも
   キーワードで検索できます。

4.google、Yaqhoo!Japanで
海外送金に関連したキーワードを入力すると、
このブログにある説明がヒットすると思います。

そのほか、最近新たにアップした内容は、
こちら から知ることができます。
 ※「はじめに」はいつもトップに来ます。
 (以前の記事もできるだけ新しい内容に更新中)


≪質問・ご意見について≫
質問やご意見は、海外送金何でも相談掲示板
にお願いします。


【このサイトの用語について】
わかりにくい金融用語がでてきますので、
代表的な例をあげて説明します。

〔外国為替手数料、外貨両替手数料、両替コスト
 リフティングチャージ、中継銀行手数料、受取銀行手数料〕

お客が銀行で両替して海外送金すると、
銀行は海外送金手数料以外に
円を外貨に両替することで利益を得ます。
 →外国為替手数料、外貨両替手数料、両替コスト
しかし、
 ・外貨の両替をしない
 ・中継銀行・受取り銀行になる
だけなら、銀行は儲けがありません。
そのためさまざまな名目で手数料を取ります。
 (取らない銀行もあります。)
 →リフティングチャージ、中継銀行手数料、受取銀行手数料

『通貨単位』
紹介している金融機関で利用できる通貨すべてを
まとめています。
  〔例〕千通貨単位=千ドル、千ポンド、千ユーロ・・
      という意味です。

『リフティングチャージ』
別途手数料、中継銀行手数料、
着金手数料、受取銀行手数料、
円建送金手数料、被仕向手数料、などと
さまざまな名前で呼ばれる手数料です。
 (銀行によって呼び方が違います。)

『コンバージョン』、『両替』、『通貨両替』
すべて同じ取引ですが、
FX会社によって呼び方が違うだけです。

『デリバリー』、『外貨受渡』、『現受・現渡』
これらも利用するFX会社によって
違う呼び方をしますが同じ取引です。


<< お断り >>
このブログ内容はできる限り正確に書いています。
しかし情報の更新が遅れてサービス内容が変わったり、
読者に勘違いを引き起こす説明があるかもしれません。
ですから一番正確な情報は、
それぞれの金融機関で確認してください。


スマートフォンで読む人のためのリンク集

〔重要な更新情報〕
・2016/3/1「海外送金とマイナンバー(調査続行中)」
【重要】YJFX!のレバレッジ設定の変更をしてください。


このブログは
多くのカテゴリに分かれているため
スマートフォン専用ページでは
必要な情報が見つけにくくなりました。

PC用ページなら右コラムに表示される
カテゴリーのリンク先を
わかりやすようにまとめました。😃

とくに
金額別お得な海外送金比較

 米ドル、 ポンド、 ユーロ

 豪ドル、 NZドル、 カナダドル


を活用してください。

それぞれの通貨名をクリックすると
金額別(5,10,30,100,300,1,000万円、)に
お得な海外送金方法のランキングが表示されます。
(口座送金、現地での現金受取、カード利用、
 日本からの現金持込などすべてを含みます。)
  
詳しい利用方法は、
各ぺジで紹介している金融機関名
青字のリンク先)をクリックすると
その説明ページが開きます。😃

上記以外の通貨については
 関連情報 主要国以外への海外送金
 最近のお得な中国向け送金
 中国への海外送金 中国銀行と銀聯カード
をご覧ください。

〔参考情報〕
1.5インチ以上のスマホで見やすいよう更新中です。
もし改行がずれて読みにくいときは
PC版で見る拡大するほうが
読みやすいでしょう。

2.7インチ程度以上の
アンドロイドタブレット
では
文字が左に偏ります。
画面を一番下までスクロールして
『PC版を見る』をクリックすると
快適に読むことができます。

3.ご意見やわからないことは
海外送金何でも相談掲示板
気軽に投稿してください。

質問するときは
 ・送金金額
 ・送金する人の事情

  (海外or日本在住)
 ・利用できる金融機関
  (ネットバンキングやFXの利用)
 ・受取る人の事情 
  (家族への送金or取引先などへの送金など)
 ・急ぐかどうか
など、できるだけ詳しく教えてください。

〔主な追加・更新〕
 ※投稿日以降も更新

・2016/8/20ソニー銀行の海外送金を更新と追加しました。

・2016/5/23transferwiseは少額の海外送金にお得!

・2016/3/17「【重要】YJFX!のレバレッジ設定の変更をしてください。」の内容を更新

・2016/3/1「海外送金とマイナンバー(調査続行中)」

・2015/10/20「ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット(Sony Bank WALLET)

・2015/9/14「FSAマレーシアへの送金が快速、お得で便利

・2015/3/15「クレジットカードの海外ヘビーユーザーはVISAよりMasterがお得!

・2014/9/13「マネパカードの便利でお得な使い方

・2014/9/3「ドルユーロの外貨宅配
 「外貨現金買取レートがお得なドルユーロ

・2014/4/7「SBIレミットは海外生活の必携!

・2014/1/27「海外から日本の0120へ電話する方法

・2013/11/29「海外生活を終えるときの外貨両替と海外からの送金

・2013/2/24「YJFX!の現渡その1その2

・2012/3/12「海外送金したら税務署からおたずねが来た!

・2011/3/19「クレジットカードの海外キャッシング

・2010/12/26「SBIレミット(+マネーグラム)の海外送金

・2010/9/27「外貨現金を海外へ持参するときにお得!その他みずほ銀行の外貨預金利用法

・2010/5/31「YJFX!の現受

・2009/12/22「海外から日本に円建て送金したときの被仕向け手数料、中継銀行手数料

・2007/10/19「国際キャッシュカードは便利だけれどお得ではない!



このブログにようこそ。
このブログの概要・目的がわかります。

〔海外送金にかかる手数料〕
 ※( )内は記事数

海外送金手数料の比較(1)

外為(両替)手数料の比較(4)

中継・受取銀行手数料
(3)


〔実際的な海外送金方法〕

実際的でお得な海外送金(5)

ワーホリ、留学等の準備(19)

帰国するときの注意(3)

海外で活動する人にSBIレミットは海外必携ツール(1)

ビットコインの利用


海外→日本への送金

海外から日本への送金(個人)(1)

海外から送金するときの注意(2)

  海外からの口座開設(1)

海外からの小額の送金(6)

 〃 まとまった金額の送金(1)

 〃 外貨で送金する方法(5)

 〃 FXの利用(3)

☆ 〃  YJFX!の利用(2)

  〃  マネーパートナーズ(3)

   円に両替してから送金(1)

(法人、個人事業主)
 ※海外→日本への送金についての説明
  (日本→海外は別途説明があります。)


☆ ペイオニア(payoneer)(2)

  その他金融機関(2)

2.海外送金と税金

海外送金と税金(5)

海外在住者と税金(7)


日本→海外への送金

〔金額別お得な海外送金方法〕

金額別米ドルのお得な海外送金方法比較(1)

金額別ポンドのお得な海外送金方法比較(1)

金額別ユーロのお得な海外送金方法比較(1)

金額別豪ドルのお得な海外送金方法比較(1)

金額別NZドルのお得な海外送金方法比較(1)

金額別カナダドルのお得な海外送金方法比較(1)

円建て送金手数料比較(1)


〔少額の海外送金〕
(100万円まで)
 ※( )内は記事数

楽天銀行(個人)(9)

SBIレミット-マネーグラム(7)

enremit(1)

  ウェスタンユニオン(セブン銀行など)(2)

FSA(1)

 ブラステルレミット(2)

  NTTドコモ(1)

 PayPalの利用(5)

  その他電子マネー(2)

 クレジットカードの利用(5)

 〃 の海外キャッシング(5)

米ドル支払いができるカード(2)

 地域限定カード(1)

マネパカード(2)

VISAデビットカード(9)

 国際キャシュカードなど(3)

 急ぎの送金(2)

空港でのお得な外貨現金(3)

ドルユーロの外貨宅配(2)

 T/C、現金など(4)

 法人・個人向け外貨宅配(1)
 

〔まとまった金額の海外送金〕
 ※( )内は記事数

YJFX!の現受(4)

 セントラル短資FX(3)

 マネーパートナーズ(6)

   外貨現受の利用(6)

   FXを利用した両替と海外ATM比較(4)

  外貨建MMFの利用(2)

SMBC信託銀行の利用(10)

   FX,外貨預金の利息(3)

楽天銀行(リンク先)(1)

三菱東京UFJダイレクト(6)

  三菱東京UFJ銀行(3)

新生銀行の利用(6)

  新生銀行Goレミット(1)

  PayForexの利用(2)

   ネット銀行やFXの情報(4)

  ソニー銀行の利用(3)

   郵便局:ゆうちょ銀行(1)

   三井住友銀行(1)

円建て海外送金(1)


主要国以外への海外送金(12)

最近のお得な中国向け送金(4)

  中国への海外送金(10)

   中国銀行と銀聯カード(5)

カレンシーオンライン〔新〕英語サイト(4)

 カレンシーオンライン(海外在住者向け)(9)

  カレンシーオンライン詳細(8)

  KVBの利用(1)


法人の海外送金

法人の海外送金(3)

楽天銀行(1)

transferwise(1)

住信SBIネット銀行(1)

カレンシーオンライン(4)

  FXの利用(1)

  その他情報(3)

〔そのほかの情報〕
 ※( )内は記事数

海外送金トラブル対処(15)

その他(14)


以上です。







海外からの送金 transferwiseのお得な利用方法

海外から日本へ海外送金するとき
数十万円までなら
tranferwiseを利用すると大変お得です。💕
 ※ビットコインを除く
   関連情報 ビットコインの利用


 transferwiseJP.png

一方、送金する国の
海外送金手数料によりますが
50万円程度以上なら
ソニー銀行や新生銀行への外貨送金して
ネットバンキングでの両替するほうが
お得になるでしょう。
 関連情報 
 海外からの送金 ソニー銀行、新生銀行…の利用


tranferwiseのメリットと
デメリットを以下に説明します。


〔メリット〕


1.送金する人、受け取る人のメリット

〇送金する人
 ・安い国内銀行送金手数料
   現地国の便利な支払い方法が選べる。
   ※ヨーロッパでは様々な支払い方法があります。
  〔割高な送金手数料の例〕
   アメリカ銀行の海外送金手数料は50ドル程度💨


〇受け取る人
 ・日本で受取銀行手数料が差し引かれない
   関連情報 
   海外から日本に円建て送金したときの被仕向手数料、中継銀行手数料
 ・外貨両替手数料がかからない
   関連情報 外貨両替手数料の比較
    ※外貨→円でも同様です。
 ・中継銀行手数料がかからない

2.海外在住でマイナンバーがなくても
現地の住所で口座開設できます。
 ※パスポートのほか、宣言書(?)が必要です。
  詳しくは、transferwiseのサイト内
  →Declaration Letter for Japanese Non-Resident
  の指示に従ってください。
 関連情報 transferwise



【デメリット】

送金する金額が大きくなる
手数料の負担が重い。

例:送金限度額100万円にかかる手数料は
10,000円〜15,000円になります。

〔transferwiseの手数料〕
日本への送金額に対して
 ・1%の手数料
   アメリカ、イギリス、ユーロ圏からの送金
 ・1.5%の手数料
   その他の国からの送金
    ※送金できる国については
     →Supported Currencies
    ※※日本への送金につては
     →JPY Transfers Sending to JPY
 をご覧ください。


これでは、少々割高な銀行で
海外送金手数料を払っても
ソニー銀行や新生銀行、UFJ銀行へ
取扱外貨のまま送金すると
 ・受取銀行手数料がかからない
 ・お得な外貨両替手数料
ので、かえってお得になります。
関連情報 
 海外からの送金 ソニー銀行、新生銀行…の利用 

 例:アメリカからソニー銀行して円に替えると
   海外送金手数料50ドル程度、
   さらに円への両替コスト1,500円
   程度で収まります。



ということで、
 ・tranferwiseを利用できる国に
   銀行口座がある
 ・数十万円までの送金

なら、transferwiseが大変お得で便利です。


 tranferwiseの口座開設は

  → transferwise からできます。

 transferwiseJP.png



ソニー銀行の海外送金 その2送金指示

ソニー銀行の海外送金で
送金指示の手続きをまとめます。


1.ソニー銀行にログインし
振込・入出金→外貨送金 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank2.png

2.ソニー銀行からの外貨送金(仕向け送金)の
送金依頼 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank16.png

3.事前登録先一覧 から
今回の送金先を選んで、
送金依頼 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank17.png

4.注意事項を確認して
次へ をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank18.png

5.
(1)住所 を確認し
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank19.png

(2)送金する金額を入力し
次へ をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank20.png

6.送金する内容を確認し
5桁の暗証番号を入力し、
決定 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank21.png

7.海外送金の指示が完了しました。
あとは送金したお金が届くのを待ちましょう。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank22.png

また、外国送金に戻り、送金依頼の
履歴照会 をクリックすると
過去の送金を確認できます。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank26.png
       ↓
 sonibank22.png

〔参考情報〕
ソニー銀行の海外送金をテストしたところ
受取口座への着金は
一般銀行より1−2営業日遅れるようです。


 ソニー銀行の口座開設は

   →ソニー銀行 からできます。





 

 sonybank1.jpg









ソニー銀行の海外送金 その1送金先登録

ソニー銀行では、最初からネットバンキングで
 ・海外送金先口座の登録
 ・海外送金の指示
ができるのがうれしいです。😃

送金先を登録する手続き自体は
それほど難しくありませんが、
初めて利用する前に一読されることを
すすめます。

 ・アメリカへ海外送金する人
   →ABAナンバー
 ・ユーロ圏へ海外送金する人
   →IBANコード
が必要です。
中ほどに登録の方法を説明しています。
 関連情報 
 スイフトコード(BICコード)、ABAナンバー、IBANコードについて


1.ソニー銀行のサイトにログインした後
振込・入出金→外貨送金 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank2.png


2.ソニー銀行からの外貨送金
(仕向け送金)の中にある
事前登録 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank3.png

3.注意事項を確認して
次へ をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank4.png

4.依頼人情報を入力し
次へ をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank5.png

5.受取金融機関情報を入力します。

マレーシアのHSBC銀行の
スイフトコードと『支店名』を入れましたが、
検索できませんでした。
 ※スイフトコードで検索すると
  本店の住所でヒットするはずです。

(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank6.png

それで、手入力で登録しました。
 実際には画像の下にありますが
 次へ をクリックします

(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank7.png

〔IBANコードの入力〕
ユーロ圏へ送金するとき
送金国名を選ぶと以下の画面になり
IBANコードを入力できます。
(下の画像:FRANCE、パリバの
 スイフトコードを入力した例)

 sonibank24.png

〔ABAナンバーの入力〕
UNITED STATES OF AMERIKA を選び
手入力を選ぶと、入力できます。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank23.png


6.確認ページです。
中継銀行の指定がない場合、
指定なし を選んで、次へ を
クリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank8.png

〔中継銀行を指定する場合〕
指定あり を選ぶと、
中継する銀行のスイフトコード
(BICコード)を入力します。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank8.2.png

7.受取人情報、送金内容 を入力し
次へ をクリックします。
 ※あとで送金目的を生活費に変更しました。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank9.png

8.(1)確認画面になるので、
5桁の取引暗証番号を入力します。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank10.png

8.(2)ソニーバンクウォレットを用意し
カード製造番号から数字を入力し、
次へ をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank11.png

9.合言葉で取引している人は、合言葉
(トークンを利用している人はパスワード?)
を入力して、決定 をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

sonibank12.png

登録の申込ができたので、
閉じる をクリックします。
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank13.png

以上で、送金先登録の申請ができました。

登録は3-5営業日で完了しますので、
ソニー銀行からの回答を待ちましょう。
 ※ブログ管理者は送金目的を『生活費』としましたが
  2営業日で登録完了のメールが届きました。


メールが届いたら、
(1)ソニー銀行のサイトにログインし
振込・入出金→外国送金 クリックし
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank2.png

(2)事前登録先 をクリックすると
(下の画像:クリックすると拡大)

 sonibank14.png

(3)登録が完了したことがわかります。
(下の画像:クリックすると拡大)

sonibank15.png


 ソニー銀行の口座開設は

   →ソニー銀行 からできます。
 

 sonybank1.jpg



ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット(Sony Bank WALLET)リンク先紹介

ソニー銀行で、海外での利用に
大変お得でべんりなデビットカード
ソニーバンクウォレット
(Sony Bank WALLET)が始まりました。💓

Sony Bank WALLET.jpg

詳しい情報は
 関連情報 
 最強のデビットカードか、ソニーバンクウォレット(Sony Bank WALLET)
で説明しています。

〔参考情報〕 
他のカードと比べて弱いところは
以下の3点程度です。
・海外旅行保険が付帯しない。
・10通貨以外は割高なVISAレートが適用される。
・預金残高がないと利用できない 
 (クレジットカードではありません)




ソニー銀行の海外送金が新しくなりました!

ソニー銀行の海外向け送金が
大変便利になりました。😃

 sonybank1.jpg

通貨によって異なりますが
 ・数十万円〜200万円程度まで
 ・急がないある程度決まった送金先への
海外送金にお得です。
(10万円程度まで、また外貨への両替をともなう
 数百万円以上の海外送金なら
 さらにお得な海外送金方法があります。
  ※近いうちに金額別海外送金比較
米ドルポンドユーロ豪ドルMZドル加ドル円建て
に、ソニー銀行を含めて更新します。


詳しくは→ソニー銀行からの外貨送金(仕向け送金)
をご覧ください。


(少し長い前書き)

以前のソニー銀行の海外送金は
 ・書類の郵送に日数がかかり
   電話での送金指示という面倒さ
 ・送金できる通貨はドルとユーロのみ
で、海外で活動することが多い人にとって
利用できるサービスではありませんでした。
 関連情報 ソニー銀行の海外送金、国内外貨送金について

ですから、今回がソニーー銀行にとって
初めてのネットバンキングによる海外送金になります。

さて、一方でソニー銀行で
ソニーバンクウォレットという
海外で大変便利でお得なサービスが始まりました。
 関連情報 
 最強のデビットカードか、ソニーバンクウォレット

ですから、海外で活動することが多い人にとって
使いやすいサービスになることを期待しています。
注意!
ソニー銀行を海外送金のメイン銀行にするなら
不特定多数の受取人からの受取口座にしないことをすすめます。
 参考サイト BLOGOS ネット銀行経由での詐欺が多発している件で

しかし、一方で海外送金では
トラブルが起きることがあります。

これからソニー銀行が
どのくらいのサービスを展開しているか
情報を追加してゆきます。

 ※長く外資系金融機関で働いた知人は
 『海外送金はシティ(日本ではSMBC信託銀行が引継ぎ)、
  郵便はFEDEX、それ以外はトラブルが起きると解決が面倒』
 と言います。

〔海外送金で起ったトラブルの例〕
 ・海外送金したお金が届かずおまけに理由は不明、結果として
   円→外貨→円の両替コストと組戻手数料が差し引かれて戻った。
 ・届かなかったお金を取り戻すのに大変な手間と費用がかかった。
 ・送金途中で勝手に他の通貨に両替された。
 ・海外送金の指示をしようとしたら、ネット環境や
   金融機関のサーバートラブルで送金できない。※とくに海外
  (大手邦銀、新生銀行、SMBC信託銀行なら電話や書類郵送で
   対応できますが、ソニー銀行は不明)
   →新生銀行 電話取引トラブル時の対応例


(長い前書きの終り)



以下ににソニー銀行の
メリットとデメリトをまとめます。


 sonybank1.jpg


【メリット】

1.取扱通貨が豊富でお得な両替コスト、
送金限度額がネットバンキングで最大
(個人の場合)

(1)両替コストが安い。💔
 関連情報 外貨両替手数料の比較

〔1通貨当たりの外貨への両替コスト〕
米ドル0.15円、 ユーロ0.15円
英ポンド0.45円、 豪ドル0.45円
NZドル0.45円、 カナダドル0.45円
スイスフラン0.45円、 香港ドル0.09円、
南アランド0.2円
スウェーデンクローナ0.09
 ※詳しくは→ソニー銀行 為替レートをご覧ください。

さらにソニー銀行で
 ・一定条件をみたす(シルバー)   
 ・外貨預金残高500万円以上(ゴールド)
 ・外貨預金残高1000万円以上(プラチナ)
になると、円からの両替コストが優遇されます。
詳しくは→外貨預金優遇制度 をご覧ください。    
 ※シルバーの条件は最後の優遇ステージの判定方法に説明


(2)送金限度額は円換算で500万円まで可能
少々まとまった金額でもまとめて海外送金できます。

 ※ネットバンキングでの海外送金限度額の例(個人)
 ※SMBC信託銀行300万円、三菱東京UFJダイレクト100万円
  楽天銀行(個人100万円)など
  (ただしSMBC信託銀行は書類郵送することによって
   さらにまとまった金額を海外送金できます。)
〔500万円以上の海外送金について〕
電話取引になります。
ソニー銀行からの回答は以下の通りです。
・・・・・〔引用開始〕・・・・・
ソニー銀行口座から外貨を送金する場合の限度額につきましては、
ご認識のとおり、 1回あたりの限度額は500万円相当額までとなっております。

しかしながら、限度額以上の送金をご希望の場合は、
カスタマーセンターまでお電話にてご連絡をいただき、所定の本人確認のうえ、
お電話中に、即時引き上げ手続きをさせていただきます。

※念のためのご案内ではございますが、ソニー銀行の外貨送金につきましては、
 事業性の資金は受け取りは可能ですが送金はできませんのでご注意ください。

その際、本人確認のひとつとして、登録電話へ折り返しの
お電話をさせていただいておりますので、本メールの末尾に
記載しておりますカスタマーセンターの営業時間内に、
当社にご登録いただいている電話番号よりご連絡くださいますようお願いいたします。
・・・・・〔引用終〕・・・・・


2.ネットバンキングに
最初から海外送金が付いている。


他の邦銀メガバンクのように、海外送金するために
さらに日数と手間のかかる手続きは必要ありません。😃
 ※手続きが面倒な例→三菱東京UFJダイレクト

送金先登録(ネット)に3-5営業日かかりますが、
その後いつでも海外送金できます。
 ※ブログ管理者は2営業日で登録完了しました。


3.お得な海外送金手数料
(1)海外送金手数料 3000円のみ

円建て送金、外貨預金残高からの送金の両方で
一般銀行のように余分な追加手数料はかかりません。
 ※多くの銀行では、さまざまな名目で
  別途追加手数料2,500円〜の手数料がかかります。


 ※ソニー銀行で外貨預金残高が
 ・500万円以上(ゴールド)で月1回
 ・1000万円以上(プラチナ)で月3回
  海外送金手数料が無料になります。
詳しくは→外貨預金優遇制度 をご覧ください。
 
  

(2)中継銀行や受取銀行でかかる手数料を
支払銀行手数料3,000円負担することで
送金人払いにできます。
注意!
ソニー銀行から、中継銀行手数料を
送金人負担で送金しても
  ・中継・受取銀行手数料として
     3,000円以上の追加費用がかかる
  ・別の手数料名で一部の銀行が
     問答無用で手数料を差し引く
場合についての対応は不明です。
 ※・受取金額から差し引く
  ・別途ソニー銀行から請求される
 のいずれかになるでしょう。

〔ソニー銀行への問合わせにたいする回答〕
・・・・・〔引用開始〕・・・・・
支払銀行手数料を送金人負担とした場合、
一般的に別途追加費用はかからないケースが
ほとんどであると、当社では認識いたしております。

そのため、支払銀行手数料3,000円を上回る諸費用が発生した場合、
当該費用につきましては、国や中継銀行、また受け取り金融機関の
取り決めによっても異なり、費用が発生した都度、個別対応として
検討させていただきますので、当社サービスサイトでのご案内のとおり、
追加でご請求させていただく場合がある、という案内に止めております。
・・・・・〔引用終〕・・・・・
〔ブログ管理者の追記〕
一部の国のHSBC銀行へ送金では、中継銀行手数料25ドル、
さらに受取銀行で手数料が差引かれることがあります。


4.円建て送金がお得💕

三菱東京UFJ銀行を中継しますが
中継銀行手数料はかかりません。
(海外の中継銀行で
 別途中継銀行手数料がかかる可能性あり)

 ※一般的な銀行から円建て送金すると
  海外送金手数料、円建て送金手数料2,500円〜がかかるうえ、
  さらに日本の中継銀行が別途6,000円の手数料を差し引きます。💦
   関連情報 円建て送金



6.カナダ、スイス、香港、南アフリカ、
スウェーデン、南アフリカ

お得な両替レートで現地通貨で海外送金できる。
 関連情報
 香港、シンガポール、タイ、韓国への海外送金
 スウェーデン、デンマーク、ノルウェーへの海外送金比較(+南アフリカの情報)


7.海外からの外貨送金を受け取るときに
日本での中継・受取銀行手数料がかからない。

そして、ソニー銀行の取扱通貨なら、
 ・受け取った外貨を
   お得な両替レートで円に両替する。
 ・ふさわしい時まで外貨でそのまま預けておく。
こともできます。
 関連情報 
 海外からの送金 新生銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行やSMBC信託銀行の利用

注意!〕 円建て送金を受け取る場合
中継銀行を三菱東京UFJ銀行を指定しても
中継銀行手数料差し引かれます。



8.本人が海外でカード支払いする、
ATMで引き出すなら、
ソニーバンクウォレットがお得で便利です。

 関連情報 ほぼ最強のデビットカード ソニーバンクウォレット 
 ソニーバンクウォレットのお得な使い方

 sonybankwallet.jpg


 ソニー銀行の口座開設は

   →ソニー銀行 からできます。 



【デメリット】

1.円を外貨に替えるコストが
それなりにかかる。

少額ならそれほど問題ありませんが、
金額がまとまるとバカになりません。

〔500万円程度の海外送金をするときの両替コスト〕
 4万ポンド 1.9万円、6万オーストラリアドル 2.7万円
 6万NZドル 2.7万円、 6万カナダドル 2.7万円など

〔参考情報〕
YJFX!とSMBC信託銀行or新生銀行を利用すると
円からの両替コストゼロで海外送金できます。
 関連情報 YJFX!の現受
〔注意!〕
YJFX!をはじめ日本のFXでは、外貨出金するときに
中継銀行を登録できないため、ソニー銀行へ外貨送金できまません。


2.一般の銀行からの海外送金と比べて
受取口座へ届くのは、1-2営業日遅い

推測ですが、すべての海外送金は
三菱東京UFJ銀行を中継するため
余分な日数がかかるのでしょう。


3.お金が届かないなどのトラブルが起きて
調査を依頼すると
照会手数料:5,000円がかります。💧

自分が手続きを間違たときはやむを得ませんが、
(組戻し手数料:5,000円、変更手数料:5,000円)
届かない理由を調べるだけの手数料としては割高です。
 ※ブログ管理者は、NZランドへ米ドル送金したとき
  お金が中継銀行で1週間とどまっていた経験があります。
  シティバンク(現在のSMBC信託銀行)に問い合わせたら
  数時間で受取口座へ届きました。


また、ソニー銀行から三菱東京UFJ銀行に
照会するでしょうから
日数も余分にかかると思います。


4.事業性資金の海外送金はできません。


以上、ソニー銀行の海外送金について
まとめました。


 ソニー銀行の口座開設は

   →ソニー銀行 からできます。
 

 sonybank1.jpg




2016年の中国海外送金事情

中国広東省深セン市在住のブログ読者N氏より
現在の中国の海外送金事情について
メールをいただきました。

中国へ海外送金する読者に役立つため
内容を転載します。
詳細な情報に感謝します。
〔お断り〕
中国では地域によって、銀行の対応が
違うことがあります。
ここに書かれたことが他の地域では
当てはまらないことがあります。
自分自身で正確な情報を確認してください。


ポイントは

1.中国での年間外貨両替額は、
1/1〜12/31ではなく
1年(365日)前までさかのぼって
5万ドル相当額を計算する

 ※個人は、現地での収入証明がないと
  5万ドルまでしか海外送金できません。


2.5千ドル相当額以上
海外送金を受けたとき、
本人が口座開設した支店まで
パスポートを持って出向く
必要がある。

3.中国では、一つの銀行に
4つの口座まで
しか持てない。

4.開業して日が浅い支店では、
海外送金を受取れないことがある。
(政府の銀行管理部門から、取引受付の
 許諾が下りていないため)

5.現金両替は、銀行カードを持って
本人がでかける必要のある支店がある。

6.国内送金手数料は、
銀行によって違う。

7.大手銀行などでは口座開設に
10元から15元の手数料
がかかり
長期滞在用のビザの確認をされ、
短期旅行者は開設しにくい。

また、ケイタイを必ず持参する必要がある。
(6桁のパスワードを受取るため)

8.PayPalからの受取には
・中国本土か香港に銀行口座が必要
・150米ドル以上
・別途手数料がかかる。

です。


以下は、いただいたメールの内容です。

・・・・・・・〔引用開始〕・・・・・・・

山田様、

 Yahoo知恵袋では早速御回答の方ありがとうございました。
  〔ブログ管理者の追加情報〕
  ブログ管理者はヤフー知恵袋で回答しています。
   → 山田譲のプロフィール


 お礼と言っては何ですが、早速ですが2009年の過去ログをみて
中国の銀行に関する最近の状況について、小生がわかっている限りの
追加情報をメールにてお送りします。

 1)外国人の外貨換算について
   1年に5万USドルというのは変わっていないのですが、
   一年一年で区切られて計算されるのではなく、365日で
   計算
されます。
   例えば 2016/2/5に 12000USD
       2016/5/6に 25000USD
       2017/2/1のには 37000USDの累積があるので
       13000USDしか換金できず、
       2017/2/6 には 365日経過しているので、12000USDが
       累積から消されて、25000USD換金できるという形になります。

 2)5000USD以上の海外送金を受けた場合、銀行の口座を開設した支店に
   口座名義人本人がパスポートを持って出向かなければならないという
   状況です。
   =>このことを知らなかった為以前郵貯から中国の銀行に送金した際、
     路線バスで2時間以上揺られて開設した支店まで赴いたことがあり
     ます。
   補足情報
   銀行に行くのは申报といって、用途などを銀行に伝えるような
   書類を記入し確認するための手続きです。
   中国側の銀行で振り込みが完了できたという通知があってからの
   処理になるので、携帯電話等で繋がる環境を作っておかなければ
   なりません。

 3)中国の各銀行では同一銀行に4つまでしか口座が持てないという風になり
   ました。
    =>転勤などで他市に引っ越した場合、そこの銀行口座を開くように
      していますが、4つを越えないよう、事前に解約するなりした方が
      いい状況です。

 4)外貨送金受付について、同一銀行でも支店によっては受けつけられない
   ことがあります。
   支店が開業して日が浅かったりすると、政府の銀行管理部門から取引受け
   付けの許諾が下りていないことに起因します。
   ただ、外貨現金などの換金は応じることは出来るようです。
   (民生銀行深セン市内某支店での経験)

 5)その口座のカードホルダーでないと現金の換金は受け付けないという銀行も
   出てきています。

 6)ネットバンキングによる中国国内他行への振り込みについて手数料の考え方が
   複数あります。
   新興的な銀行(平安銀行、民生銀行等)についてはネットバンキングも
   モバイルバンキングも現状は無料。
   工商銀行や中国銀行などは、ネットバンキングでは3%の手数料、専用APPによる
   振り込みでは手数料が安くなります。
   農業銀行などは開設後何か月かの間に何回かの取引があれば、その後の手数料は
   無料になるような形態を取っています。

 7)口座開設については、大手銀行などでは手続き手数料で10元から15元が取られますが、
   平安銀行や民生銀行などは開設手数料無料です。
   その際長期滞在用のビザの確認をされますので、短期旅行者には開設しにくく
   なっています。 
   〔補足情報〕
   口座開設の際に必ず中国の携帯を記載する必要があります。
   現場で本人確認をするために、6桁のPASSWARDが発行されるので
   それを入力する必要がありますので、忘れずに持って行ってください。

 8)Paypal送金について
   一昨日中国側のPaypal窓口に確認したところ、こんな回答が出ました。
   まず取扱手数料として入金金額に対し0.44%+0.3USDの手数料が
   こちらで引かれたうえに、引き出す際に一律35USDの電信扱い
   振込手数料が取られるようです。
   しかも150USD以上じゃないと振り込み手続きが取れないですし、
   中国もしくは香港の銀行口座を持っていなければなりません。
   また、本人確認を行った後でないとこの操作が出来ず、オンラインでは
   少数点以下の振り込みが2回あるので、それを間違いなく入力するという
   作業が必要になります。

 参考になれば幸いです。

jaken_china こと N拝
 中国広東省深セン市在住

・・・・・・・〔引用終り〕・・・・・・・





海外での医療費はどのくらいかかるか?

海外に出かけるときには
必ず、海外旅行保険に入りましょう。‼

例:アメリカでは盲腸の手術に
数百万円💦かかることがあります。


海外に出かける前に、
万が一の時の対応を調べるのは
自分だけでなく
愛する家族への責任です。

ですから、以下の情報を知る必要があります。

1.出かけた国で病気やケガをしたとき
どのくらいの費用がかかるか。

2.(現地の医療水準がふさわしくないとき)
治療のため、日本へ移送するには
どのくらいの費用が掛かるか。

 ※そのほか、重症の場合
  ・現地へ親族を呼び寄せる
  ・亡くなったときの遺体の移送
  にも費用がかかります。


3.必要な治療費を払えるように
どのように海外旅行保険に入ると良いか。

わからないことがいっぱいですが

1.のむてつさんが運営するサイト
『海外旅行保険比較節約研究所』

  → 地域別医療費(50音順)

に、世界各国の医療費データから

 ・海外旅行保険は、いくら必要か?

 ・どのようにすれば保険でカバーできるか


について、詳しく調べています。


※現在の情報は以下の国と地域です。

アメリカ(ロサンゼルスなど)|イギリス(ロンドン)|
イタリア(ローマ・ミラノ)|インド|
インドネシア(ジャカルタ・バリ)|エジプト(カイロ)|
オーストラリア(シドニーなど)|オーストリア(ウィーン)
|オランダ(アムステルダム)|カナダ|韓国(ソウル・プサン)
|カンボジア(プノンペン・アンコールワット)
|ギリシャ(アテネ)|グアム|サイパン
|シンガポール|スイス(ジュネーブなど)
|スペイン(マドリードなど)|タイ(バンコク)
|台湾(台北)|中国(香港・北京・上海・西安)
|ドイツ(ミュンヘンなど)|トルコ(イスタンブール)
|ニュージーランド(オークランドなど)|ノルウェー(オスロ)
|ハワイ(ホノルル)|フィジー|フィリピン(マニラ)
|ブラジル(サンパウロ)|フランス(パリ)
|ベトナム(ホーチミン)|ポルトガル(リスボン)
|香港|マレーシア(クアラルンプール)
|メキシコ(メキシコシティ)|ロシア(モスクワ)


2.C-study運営者のサイト
年100万件のデータから見える、
海外旅行の治療費用の相場はいくら?
「治療費用無制限」の保険は必要?

があります。


海外に出かける前に
現地で病気やけがをしたら
 ・どのくらいの費用がかかるか
 ・海外旅行保険額は十分か

調べておくことをすすめます。





海外旅行保険でだんぜんお得なエポスカード

エポスカード
ワーホリや留学、ロングステイに出かける人に
海外旅行保険で助かるカードです。😃

エポスカードの申し込みは

  →年会費は永久無料!エポスカード
   からできます。



〔追加情報〕
海外キャッシングを続けると
年会費無料のゴールドカードの招待があり
日本各地の空港ラウンジを
利用できるかもしれません。💕
 → C-Studyより
年会費永年無料!エポス《ゴールド》カードのインビテーションが来た!

〔お断り〕 この情報は、
・C-Study
 エポスカードの海外旅行保険は自動付帯・年会費無料で保障額も充実
 エポスカード、非居住者(海外在住者)は申し込みできる?
・海外旅行保険節約研究所
 海外在住者もOKなクレジットカード 発行手続き比較表
に、ブログ管理者の経験から情報を追加しています。

2016年6月の情報ですので
今後保険内容が変わるかもしれません。
海外に出かける前に、エポスカードのサイトから
『エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり』
を請求して確認することをすすめます。
 参考情報
 カード付帯海外旅行保険で保険金を受けるための手続き


これから、エポスカードの
メリットとデメリットをまとめます。


【エポスカードのメリット】

1.海外旅行保険は、
日本を出発してから
90日までの自動付帯

日本を出る前に交通費などを
カードで支払う必要はありません。

 ※90日を超えてカード付帯海外旅行保険を適用したい人は
  海外旅行保険節約研究所
  利用付帯海外保険カードで90日(3ヶ月)以上を狙う裏技と注意点
  をご覧ください。



2.年会費完全無料💓


3.保険内容が充実している。

病気270万円・ケガ200万円の補償は
他社のゴールドカードなみです。
おまけにキャッシュレスで対応してくれます。

〔注意!〕 海外のプライベート病院では、デポジットを
払わないと治療を受けられないことがあります。


〔保険の内容〕
傷害死亡・後遺障害    最高500万円
傷害治療費用       200万円💕
             (1事故の限度額)
疾病治療費用       270万円💕
             (1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)   2000万円
             (1事故の限度額)
救援者費用        100万円
             (1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円
             (1旅行・保険期間中の限度額)
〔参考情報〕
最近のクレジットカード付帯海外旅行保険は
 ・補償額が少ない😵
 ・日本を出国する前に、交通費などを
   カードで支払う必要がある
などがほとんどです。


3.審査が簡単(のようです。)

ブログ管理者は、自営業で申し込んでも
納税証明は求められませんでした。
そのほか中国人留学生でも
つくれたなどの情報があります。

ですから、
 ・留学やワーホリに備えて休職中の人
 ・退職者だけれども年金受給はまだの人
 ・フリーランスや主婦
でも、エポスカード(クレジットカード)を
作れる可能性が高いでしょう。
 ※他社でのクレジットカード利用履歴(ヒストリー)は
  あったほうが良いでしょう。



4.日本在住親族に協力してもらえば
海外で活動中でも新規発行カードを受取れる。
 ※日本在住者が申し込めます。
  (住民票の写しはもとめられません。)


ブログ管理者は、佐川急便で届いたので
『免許証を用意すれば
  本人以外でも受け取れますか?』

とたずねると、
「本人が不在の場合、代理人でもやむをえません。」
「運転免許証は本人が持ち歩くことが多いので、
  コピーでも本人確認しています。」
との回答でした。

つまり、親族に免許証のコピーを渡しておけば
届いたカードを受け取ってもらえます。

しかし確実にエポスカードを受取るには
海外在住者もOKなクレジットカード 発行手続き比較表
の、【コツ】カード受取り に従ってください。
 〔注意!〕 カード付帯海外旅行保険が適用されるには
  ・エポスカード取得してから日本を出国すること
  ・パスポートに出国日付のスタンプ
 が必要です。



5.数多くの銀行では、ネットで
カード利用代金引落銀行の登録
ができる。

ですからカード会社から書類を取り寄せて
署名・捺印して返送する必要はありません。
 ※ネット登録できる銀行については
  口座振替Net手続きサービス
  →ご利用いただける金融機関
  から確認できます。
  (ネット専業では楽天銀行だけです。)



6.海外キャッシングの繰上返済ができる。

マルイ店舗やATMだけでなく
電話(03-3383-0101)で返済額を確認し
指定口座へ送金して返済できます。

海外キャッシングの利用方法は
 →エポスカード 海外ATMで現地通貨キャッシング

詳しい返済方法は、C-Study
エポスカードの海外キャッシングを
繰り上げ返済して手数料を節約する方法

をご覧ください。
 関連情報 クレジットカードの海外キャッシング
 参考サイト 国際キャッシュカード徹底比較


エポスカードの申し込みは

  →年会費は永久無料!エポスカード
   からできます。



エポスカードの一例(オーロラ)
epos2.jpg
 ※ネット申し込みなら好きな画像を選べます。


【エポスカードのデメリット】

1.海外での利用は割高なVISAのレート
 関連情報
 クレジットカードの海外ヘビーユーザーはVISAよりMasterがお得!


2.海外キャッシングの返済だけに
ペイジーを使えない。


ということで、海外に出かけるときには
 ・エポスカード
 ・海外旅行保険の約款

をポケットに入れておくなら
少々の病気やケガになっても安心です。😃
 関連情報 海外での医療費はどのくらいかかるか?

 ※カード付帯海外旅行保険で確実に保険金支払いを受けるには
   関連情報 カード付帯海外旅行保険で保険金を受けるための手続き
  が役立ちます。



エポスカードの申し込みは

  →年会費は永久無料!エポスカード
   からできます。







タグクラウド
0120 10万円 2通貨決済カード 5000万円 ABAナンバー Amasu Prepaid Mastercard ANZ ATM Bank of China Bank of New Zealand Bic BICコード Bitcoin bitFlyer bitwire BLOCKCHAIN brastel brastel remit BRICS charge CIMB Citi Citibank coincheck Currency Online currency online Currendy Online demand draft DMMFX docomo Money Transfer e-Bank e-kawase elldridge lynch enremit epos EU eセービング Foreigner from FSA FX Global money Goレミット goロイズ H.I.S.ワールドキャビット HSBC IBANコード IP制限 Japan JTB JTBインターナショナルマネートランスファー Knt!トラベルキャッシュ KVB Master MMF Money T Money-T moneybookers moneygram Moneykitグローバル MoneyT NETELLER NTT NTTスマートトレード NZドル overseas remittance PasyPal Pay-easy PayForex payoneer PayPal PGS Q&A SBI SBIカード SBIネット銀行 SBIレミット skype SMBC SMBC信託銀行 Sony Bank WALLET Swift swift code tranferwise TransferWise UAEディルハム UionPay visa Visaデビット VISAデビットカード Visaトラベルプリペイドカード Webカメラ western union WiFiルーター YJFX!  ブラジル あおぞら銀行 おこづかい おたずね お伺い お尋ね お金 ぎんれん ちょこむ ひまわり証券 みずほ みずほ銀行 みみ太郎 ゆうちょ銀行 りそな銀行 わーキングホリディ アイルランド アゼルバイジャン アメリカ アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルメニア イオン銀行 イギリス イスラエル イタリア イラク イラン インターナショナルキャッシュカード インド インドネシア インドルピー イーバンク ウィンドウズ タブレット ウェスタンユニオン ウエスタンユニオン ウォレット ウォン ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウラン エジプト エストニア エポスカード エルドリッチリンチ エージェント オフショア オランダ オンライン オンライン番号 オーストラリア オーストラリアドル オーストリア オーダーウォッチ カザフスタン カズフスタン カナダ カナダドル カメルーン カレンシーオンライン カレンシーオンライン  カンボジア カード ガーナ キャッシュカード キャッシュパスポート キャッシング キャピタルパートナーズ キルギス ギリシャ クイック入金 クレジットカード クローズアップ現代 クローネ グリーンスパン発言 グルジア グローバルダイレクト グローバルマネー ケニア ゲスト送金 ゲートウェイ21 コスタリカ コマーシャルディール コルレス契約 コロンビア コンバージョン コートジボワール サウジアラビア サブプライム サブプライムローン サモアタラ シティ シティカード シティグループ シティゴールド シティゴールドカード シティバンク ショッピング シンガポール シンガポールドル ジャックス ジャパンネットバンク ジャパンネット銀行 スイスフラン スイフトコード スウェーデン スウェーデンクローネ スェーデンクローナ スカイプ スカイプアウト スカイプクレジット スキミング スペイン スマートフォン スリランカ スルガ スルガ銀行 スルガ銀行VISAデビット スロバキア スワップポイント セキュリティ セブン銀行 セントラルパシフィックフラン セントラル短資 セントラル短資FX セントレア ソニーバンクウォレット ソニー銀行 ソロモン諸島ドル タイ タイバーツ タイミング タジキスタン タブレット タンザニア ダイレクト ダブルカード チェコ チェココルナ チャット チャート チュニジア チリ テクニカル指標 テレフォンバンキング デビットカード デフォルト デマンドドラフト デリバリー デンマーク デンマーククローネ トラブル トラベラーズチェック トラベレックス トリプルカード トルコ トンガパアンガ トークン ドコモ ドバイ ドル ドルカード ドルユーロ ナイジェリア ニュージランドドル ニュージーランド ニュージーランドドル ネッテラー ネット ネットショッピング ネットバンキング ネット入金 ネット送金先登録 ネット銀行 ネパール ノルウェー ノルウェークローネ ハンガリー ハンガリーフォリント バヌアツバツ バングラデシュ パキスタン パスポート送金 パナマ パプアニューギニアキナ ビジネス知識源 ビットコイン ファイル送信 ファミリーサービス フィジードル フィッシング フィリピン フィリピンペソ フィンランド フランス フリーダイヤル フリーランス ブラジル ブラステル ブラステルレミット ブレトンウッズ プラステルレミット プレスティア プレミア プロバイダーメールアドレス ベトナム ベネズエラ ベラルーシ ベルギー ペイオニア ペイジー ペルー ペンタゴンチャート ボリビア ポルトガル ポンド ポーランド ポーランドズロチ マイクロファイナンス マイナンバー マイレージ マネックスfx マネパカード マネーカード マネーグラム マネーパーットナーズ マネーパートナーズ マネーパードナーズ マネーブッカーズ マネーローンダリング マルチマネー口座 マレーシア ミャンマー メキシコ メキシコペソ モルドバ モロッコ モンゴル ユニオンバンク ユニオン銀行 ユーロ ユーロドル ユーロ送金 ラオス ラトビア ランド リアルタイムレート リコーグローバルマネーカード ルーマニア レバレッジ設定 レンタル レート ロイズ銀行 ロシア ロスカット ロングステイ ワンタイムキー ワンタイムパスワード ワンタイム認証 ワーホリ 一時帰国 三井住友 三井住友カード 三井住友銀行 三菱商事フューチャーズ 三菱東京JFJ 三菱東京UFI 三菱東京UFJ 三菱東京UFJダイレクト 三菱東京UFJ銀行 上田ハーロー 不動産 不動産所得 不正利用 両替 両替ツール 中国 中国・外貨管理マニュアルQ&A 中国株 中国銀行 中継銀行 中継銀行手数料 代理人 代理人カード 会社 住信SBIネット銀行 住友信託銀行 保険 信用 信託保全 個人 個人カード 個人事業主 健康保険 元建て送金 兄弟レミッタンス 入金 公的管理 公的資金返済 共同名義 円建て海外送金 円建て送金 円貨建海外送金 円送金 円高 出金 利用付帯 制限 加藤治 募金 北朝鮮 北海道銀行 千通貨未満 南アフリカ 南アフリカランド 厚木インフォテック 収入 取引所 取消 受取銀行 受取銀行手数料 受渡 口座凍結 口座維持手数料 口座開設 台湾 吉田繁治 国有化 国際キャシュカード 国際キャッシュカード 国際化 国際結婚 土日 地下銀行 地球の歩き方 報告 外国人 外国株 外国為替 外国為替手数料 外為どっとコム 外為オンライン 外為為替相場 外貨 外貨ex 外貨キャシュカード 外貨キャッシュカード 外貨プリペイドカード 外貨両替 外貨両替オンライン 外貨両替手数料 外貨出金 外貨受け渡し 外貨受渡 外貨宅配 外貨建MMF 外貨建てMMF 外貨現金 外貨送金 外貨預金 大黒屋 天然ガス 学生 宅配 家族カード 寄付 寡婦年金 審査 小額 帳簿 年金 情報 成年後見人 成田 成田受渡 戸籍 所得税 手数料 投資 投資信託 持っていき方 指値 携帯 新生銀行 新生銀行Goレミット 新興工業国 日数 日本国内支店 日本国籍 日興プラチナデビットカード 月額プラン 未成年 本人確認書類 東京支店 東北大地震 東南アジア 株価指数 株式指数 楽天銀行 楽天銀行(法人) 比較 法人 法人向け 海外 海外ATM 海外から 海外からの送金 海外から送金 海外キャッシング 海外ファンド 海外プリペイドカードGAICA 海外口座 海外口座開設 海外在住 海外投資 海外旅行 海外旅行保険 海外発送 海外移住 海外資産 海外送金 海外送金.com 海外送金何でも相談コーナー 海外送金何でも相談掲示板 海外送金手数料 海外送金.com 海外駐在 為替レート 無料 現受 現受・現渡 現受渡し 現地口座開設 現渡 現金 現金持ち出し 生活費 田邊 政行 画面の共有 留学 登記 相互リンク 相続 相続時精算課税 相続税 破産 移住 税務署 税金 窓口 管理 節約 簿記 米ドル 米ドル建て送金 米ドル普通預金 米ドル決済 米ドル現金 米ドル送金 組替 緊急時 繰上返済 羽田 膨張する金融資産のパラドックス 自動付帯 自国通貨で送金 被仕向け手数料 被仕向手数料 覇権 認知症 豊商事 豪ドル 販売所 買取 資金決済法 質問 贈与 贈与税 転送サービス 送金 送金人負担 送金先登録 送金小切手 送金目的 途上国 通信費 通信速度 通知カード 通貨両替 通貨決済機能付クレジットカード 郵便局 郵便物 野村證券 金利 銀聨 銀聨カード 銀聯カード 銀行 銀行口座 銀行口座なし 銀行口座入金 関係銀行手数料 関空 障害年金 電話取引 非居住 非居住者 非居住者口座 韓国 預金 預金保険 香港 香港ドル 高齢 2通貨決済機能付クレジットカード FX SIM